• このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中でもお歳暮・お中元はOK? 熨斗(のし)の書き方マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式でお世話になった方に、毎年、お歳暮を贈っていましたが、つい先日、喪中はがきが届きました。

喪中はがきを受け取った年は、一般的には、年賀状を出すのを控えますよね。

では、お歳暮も贈らない方がいいのでしょうか? 特別なマナーってあるのでしょうか?

喪中はがきが届いた時や、自分が喪中だった場合の、お中元やお歳暮のマナーや、熨斗(のし)の書き方を調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

喪中の意味や期間

喪中とは、身内に不幸があった場合、1年から半年ぐらいの一定期間を、喪に服すということです

喪中の時は、すべてのお祝い事や、新年のお飾りなども行わないのが一般的です。

喪中の時に新年を迎える時には、喪中はがきを送り、年賀状を出すことも控えます。

では、喪中の方に、お歳暮や、お中元は、贈ってもいいものなのでしょうか?

お歳暮・お中元はいつ誰にあげるもの?

お歳暮は年の暮れに、お中元は夏の暑いころ、日頃からお世話になっている方に、感謝の気持ちを込めて、お礼の品を贈ることです。

半年に1回、大切な方へのごあいさつの機会なんですね。

お中元もお歳暮も、日本に古くから伝わる風習なんだそうですよ。

喪中の方に、お歳暮・お中元を贈ってもいいのでしょうか?

お歳暮も、お中元も、お祝い事ではないということが分かりましたね。

ですので、相手の方が、喪中であっても、お歳暮やお中元を、贈ることには何の問題もないそうです。

ただ、喪中期間中に贈るマナーがあるようです。

以下でご説明しますね。

喪中の方に、お歳暮・お中元を贈る時の正しいマナー

喪中の方に、お歳暮やお中元を贈る場合は、いつも通りとはいきません。

正しいマナーがあるようです。紹介しますね。

お歳暮・お中元を贈る時期

四十九日までの忌中の期間に、お礼の品を贈ることは、控えた方が良いそうです。

不幸から日が浅く、先方も心が落ち着かない時なので、お礼の品が贈られてきても、きっと他人のことを考える余裕がないはずです。

相手の気持ちを察して、配慮したいですね。

また、喪があけていない時期に、贈り物をされることに、こころよく思わない人もいるかもしれませんね。

四十九日を待つと、お歳暮・お中元の期間が終わってしまう時は?

四十九日を過ぎるのを待つと、お歳暮・お中元の期間が終わってしまう場合もありますよね。

その時は、季節に合わせて贈ると良いそうです。

お歳暮なら、「寒中お見舞い」「寒中お伺い」(関東は1月7日、関西は1月15日の松の内が明けて、2月3日の節分までの時期に届くように)

お中元なら、「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」として贈れば、大丈夫なんですって。

熨斗(のし)に気を付けよう

お歳暮やお中元の熨斗(のし)は、通常では、紅白の水引きを用いますが、これは慶事に使うものなので、喪中の方に送る場合は失礼になりますね。

相手の方が、喪中の場合は、無地の奉書紙(白い紙)または、無地の短冊に、「お歳暮」「お中元」と書いて、贈ります。

時期をずらして贈る場合は「寒中お見舞い」「暑中お見舞い」となりますね。

自分が喪中の時のお歳暮・お中元のマナー

お歳暮・お中元は、お祝い事ではないので、自分が喪中の場合でも、基本的には、感謝の気持ちを添えてお礼の品を贈ることは、もちろん大丈夫です。

品を贈る時期は?

やはり、四十九日の忌中の期間は控えた方が良いようですね。

人によっては、喪中の相手から送られた品を好ましく思わない場合もあるそうです。

四十九日が過ぎてしまうとお歳暮、お中元の時期が終わってしまう場合は、こちらも同様に、

「寒中お見舞い」「寒中お伺い」「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」などと、季節に合わせて贈ると良いそうです。

熨斗(のし)書きのマナーは?

熨斗(のし)は、通常の水引きを使っても良いようです。

でも、やはり気になるという方は、喪中の方に品を贈る場合と同じように、水引きの入っていない、無地の奉書紙(白い紙)か、無地の短冊を使いましょう。

表書きは、「お歳暮」「お中元」

時期をずらして贈る場合は「寒中お見舞い」「暑中お見舞い」と書きます。

デパートや、ネットショップで品を購入する際に、送り先、または自分が、喪中であることを伝えると、熨斗(のし)の対応をしてくれます。

自分が喪中の時に、お歳暮・お中元が贈られてきたら?

喪中の時に、先方から贈られてきた品を受け取るのは、まったく問題ありません。

感謝の気持ちをありがたくいただきましょう。

この場合も、通常のお歳暮・お中元をいただいた時のように、「お礼状」は、速やかに出しましょうね。

まとめ

喪中であっても、マナーに気を付ければ、お歳暮は贈っても、いただいても、良いんですね。

いずれにせよ、相手の気持ちや立場を考えて、行動することが大切なんですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク