• このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイライズとハイウエストのデニム違いはここ!ユニクロのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイライズとハイウエストのジーンズが、この秋から流行の兆しがあり、モデルやセレブが着用していることでも注目しているアイテムとなっています。

ハイライズとハイウエストを着用することによって様々な効果が発揮されやすいため、人気となっているようです。

ユニクロでも販売されており、気軽に購入しやすい点もメリットの1つとされています。

このハイライズとハイウエスト、違いはあるのでしょうか?

今回は、ハイライズとハイウエストについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハイライズとハイウエスト、違いはあるの?

結論から言うと、ハイライズとハイウエストには違いはありません。

ちなみに、ハイライズの「ハイ」は「高い(深い)」という意味で、「ライズ」は「股上」という意味になります。

言い方は違いますが、同じ意味としてとらえてよいでしょう。

ハイライズとは、ウエストの一番くびれているところまで股上の深さがあるものとされており、股上の深さは25cm以上のものと言われています。

ユニクロのCMで大注目!

ハイライズジーンズは、現在ユニクロで販売されており、CMでもローラがハイライズシガレットジーンズを着用していることでも注目されています。

ハイライズシガレットジーンズには、ストレッチ素材がきいており、さらに細めなのでフィット感を感じやすいデザインとなっています。

最近ではNYやLAのセレブも着用しており、注目されていますね。

そのため、コーディネートの仕方に迷ったときは、ローラ、NYやLAのセレブのコーディネートを見てみるのもよいと思いますよ。

⇒ ユニクロの公式サイト「ハイライズワイド」

ローラのCMはこちら!

ハイライズのメリットって何?

2017年秋からの大流行、ハイライズのメリットは、5つあります。

だからこそ、こんなに一気に来たんですね~。

ウエストが細く見える

ウエストのところまでジーンズがあり、ウエストラインがはっきりとわかるようになります。

ウエストに自信がなくても、伸縮性のものもありますので、細く見えやすいのが特徴です。

脚長に見える

ハイライズジーンズは、長さがありますのでその分脚長効果が期待できると言われています。

着こなし方にもよりますが、上着が短めのトップスだったりTシャツなどをインすることでさらに脚長効果を強調できると言われています。

身長が高く見える

身長の高さを気にしている人にとってはとても嬉しい効果ですよね。

脚長効果も期待できることから、身長も高く見えるようです。

スタイルがはっきりとわかる

ハイライズジーンズは、ウエストまではっきりとボディラインがわかります。

そのため、スタイルに自信のある人はとくにおすすめですね。

機能性が高い

ロウライズのジーンズだと、丈が短いですから、しゃがんだりした時にシャツがでてきてしまったり、パンツが見えてしまうというデメリットがあります。

しかし、ハイライズジーンズだと、ウエストまでありますからそういった心配がなくなります。

とくに、仕事でしゃがむことが多かったり育児などでそういった動作が多くなる主婦にとってはとても嬉しい機能だと思います。

このように、ハイライズジーンズには、様々なメリットがあり、今以上に女性らしさを出すことができるアイテムだと言えるのです。

ハイライズジーンズのデメリット

メリットがあれば、当然、デメリットもあり。

ローライズに比べてハイライズは、お尻の大きさまでも強調してしまいます。

お尻に自信のある人はぜひハイライズを着て欲しいなとは思うのですが、なかなかお尻の形や大きさに自信のある人は少ないですよね。

しかし、こういったデメリットは上着のコーディネート次第で隠すことができます。

例えば、上着の後ろの丈が長めでお尻が隠れる程度のものを着ましょう。

そうすると、正面からは脚の長さを強調することができ、後ろからはお尻が隠れているのでそこまで気にする必要がなくなります。

ハイライズを生かしたコーデとは?

ハイライズジーンズのコーディネートのポイントをご紹介します。

・トップスをインする

・ショート丈のトップスにしてハイライズジーンズが見えるようにする

・ヘアスタイルをコンパクトにすると上級者に思われる

・ハイライズジーンズのワイドタイプを合わせる

以上のようなポイントがあり、自分のスタイルに合わせてこれらのポイントを生かしてみるとよいでしょう。

まとめ

ハイライズとハイウエストの違いはありません。

ご覧のように、ハイライズのメリットはたくさんあります。

コーディネートを工夫して、今の流行を取り入れておしゃれしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク