• このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中の寒中見舞い・余寒見舞い。時期や違い、マナー、文例集も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中の場合に、よく使う、寒中見舞い・余寒見舞い。

聞いたことはありますが、いつ、どんな時に使う挨拶状なのでしょうか。

調べてみると、いろいろな場面で、幅広く活用できることが分かりましたよ。

ただ、内容が内容なので、出す時期や、違いの認識、マナーの把握がとても大事ですね。

そもそも、何を書いたらいいのか、文例集もなければわからない。

ということで、いろいろと調べてまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

寒中見舞い・余寒見舞いとは?

寒中見舞い・余寒見舞いは、とっても寒い時期に、相手の健康を気遣い、自分の近況をお知らせする、季節の挨拶状のことです。

四季のある日本ならではのご挨拶はがきなんですね。

寒中見舞い・余寒見舞い、実際にはどんな場面で使うの?

寒中見舞い・余寒見舞いは、季節の礼状の他にも、こんな場面で使われています。

  • 年賀状を出しそびれてしまった
  • 年賀状をいただいたのに、うっかり返信するのを忘れてしまった
  • 喪中で年賀状が出せない
  • 喪中の方への年始のごあいさつ
  • 喪中にいただいた年賀状への返事
  • 喪中と知らずに、年賀状を出してしまった方へのお詫びとお悔やみ

などと実際は、年賀状の代わり喪中はがきの代わりとして、送ることの方が多いみたいですね。

寒中見舞い・余寒見舞いを送る時期は決まっている!?

寒中見舞いを送る時期は、松の内(1月7日)が過ぎた1月8日〜2月3日の「節分」のころまでに届くように出すのが慣わしのようです。

ちなみに、寒中とは、二十四節気の「小寒」と「大寒」にあたる時期をいいます。大寒の最後の日にあたるのが「節分」なんですね。

続いて、余寒見舞いを送る時期は、2月4日の「立春」を過ぎたころから、寒さが続く2月末ごろまでに出すのが一般的とされています。

「立春」は暦の上では、春になるのですが、それでもまだまだ寒いという意味から「余寒」というそうですよ。

寒中見舞い・余寒見舞いを書く時のマナー

年賀状のように書き慣れない、寒中見舞い・余寒見舞いですが、マナーを守れば大丈夫ですよ。書く時の注意点をあげてみました。

1 年賀はがきを使わない

2 寒中見舞い・余寒見舞いの時期を守って出します

3 「拝啓」などの頭語、「敬具」などの結語は不要

4 自分、もしくは相手の方が、喪中であれば、おめでたい言葉は避けましょう。

寒中見舞い・余寒見舞いの基本の構成

どちらも季節の挨拶状なので、基本的には、決まった形式はないそうです。

とはいえ、初心者には難しいですよね。一般的な文の流れを紹介しますね。

1 季節のあいさつ

「寒中お見舞い申し上げます」「余寒お伺い申し上げます」などのお決まりの文句を、大きめの文字で書く

2 相手の方の安否を尋ねるあいさつ

3 自分の近況をお知らせする言葉

4 相手の方の無事を祈る言葉

5 日付

印刷はがきを使う場合には、自分の言葉で一筆添えると、心のこもったはがきになりますね。

寒中見舞い・余寒見舞いの文例を紹介

実際には、どんな風に書いていいのか、わかりませんよね。ここでは、いろいろなシーンでの例文を紹介してみますね。

一般的な寒中見舞い・余寒見舞いの文例

上段・寒中見舞い
(下段・余寒見舞い)

寒中お見舞い申し上げます
(余寒お伺い申し上げます)

厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。
(立春とは名ばかりの寒い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか)

おかげ様で私どもも一同変わりなく過ごしております。

余寒も厳しいようですが、お風邪など召されませぬようご自愛ください。

二○○○年、一月吉日

喪中に年賀状が届いた場合の寒中見舞い・余寒見舞いの文例

上段・寒中見舞い
(下段・余寒見舞い)

寒中お見舞い申し上げます
(余寒お伺い申し上げます)

早々にご丁寧なお年始状をいただきまして、
誠にありがとうございました。

厳しい寒さ続きの毎日ではございますが、
皆様ご健勝でお過ごしとのご様子、何よりと存じます。
(向春の折、ご家族の皆様におかれましては
ますますご健勝のこととお喜び申し上げます)

私方、昨年○月に母○○が他界いたしましたため、
年末年始のご挨拶を差し控えさせていただきました。

旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、
年を越してしまいましたご無礼を、
何とぞご容赦願います。

本年も変わらぬお付き合いのほど
よろしくお願い申し上げます。

二○○○年、一月吉日

喪中と知らずに、年賀状を出してしまった方への
寒中見舞い・余寒見舞いの文例

上段・寒中見舞い
(下段・余寒見舞い)

寒中お見舞い申し上げます
(余寒お伺い申し上げます)

この度は、ご服喪中とは存じ上げずに、年始状を差し上げてしまい、
大変な無礼をいたしました。

お悔やみが遅れましたことをお詫び申し上げますとともに、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

厳寒の折から、何とぞお身体を大切になさいますよう。

取り急ぎお詫び申し上げます。

二○○○年、一月吉日

まとめ

寒中見舞い・余寒見舞いは、いろいろなシーンで使えることがわりました。

印刷はがきはキレイで見栄もいいけれど、手書きの礼状も、感謝の気持ちや相手を思いやる気持ちが伝わるような気がしますね。

ぜひ文例集なども参考にして、失礼なく、気持ち良く新年を迎えたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク