• このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツも衣替えが必要? オールシーズン型は恥ずかしい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツといえば、秋冬用、春夏用があって、季節ごとに衣替えしていました。

でも最近は、オールシーズンスーツや、スリーシーズンタイプなども多く出てきていますよね。

それって、見た目的にはどうなんでしょう。

季節に合ったスーツを着ていないと、やっぱり恥ずかしいものでしょうか?

着心地はどうなんだろう? ということで、スーツの特徴や選び方など、今どきのスーツ事情を調べてみました。

スポンサーリンク

スーツの種類ってどのくらいあるの?

日本で販売されているスーツには、春夏用、秋冬用、オールシーズンの3タイプがあります。

四季がはっきりしている日本らしい分類ですよね。

でも、オールシーズンスーツには、はっきりと決まった基準がないそうです。

生地や仕立ての違いなどで、オールシーズンに対応したスーツを作っている、というだけのことなのだそうですよ。

春夏用スーツと、秋冬用スーツの一番の違いってなに?

春夏用と秋冬用のスーツの違いが、最も分かりやすいのは、裏地があるかないかということです。

春夏用スーツは、背中の部分の裏地がありません。

これを「背抜きタイプ」というそうです。

裏地がないので、通気性が良く涼しいので、暑い夏でも快適に過ごせるように作られています。

一方の秋冬用スーツは、背中の部分に裏地がある「総裏タイプ」です。

裏地があるおかげで、寒い冬でも、暖かく過ごせますね。

春夏用スーツと、秋冬用スーツは生地も違うの?

それぞれの季節を快適に過ごせるよう、生地にも工夫がされています。

春夏用スーツには、通気性が良く涼しく着られるように、薄くて軽い生地が使われています。

その代表的な生地がサマーウールです。

他には、リネンやモヘアなども使われているそうです。

秋冬用スーツには、生地が厚くて重く、きめ細かい織りのものが使われています。

その生地の主流が、ウールなのだそうです。

春夏用スーツと秋冬用スーツ、どちらにも使われているウール素材ですが、目付けとよばれる、生地1mあたりの重さで、使われ方が決まるそうです。

目付けの目安は下記の通りです。

春夏用スーツ・230g以下
秋冬用スーツ・260g以上

オールシーズンタイプのスーツの特徴とは?

オールシーズンタイプのスーツは、生地も目付けも決まったものがないので、生地選びも仕立て方も、オールシーズン着られるスーツに、仕上げていくのだそうです。

一般的に作られている、オールシーズンタイプの仕立てがあります。

オールシーズンタイプのスーツは、ほぼ背中に裏地がない背抜きが多いそうです。

背抜きなので、夏は快適ですね。

そして、秋冬でも着られるように、生地は厚めにしているのです。

オールシーズンタイプのスーツの目付けは、秋冬用スーツと同じ260gが一般的だそうです。

スリーシーズンタイプのスーツもあり、春・夏・秋タイプと、秋・冬・春タイプの2種類があります。

主流は秋・冬・春タイプのようです。

このタイプは、真夏の暑い時期を除いて着るように作られています。

目付けは260g〜350gで、冬をメインに仕立てられていますね。

スーツの衣替えの時期は? 季節に合ったスーツの選び方

基本的には、春と秋に衣替えするのが一般的です。

地域にもよりますが、春夏用スーツは、4月中旬ごろが目安です。

秋冬用スーツは、9月下旬〜10月中旬をめどにすると良いそうですよ。

また、スリーシーズンタイプのスーツは、9月ごろから初夏の梅雨入り前ごろまで着用するのが一般的だそうです。

学生の制服の衣替え時期や、テレビのアナウンサーの着こなしなどを参考にするというのもアリですよね。

オールシーズンタイプのスーツは一年中着られるの?

何着も購入することがないから、お得。と思いがちですが、オールシーズンタイプのスーツは、背抜きにしていますが、生地を厚くしているので、夏は暑過ぎるようです。

逆に冬は、背抜きしてあるので、肌寒さを感じるようです。

外回りの多い人は特に、季節に合ったスーツを着るのが良さそうですね

春夏用スーツを冬に着るのは恥ずかしいの?

もともとが暑がりの体質だったり、暖房が常に効いているオフィスで仕事をしているという人は、冬用スーツをびしっと着込んでは暑過ぎて不快ということもありますよね。

冬に、春夏用スーツを着たくなる気持ちも分かります。

ただ、一般的に社会人は、季節に合ったスーツを着用するのがマナーとされています。

春夏用スーツは、背抜きのため、Yシャツが透け透けになってしまいます。これはちょっと、恥ずかしいですね。

ただ、裏技があって、スーツの同色系のカーディガンや、ベストを中に着ると、背中の透け透けが多少、補われるようですよ。

スーツの着こなし一つで、その人の印象はガラリと変わるものです。透け透けスーツで、自分の印象を落としたくはないものです。

まとめ

オールシーズンタイプや、スリーシーズンタイプは、一年中着回せると思っていましたが、着る人の環境によって、向き不向きがありましたね。

快適に仕事ができるよう、スーツにも気を配りたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク