• このエントリーをはてなブックマークに追加

四十にして惑わず(不惑)の本当の意味と諸説。孔子の生き方の教え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孔子の教えが書かれている「論語 為政」に「吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る」という言葉があります。

この言葉の中の「四十にして惑わず」に注目をしていきたいと思います。

というのも、この言葉の意味には様々な諸説があると言われているからです。

今回は、孔子の人物像から「四十にして惑わず(不惑)」の意味についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

孔子とは一体どんな人物?

漢文を勉強していると、孔子や孟子などの思想家の言葉を知ると思います。

孔子は、春秋時代の中国の思想家であり、儒家の始祖とも言われています。

春秋時代は紀元前400年頃となり、日本で言えば吉野ヶ里遺跡などが有名な弥生時代にあたります。

その時代の孔子の言葉は、現代においても受け継がれており、共感をされています。

そのため、これからも生き続ける言葉として受け継がれていくことでしょう。

ちなみに今回注目している不惑が記載されている「論語」は、孔子の弟子がまとめたものとなっています。

「四十にして惑わず」の意味、その諸説とは?

「四十にして惑わず」には2つの説があります。

現実を見て暮らせ

1つ目の意味としては、「40歳になれば、大概迷うことも少なくなり、現代で言うフリーターとして生活することなく、自分の生き方、そして行動に従って人生を生き抜いていくことができる」という意味になります。

要は、40歳になれば夢を追いかけるのではなく現実を見て生活をすることができるということになっています。

孔子が生きていた時代は、大体50歳頃が平均寿命であったため、現代で言えば還暦を過ぎたくらいの人のことを指すのではないかと思います。

現代では40歳を過ぎても夢を追いかけている人はいますが、この言葉を聞くと、「現実を見なければいけないな」と思わされるかもしれませんね。

年齢で可能性を区切らず挑戦を!

2つ目は、まず「惑わず」ではなく「或わず」ではないのかという諸説です。

というのも、孔子のいた時代には「惑」という字はなかったとされるためです。

そのため、「四十にいてくぎらず」と読むとされているそうです。

区切らず、ということですね。

この意味としては、

「40歳にもなれば、ある程度の成果を果たし、自分に自信をもって生きていける。そのため、迷いが少なくなるだろう。

しかし、さらなる成果をあげるためにもそこに立ち止まらず、常にチャレンジ精神を持っていかなければならない。」

そういうことなんでうんせ。

要は、40歳にもなれば、現状に満足してしまいがちだが、新しいことにチャレンジしなさいということになります。

現代言でいえば、40歳頃は会社などで言うと中堅の位置になります。

中堅の位置だと、課長などにあたるでしょうか。

孔子の言葉を引用すると、課長の位置にとどまらずにその上の部長や社長を目指していきなさいということになります。

「四十にして惑わず」が優勢か?

これまでに、2つの諸説についてご紹介しました。

現在のところ、「四十にして惑わず」のほうが優勢であると言われているようです。

たしかに、「惑」という字が孔子の時代にはなかったと言われると、そちらの諸説のほうが優勢な気がしますよね。

そして、現代と比較をすると、40歳だと退職をするまでにあと20年ありますからまだまだチャレンジをすることができる年代ですよね。

そう思うと、筆者としても、「四十にして或らず」のほうが優勢かなと思ってしまいます。

しかし、よく考えてください。

孔子の時代の平均寿命は大体50歳だと説明しましたよね。

そうすると、40歳は折り返し地点を過ぎて、最期をどのように過ごすかを考える時期だと思うのです。

そのような時期に、チャレンジ精神を持って取り組む必要があるというでしょうか?

そう考えると、「四十にして惑わず」のほうが有力ではないかと考えられます。

もちろん、どっちに取るのも、その人の勝手。

生き方に正解はありませんからね。

自分にとって、居心地が良く、生きる力になる方を選べば良いのだと思います。

まとめ

孔子とは、春秋時代の中国の思想家です。

孔子の弟子がまとめたとされている「論語 為政」の中にある「四十にして惑わず」には2つの諸説があるとされています。

1つ目は、「40歳になれば、大概迷うことも少なくなり、現代で言うフリーターとして生活することなく、自分の生き方、そして行動に従って人生を生き抜いていくことができる」という意味です。

2つ目は、まずは「惑」という字は孔子の時代にはないため、「或」ではないかという諸説です。

その意味としては、「40歳にもなれば、ある程度の成果を果たし、自分に自信をもって生きていける。そのため、迷いが少なくなるだろう。

しかし、さらなる成果をあげるためにもそこに立ち止まらず、常にチャレンジ精神を持っていかなければならない。」となっています。

この2つの諸説としては、前者が優勢となっていますが、どちらにしても、生きる力に変えることが必要です。

正解を追い求めるのではなく、自らの力で切り開くためのヒントとして、役立ててくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク