• このエントリーをはてなブックマークに追加

女の加齢臭ってどんな臭い?どこから出る?予防法はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは加齢臭って、男性だけから発生するものと思っていませんか?

じつは加齢臭は、男女関係なく発生するものなのです。

しかも、30代後半くらいから、発生するひともいるそうです。

コワイですね…

加齢臭の原因は、何なのでしょうか?

どこから発生するのでしょうか?

効果的な予防法はあるの?

調べてみました。

スポンサーリンク

加齢臭ってなに?

加齢臭ということばを聞くようになって久しいですね。

これは、2000年代に入ってから使われるようになったことばで、資生堂の研究員のひとたちによって作られました。

それはお年寄りから発せられる、独特の、あのにおいです。

加齢臭の原因

資生堂の研究によると、加齢臭の原因となるのは「ノネナール」という物質だということがわかっています。

このノネナールがどうやって発生するのかというと…

まず、汗と一緒に脂が排出されます。

この脂が、活性酸素の働きによって酸化すると過酸化脂質という物質に変化します。

皮脂から分泌されるパルミトオレイン酸という物質もあります。

この、パルミトオレイン酸と過酸化脂質が合体すると、加齢臭のもとになるノネナールが発生する、というわけです。

ちょっと難しい話でしたが、簡単に言うと、脂と活性酸素が関係しているということです。

あとで説明しますが、逆にこの二つの原因を抑えれば、加齢臭も抑えることができます。

加齢臭のニオイですが、古本のニオイ、チーズの腐ったニオイ、ロウソクのようなニオイ、などといわれています。

想像したくないですが、よくお年寄りに近づくと、本当にこういうニオイがしますね。

ノネナールが急激に増えるのが、60代からだといわれているのもうなずけます。

ただ厄介なのが、30代後半くらいから、そして男性だけでなく女性も、ノネナールが発生することがあるということなのです。

そんなニオイが、自分からしているなんて、考えただけでゾッとしますね。

加齢臭ってどこから出るの?

やはり、先ほどメカニズムを考えたように、汗が原因となってノネナールが発生するわけですから、汗の発生する場所がニオイの発生源となるわけです。

具体的には、

・ワキ

・デリケートゾーン

・耳の後ろ、首筋

・頭、顔

・背中

・胸元

・へそ

などが挙げられます。

加齢臭はどうすれば防げるの?

前述のように、加齢臭の原因は、「脂」と「活性酸素」です。

若いうちはなぜ加齢臭がしないのかというと、この二つのものの分泌が少ないからです。

若い頃は体に抗酸化作用があり、活性酸素を発生しにくくなっています。

もう一つの原因物質であるパルミトオレイン酸も、若いうちは分泌量が少なく、年齢が上がるにつれて分泌量が増えてきます。

脂については、ホルモンの関係で男性は分泌量が多く、女性は少ない傾向があります。

このため、加齢臭が男性独特のものだと思われているのです。

しかし、女性も年齢と共に女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの影響が増えてきます。

とくに閉経後、一気にそうなります。

それで、それで、30台後半ないし40台から30代後半ないし40代から、女性もノネナールを大量に発生してしまうことがあるのです。

ということは、カラダを若く保つことが、加齢臭を防ぐカギだということがわかりますね。

加齢臭を減らす方法1 脂を減らす

脂っこい食事ばかりしているなら、食のスタイルを変え、野菜中心の食事にすることで、皮ふからの油の分泌を減らせます。

牛乳はカラダにとてもよいのですが、取りすぎますと脂の原因になります。

牛乳を減らし、豆乳製品に替えましょう。

豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンを補う働きをしてくれますので、効果的です。

加齢臭を減らす方法2 抗酸化作用を高める

ビタミンCやEを多く含む食品を食べると、カラダの抗酸化作用が高まります。

ブロッコリー、ピーマン、レモン、いちご、アボガド、プルーン、ブルーベリー、かぼちゃ、にら、ほうれん草などです。

玉ねぎやニンニクも、抗酸化作用が強いことで知られているので効果的です。

また、運動もだいじです。

ジョギングやスイミングなどの有酸素運動を、日ごろからおこなうことで、脂肪酸が分解され、ノネナールが発生しにくくなります。

加齢臭を減らす方法3 清潔にする

皮脂やパルミトオレイン酸といった、ノネナールが発生する原因となる物質は、汗とともに分泌されます。

それで、外出先等で、汗をかいたらすぐふき取るようにしましょう。

便利に使える、パウダーシートもいろいろと発売されています、携帯して肌を清潔に保ちましょう。

当たり前ですが、毎日の入浴、そしてシャンプーは欠かさないようにします。

皮脂の発生する最大のポイントは頭皮だからです。

髪を洗った後は濡れたままにせず、よく乾かして、においのもとになる雑菌やノネナールの発生を防ぎます。

加齢臭を減らす方法4 フレグランス類は控えめに

ニオイにはニオイを、と、フレグランス類を強めにつけたくなるかもしれませんが、これはやめてください。

フレグランス類のニオイと、加齢臭がまざると、不快感が倍増します。

フレグランス類は、まず体を清潔にしてから、控えめにつけるようにしましょう。

まとめ

加齢臭の原因は、ノネナールが発生するから

30代後半から、女性ホルモンが低下し、ノネナールが増える。

ノネナールの発生を抑えるために:

脂っこい食事を避けること

ジョギングや水泳など、有酸素運動をすること

汗をかいたらふき取る事

身体を清潔に保つ事

ということでした。

油断ならない女性の加齢臭、普段からの心がけで、退治しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク