• このエントリーをはてなブックマークに追加

お年賀を親にあげるときの金額とマナー。義理の親にはどうしたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

そもそもお年賀とは?

日本には古くから、お正月の挨拶まわりをする時に、各家庭が新年に迎える神さま(年神様)や、年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え物を、お互いに持参して訪問する、という習わしがありました。

それが、現在のお年賀の起源とされています。

現代のお年賀はどんなもの?

現在のお年賀は、日頃からお世話になっている方や、両親や親戚などへ、年始のご挨拶に訪問した歳に、手土産として持って行くもののことをいいます。

また、訪問先の子どもに手渡すのは、表書きが、お年玉になります。

お年賀は、いつ贈るの?

1月1日〜3日の正月「三が日」の間に、直接持参し手渡しするのが、礼儀とされています。

というのが慣習なのですが、1月1日の訪問は、よほど親しい間柄でない場合は、控えたほうが良さそうですよね。

実質は1月2日から新年の挨拶回りをするのが一般的ともいわれています。

また、遠方だったり、双方の日程の都合がつかない場合などは、宅配便を利用することもできます。

その際、お店から直送するのはマナー違反となります。必ず、品物をいったん自宅に取り寄せてから、日ごろの感謝の気持ちを込めて、自分で発送しましょう。

お年賀を贈る期限が過ぎてしまったら?

三が日の間に、お年賀を手渡すことができなかった場合は、1月7日(関西は1月15日)までの松の内までに、訪問するのが一般的とされています。

松の内を過ぎてしまったら、お年賀という言葉は使えなくなります。

表書きを「寒中見舞い」「寒中お伺い」として、新年のご挨拶の時に持参するそうです。

お年賀の熨斗(のし)紙は?

お年賀は、何度も繰り返したいお祝い事なので、紅白の蝶結びの熨斗(のし)紙を使います。

表書きは、「御年賀」「御年始」が一般的です。「賀正」と入れることもあるそうです。

実家や親しい親戚へのお年始に行く時は、熨斗(のし)を付ける?

簡単に言ってしまえば、新年のご挨拶に訪問した場合、持参する品物に、熨斗(のし)を付ければお年賀。

付けなかったら、お土産、ということになりますね。

実家や親しい身内など、気を使わない間柄であれば、普通に手土産として持参しても良いと思います。

でも、ここはお正月ですから、ちょっとかしこまってみたいもの。きちんと熨斗(のし)を付けて、新年のご挨拶をすることで、立派な社会人という好印象を持ってもらえそうですよね。

両親へのお年賀の品物は何が良いの?

お年賀の品物は、自分があげたい物、ではなくて、相手が喜ぶ物を選ぶことを心掛けると、良いそうですよ。

一般的には、食品やお菓子、飲み物、タオルや洗剤などの消耗品が主流だそうです。

両親へ贈る場合は、好みが分かっていると思いますので、父親が気に入っている銘柄のお酒や、普段は買わないちょっと贅沢なお肉など、両親が喜ぶものを選びたいですね。

両親へのお年賀の相場

お年賀の相場は、お歳暮より少ない金額とされているそうです。

なので、各家庭での、お年賀に贈るものの値段は変わってきますが、一般的に多いのが2,000円〜3,000円といわれています。

両親へのお年賀を現金で包む場合

両親が年金暮らしで、子どもが経済的に自立している場合などは、品物ではなくて、現金を贈っても喜ばれるそうです。

お正月に、自分よりも目上の人に、お金を渡す場合は、お年玉ではなくて、お年賀になります。

お年賀として、現金を包む場合は、紅白の蝶結びのご祝儀袋を使います。表書きは、「御年賀」「御年始」「賀正」となります。

金額は、3,000円〜5,000円くらいが相場のようです。

義理の両親にもお年賀はするべき?

お年賀は、新年が明けたお祝いと「今年もよろしくお願いします」といった気持ちを込めて贈るものなので、義理の両親への新年のご挨拶には、お年賀を持参して行ったほうが良いですね。

堅苦しいことは考えず、手土産として渡すだけでも、喜ばれると思いますよ。

お年賀の品物や現金は、両家ともに同じ品、同じ金額を用意する人が多いようです。

まとめ

身内とはいえ、正月三が日に、心を込めて手渡しするのが、お年賀の礼儀なんですね。

現金を渡しもマナー違反ではないことも初めて知りました。

どちらが嬉しいのか、両親に聞いてから、用意しようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク