• このエントリーをはてなブックマークに追加

最新版!お年玉のお礼やお返しはこうするのが正解!お礼状の文例集も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  お正月は、親戚が新年から集まって、兄弟姉妹や年に一度きりしか顔を会わせない身内からなどからも、子どもたちにお年玉をいただきます。

子どもはとっても嬉しそうですよね。

でも、親の立場からすると、いただいた相手が独身だったり、子どものいない夫婦だったりすると、お年玉でのお返しができないので、とても心苦しくなります。

もらいっぱなしというのも、身内とはいえ、申し訳ないですよね。

子どもがお年玉をもらった時、親はお返しをしたほうが良いのでしょうか?

どんな対応をすればいいのでしょうか?

お年玉のお礼やお返しの必要性や、どのような形でお礼やお返しをするのが良いのかを、まとめてみました。

スポンサーリンク

お年玉は、もともと年始の贈り物?!

お年玉という風習は、江戸時代のころには、すでにあったようです。

ただ、今のようなお金ではなくて、お餅や品物を渡す、年始の贈り物のことをお年玉といっていたそうです。

お年玉が、品物からお金になったのは、高度経済成長期といわれる昭和30年代からとされています。

お年玉はもともと、家長から家族へ、主人から使用人へなどと、大人同士がやり取りをするものでした。

現在のように、お年玉をもらうのは、子どもが主流になったのも、昭和30年代の、お年玉が品物からお金になっていったころなのだそうです。

お年玉のお返しは必要あるの?

お年玉は、もともとが、目上の人から目下の人へわたすものとされてきました。

その由来から、お年玉のお返しは必要ないのでは、と考えるのが一般的なのだそうです。

さらには、お年玉は子どもがいただくものなので、お返しにと品物を贈ると、相手の方に逆に気を使わせてしまう、といった考え方もあるそうです。

ただ、地域によっては、古くからお年玉をもらったら、お返しをするという風習があるようです。その場合は、地域の風習にそって、お年玉のお返しをしましょうね。

お年玉をもらったら、子どもにお礼をさせることが大事

お年玉をもらったら、子どもがその場で「ありがとう」と、お礼の言葉を伝えることが一番、大事ですよね。

喜んでもらえて、元気よくお礼を言われたら、お年玉をあげた方も、嬉しいものです。

親の方も、お礼の品をどうしよう、などと気をもむこともないと思いますよ。

まだ小さい子どもの場合は、親が代わって、感謝の気持ちを伝えることも忘れてはいけないですね。

お年玉のお返しは、お年玉でする

お年玉をいただいた方に、子どもがいる場合は、お返しに、お年玉をわたすのが礼儀とされています。

その場合の金額は、いただいたお年玉と同額か、相手の子どもの年齢の相場に合った金額のお年玉をわたすのが良いといわれています。

でも、いただいた相手に、お年玉をわたすような子どもがいない場合もありますよね。

お返しは必要ないとはいえ、やはり、もらいっぱなしでは申し訳ない。といった人はどうしたら良いでしょうか。

お年玉のお礼の品はどの程度がいいの?

お年玉をいただいて、お年玉でお返しができない場合は、どんなお礼の仕方があるのか、調べてみました。

・いただいた金額の同額程度、または半額程度の品を贈る

・旅行した際のお土産を贈る

・お年賀をわたす

・地元の名産品を贈る

・食事をご馳走する

・子どもにお礼状を書かせる

などがありました。いかがですか?

ここで気を付けたいのは、現金で返すのは、とっても失礼にあたるので、やめましょう。

お年玉は、お正月のめでたい縁起物です。お礼を期待して、お年玉を子どもにあげている人など、そうはいないはずです。

返礼をする場合は、相手の心遣いを大切にして、感謝の気持ちを伝えたいものですね。

お年玉のお返しは、お手紙が喜ばれる?

目上の方や、普段そうお付き合いのない方へのお年玉のお礼は、品物を贈るよりも、手紙が最も喜ばれるそうですよ。

文字が書ける年齢の子どもであれば、お年玉で買ったものを書かせたり、写真や挿し絵を添えるのも良いですね。

その際、親からのお礼の気持ちを手紙にして一緒に送ると、相手の方からさらに喜ばれます。

お年玉のお礼の文例を紹介しますね。

お年玉のお礼の文例

お年玉のお礼状は、メールではなくて、必ずお手紙にしましょう。

お年玉のお礼の文例

拝啓

寒さ厳しき折皆様にはお元気でお過ごしの事と存じます。

先日は、私たちの子どもににお年玉をいただきまして大変恐縮に存じます。

子どもも大変喜んでおります。

いつも温かいお心遣い誠にありがたく御礼申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが、どうぞ皆様お身体には十分ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

また、お近くにお越しの際には我が家にお立ち寄りいただければ幸いです。

先ずは、御礼申し上げます。

敬具

まとめ

お年玉は、子どもたちにとって、お正月の一番の楽しみですよね。

新年を気持ち良く迎えるためにも、お年玉をもらう側も、わたす側も、相手を気づかう心遣いが、大切なんだなと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク