• このエントリーをはてなブックマークに追加

お年玉は子供の数が違うときに額をどう決めるか。相場はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月の子どもたちの楽しみは、何と言ってもお年玉ですよね。

新年に、親戚が集まれば集まるほど、お年玉をあげる大人たちは、お財布の中身が気になってしまいます。

お年玉は、平等に金額を一律にしたほうが良いのでしょうか?

それとも、年齢ごとの相場であげたほうが子どもは嬉しいのでしょうか。

こちらの子どもの人数と、相手の子どもの人数が違うときの対応など、悩めるお年玉事情についてを調べてみました。

スポンサーリンク

年齢ごとのお年玉の金額の相場は?

お年玉を用意するとき、年齢ごとに金額を変えたほうが良いのかな、みんな同じ金額が良いのかな、と悩んだりしませんか。

お年玉を渡し合う間柄でも、金額は違ってくると思うのですが、一般的なお年玉の年齢別の相場を調べてみました。

お年玉の年齢別相場

・未就学児 500円〜1,000円

・小学低学年 1,000円〜3,000円

・小学高学年 3,000円

・中学生 3,000円〜5,000円

・高校生 5,000円〜10,000円

・大学生 10,000円

未就学児や、それよりも小さい子どもには、お年玉と、お菓子やオモチャを一緒にあげるという人が多いですね。

まだまだお金に興味のない子どもたちは、お年玉よりも、よっぽど喜んでくれるそうですよ。

また、年齢÷2×1,000円 という計算で、お年玉の金額を決めている人もいるそうです。

年齢で明確に金額が算出できるので、ある意味、平等ですね。

お年玉の金額を一律にしても良いもの?

親戚の人数が多かったり、身内間で子どもの人数が違うといった場合は、お年玉の金額を一律にして渡している、という家庭も多いようです。

年齢は関係なく、子どもはみんな一律1,000円というケースもあれば、小学生は一律1,000円、中学生は一律2,000円などと、金額をわけている家族もありました。

一般的なお年玉の相場からみると、金額は少ないかもしれないのですが、親戚が多ければ、もらう数も多いですよね。

合計すると、数人から相場の金額をもらう以上の、大きな額になることもあるそうです。

子どもたちは平等だし、あげる方の大人も毎年、金額に頭を悩ませることもないので、とっても気が楽ですよね。

お正月に集まる親戚の間でお年玉のルールを決めておくと、お互いに気を使わずにすみますね。

相手とこちらの兄弟の人数が違う場合は、金額はどうする?

お年玉事情で、最も気になるのが、相手とこちらの兄弟の人数が違う時、ではないでしょうか。

子どもの人数が違う場合でも、相場の金額を包めばいいのか、悩みますよね。

例えば、こちらは、小中学生の3人兄弟ですが、相手は小学生の一人っ子。

こちらは相場額でいただくと、総額1万円ぐらいになってしまいます。

でも、相手は、1,000円〜3,000円ほどです。

これでは、相手に申し訳ない、と思ってしまいます。

その逆のパターンもありますよね。

こちらは幼稚園児の一人っ子なのに、相手は中高校生が3人!総額にしたら、10倍以上も包むことになるのです。

兄弟や身内の間柄とはいえ、こういったお金が絡む悩みは、なかなか相談しずらいものです。

お年玉をあげる人数で、金額はかえるの?

各家庭の考え方もありますが、お年玉は新年のおめでたい縁起物です。大人の損得勘定はヌキにして、やはり、相手とこちらとの子どもの人数が違っても、年齢に応じた金額を入れてあげる。という人が多いようですね。

相手の子どもの人数が少ない、または小さかったり、一人っ子の場合などは、お年玉の他に、お菓子の詰め合わせや、文房具などちょっとしたプレゼントも一緒に渡してあげると、良いかもしれませんね。

また、お年玉はこの先もずっと続くものなので、お年玉の金額を一律にするか、年齢に応じた額でいくのかを、親同士で話し合って決めてしまう。というのも良いと思います。

こちら側が多くもらい過ぎて気になる場合は?

兄弟が多くて、こちら側が多くもらい過ぎて、どうしても相手に申し訳ない。

そう思うときは、ちょっと贅沢なお中元や、お歳暮などを贈るというのはいかがでしょうか。

相手の子どもの入学祝いや、進級祝い、就職祝いなどに、ご祝儀を包んであげるというのもオススメです。

その際は、「毎年、いつもお年玉をたくさんいただいていたので」などと一言添えると、相手の方もそう気を使わずに、受け取ってくれるはずです。

まとめ

双方のお年玉の金額を同じにするなんてことは、なかなかムリがあるものです。

お年玉は縁起物ですから、ここは損得勘定なしでいきたいですね。

子どもが喜ぶ顔はやっぱり一番嬉しいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク