• このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡餅の正式な段数は二段?三段?お正月のマナー。みかんは乗せる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月を迎えるための準備の1つに鏡餅がありますが、皆さんは飾りますか?

なんとなく飾ってはいるけれど、そもそも何のために鏡餅を飾るのか知っている方は、多くないのではないでしょうか?

でもその本来の意味や由来を知ったら、良い年を迎えるためにも正式なマナーで飾りたくなってしまうと思いますよ!

ところがいざ飾ろうとすると、鏡餅の飾り付け方、その置き場所や時期など知らないと戸惑いますよね。

そこで今回は鏡餅について、その意味からマナーまでご紹介します。

スポンサーリンク

鏡餅は神様のお供え物&依り代

鏡餅は、お正月にお迎えする「歳神様」といわれる神様へのお供え物でありますが、依り代でもあります。

依り代とは神霊が宿る場所で、歳神様をお迎えしてお見送りするまでの期間を松の内と言いますが、その期間中に歳神様の居場所となるのが鏡餅なんです。

歳神様は初日の出と共に現れ各家にその年の幸福を運んで来てくれます。

お正月とは歳神様をお迎えする行事なんですよ!

鏡餅の由来

天照大神から授かったとされる三種の神器の1つが鏡であり、鏡はご神体とされてきました。

昔の鏡は銅鏡と呼ばれ丸い形をしていましたので、ご神体としての銅鏡を餅で表し歳神様の依り代としたのが鏡餅です。

また餅には稲の神様が宿っているとされていて、食べると生きる力が与えられると考えられていました。

新しい1年の始まりを神様と一緒にお祝いしようとした昔の人って、素敵ですね。

鏡餅は2段?3段?

鏡餅は一般的に2段重ねですが、地方によっては3段に重ねる地域もあるようです。

また鏡餅を飾る家の中の場所によって、3段重ねをする地域もあるようですよ。

2段重ねの鏡餅が表しているのは、陰(月)と陽(太陽)で、餅の丸い形から円満に月日を重ねるという意味があります。

3段重ねの鏡餅は台所など火を使う場所に飾る事が多いようで、火の神様である荒神様にお供えする場合は3段重ねにするそうです。

なので2段にするか3段にするかは、その地域の風習に合わせた方が良いと思いますが、大事なのは餅を重ねる事にあるようです。

重ねるという事が、福を重ねて幸せが続くことや年を重ねて長生きするなどの意味につながっているんですね。

鏡餅の飾り方

鏡餅の飾り方も地域の風習によって違いがありますが、一般的には

1.三方と呼ばれるお供えの器に奉書紙(ほうしょがみ)または四方紅(しほうべに)を敷く

2.裏白(うらじろ)の葉っぱの白い方を上に向けて置く

3.鏡餅をのせる

4.餅の上に橙(だいだい)を飾る

ですが分からない時は、その地域の風習に詳しい方に聞くのが一番でしょう。

その他にも地域によっては昆布、串柿、黒豆、するめなど縁起を担ぐものを飾ります。

またそれぞれの飾りには、意味があります。

四方紅・・・四方を魔除けとされる紅で囲んでいるため、四方からの災いを払う。

裏白・・・裏も白いことから、裏表がない。古い葉を残したまま新しい葉が育つことから、子孫繁栄。

・・・実が大きくなっても木から落ちない事から、家が代々栄えるように。

ただし今は橙の代わりにみかんを使う場合が多いようです。

橙はみかんより実が大きいので、鏡餅のバランスにあったみかんを代用するようになってきたらしいですよ。

鏡餅は幸せへの願いがたくさん詰まっていて、縁起の良い飾りなんですね。

どこに置けばいいの?

鏡餅は歳神様の依り代となる場所なので、1つではなく神様に依って頂きたい場所にそれぞれ置くと良いそうです。

複数個所に置く場合は、一番大きな鏡餅を床の間に置きます。

床の間がない住居の場合は、リビングや家族が集まる部屋に置いても良いですよ。

ただし歳神様の居場所になる鏡餅ですので、うるさいテレビの上や見下ろす場所に置くのは避けて下さい。

その他にもキッチン、ダイニング、子供部屋、トイレまで、歳神様に依って頂きたい部屋に飾ってくださいね。

いつ頃かざるの?

鏡餅を早めに飾る分には、いつでも大丈夫だとされています。

最も適している日は、八の末広がりの縁起を担いで12月28日だと言われています。

12月29日は、9が苦に連想する事から良い日ではないとされる地域と、29日が福(ふく)につながるので良い日だとされる地域があります。

12月30日は、悪くない日とされています。

12月31日は、一夜飾りと言われ葬式の時と同じ様子を連想させるので、縁起が悪いとされていますが、仏教の宗派によっては12月31日に飾るそうです。

鏡開って?

歳神様がいらっしゃっている松の内の期間は、1月7日までとされています。

一般的に歳神様をお見送りした後の1月11日が鏡開きの日とされ、鏡餅を頂きます。

ただし、松の内の期間も鏡開きの日も地域によって違いがあるそうですので、詳しい方に聞いた方が良いでしょう。

歳神様の居場所であった鏡餅は、とても縁起の良い食べ物です。

新しく始まった1年の幸福を願いながら、ありがたくいただきたいですね。

まとめ

鏡餅は歳神様にお供えし、家にいらっしゃっている間の依り代となるものです。

2段重ねか3段重ねかはその地域や飾る場所によって異なりますが、重ねると言う事に幸福や長寿が続くという意味があるんです。

歳神様に幸運を運んでもらい、依ってくださった鏡餅をありがたくいただきながら、新しい1年の幸せをお願しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク