• このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットボトルの加湿器は使えるの?おすすめは電池式で意外におしゃれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加湿器といえば、電池式、コンセント、紙・気化式、USB式の4種類があります。

それ以外にも、ペットボトル加湿器があり、どの加湿器を購入するか悩みますよね。

とくに、このペットボトル加湿器は、お手頃なのが特徴で使いやすいのですが、実際に効果があるのかは試してみないとわからないところ・・・

ペットボトル加湿器には、USB型のものや、電池式のものなど様々ありますが、とくにおすすめなのが電池式のペットボトル加湿器だと言われています。

そこで今回は、ペットボトル加湿器の効果についてと、電池式のペットボトルについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ペットボトル加湿器、実際効果はあるのか?

ペットボトル加湿器には2種類のタイプがあります。

1つ目は、ペットボトルを逆さにして本体にそのままさしこむタイプのものです。

2つ目は、ペットボトルの口にそのまま取り付けるタイプのものです。

これらは清潔な水をその都度補充することで、そのまま使用することができるという特徴があります。

また、コンパクトですので持ち運びもラクラクできますよ。

ここで大事なのは、「どの程度加湿効果があるのか」ということです。

十分に加湿ができないと、加湿器の意味があまりありません。

実際のところは、ペットボトル加湿器の価格によって加湿効果は異なります。

ですので、高価なペットボトル加湿器のほうが、加湿効果が高いと言えます。

そして、ペットボトル加湿器を使う「場所」によっても加湿効果は異なってしまいます。

もし、オフィスなどの広い場所で使用しようと考えている場合、加湿しなければ範囲が広くなってしまいます。

そのため、広さによっては効果が薄れてしまうのです。

広くても6畳程度までの場所であれば効果を実感することができると言われています。

ペットボトル加湿器を購入するときのポイントは?

ペットボトル加湿器を購入するときには2つのポイントがあります。

1つ目は、実際に使う場所にあったペットボトル加湿器かどうかを確認するということです。

広さや機能によっては十分に効果を発揮することができない可能性があります。

そのため、購入する前にどの程度の広さに対して加湿効果があるのかを確認していたほうがよいでしょう。

2つ目は、できれば価格の高いものを買うことです。

先程も説明したように、価格が安いものは加湿効果がうすいとともに、加湿器の周辺が濡れてしまう可能性があるからです。

もしパソコンや携帯電話などの電化製品の近くでペットボトル加湿器を使用しようと考えているのであれば、濡れてしまうと故障の原因になってしまいます。

そのようなデメリットも考えて購入するとよいでしょう。

ペットボトル加湿器は、電池式がおすすめ

ペットボトル加湿器には、USB型のものや、電池式のものがあります。

USB型のペットボトル加湿器は、充電が便利なのですが、濡れてしまうとペットボトル加湿器だけではなく、パソコンまで故障してしまう可能性があります。

とくに、オフィスで使用しようと考えているのであれば、パソコンが故障してしまえば大変なことになりますよね。

そのような心配がありますので、電池式のほうが安心して使用できると言われています。

しかし、USB型のペットボトル加湿器にも、加湿器の周辺が濡れないようなものも販売されていますので、確認してみるとよいでしょう。

さて、電池式がおすすめと言われている理由としては、USB型などよりも安全性が高いということです。

オフィス内で使用をするのであれば、とくに安全性が高いほうがいいですからね。

電池を交換しなければいけないというデメリットはありますが、電池交換だけで安全性が高められるのであれば、電池式のほうがいいと思います。

さらに安全性を高めるための方法として、2点あります。

1つ目は、パソコンのほうにペットボトル加湿器をむけないようにすることです。

加湿器によって発生した水蒸気がパソコンに影響を与えてしまう可能性が高くなるからです。

2つ目は、パソコンなどの電化製品から50cm離したところに置くということです。

電化製品の近くに置いておくと故障の原因になってしまう可能性があります。

できれば50cm以上離すようにしましょう。

まとめ

ペットボトル加湿器は、使う場所の広さや加湿器の機能によって効果は違います。

ペットボトル加湿器を購入するときには、実際に使う場所にあったペットボトル加湿器かどうかを確認することと、できれば価格の高いものを買うことを意識しましょう。

ペットボトル加湿器は、電池式がおすすめなのは、USB型などよりも安全性が高いということです。

さらに安全性を高めるための方法としては、パソコンのほうにペットボトル加湿器をむけないようにすることと、パソコンなどの電化製品から50cm離したところに置くということです。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク