• このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごの農薬の落とし方。皮むきはダメ?安全、安心な洗い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると食べたくなるのがりんごですよね。

そんなりんごを食べるときにしっかりと洗っていますか?

実は野菜や果物には農薬を使っているものがほとんどですので、りんごにも少量ではありますが、農薬がついていることがあります。

そのため、しっかりとりんごについている残留農薬を落とさなければ、少量ではあっても毎日食べていれば体内に害を与えてしまうことになります。

今回は、りんごについている農薬の落とし方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

りんごについている農薬、皮むきはしないで!

りんごに付着してしまった農薬を落とすことを考えると、皮をむいてしまうかもしれません。

また、普段から皮をむいてりんごを食べている人が多いかもしれません。

たしかに、皮をむくことで農薬を体内に取り入れる心配はかなり減ります。

しかし、それはかなり損をしているということをお伝えしたいと思います。

それは、りんごの皮に多くの栄養が含まれているからです。

りんごの皮に含まれている栄養素とは?

アントシアニン

アントシアニンという言葉を聞いたことがある人が多いかもしれません。

アントシアニンは、眼に対して様々な効果を発揮すると言われています。

例えば、視力の回復につながる効果があったり、白内障や緑内障などの予防にもつながると言われているのです。

眼のためにブルーベリーを食べている人がいるかもしれませんが、実はりんごも同じような効果を発揮するので、ぜひりんごの皮も食べてほしいと思います。

ペクチン

ペクチンは、水溶性食物線維ですので、腸内環境を整える働きがあります。

ですから、便秘や下痢などで悩んでいる人にはおすすめです。

そうすると、ダイエット効果にもつながるとも言えるのです。

プロシアニジン

プロシアニジンには、強い抗酸化作用があると言われています。

この抗酸化作用によって、美肌効果につながったり、コレステロール値を低下させる効果もあるのです。

赤ちゃんはとくに、敏感肌ですのでアトピーになったりしがちです。

そういったアトピーにも効果があるとも言われているようですので、ぜひ取り入れてほしいと思います。

りんごの洗い方とは

塩水につける

大きめのボールに水を入れて、少量の塩を中に入れます。

その中にりんごを30分から1時間程度いれます。

このようにすることで、農薬を取り除くことができますし、あく抜きにもなりますよ。

水でこすり洗いをする

たわしなどを使って、りんごの表面をごしごしと洗います。

こうすることで、農薬を20%から70%程度落とすことができますよ。

短くても、30秒以上は行うようにしたほうがよいと言われています。

重曹を使用する

大きめのボールに水を入れます。

そのあと、重曹を小1~2杯入れてかき混ぜます。

その中にりんごを30分から1時間程度いれたあと、水洗いをします。

重曹を使うのは、りんごだけではなく、ほかの野菜や果物でも使うことができますのでおすすめです。

重曹は、少量摂取しても問題はありませんが、どうしても気になる場合は、食用の重曹を使用するとよいでしょう。

その分、食用の重曹は高価となっています。

農薬がきれいに落ちる専用洗剤で洗う

やはり子どもがいたり、赤ちゃんがいたり、健康への害が心配な方には、農薬がきれいに落とせる専用洗剤を使うことをおすすめします。

野菜洗いの専用水【ベジセーフ】

洗剤、と言っても、水と同じ成分で、まったくの安全なもの。

スプレーでささっとかけたり、ボウルに薄めてくぐらせるだけで、みるみる色が変わっていくので、ギョッと驚くことも!

いやー、こういうものを大事な家族に食べさせていたなんて…と、反省してしまいますし、自分の健康のことも、もっと真剣に考えなくてはいけないな、と思います。

有機野菜なんて、本当に高いし、いったいどこで買えばいいの?というほどに手に入りにくいですが、わずかなお金で農薬がきれいに落とせるならば、こちらの方がかえってお得ですね。

おまけ:りんごの皮の上手な利用法

余談ではありますが、りんごの皮を食べるのが苦手という人は、りんごの皮とバナナ、レタス、牛乳をミキサーに入れることで美味しいジュースになりますよ。

私は毎日飲んでいるのですが、りんごの皮を食べているという感覚はほとんどありませんので、とっても飲みやすいです。

スムージー感覚で飲むことができますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

りんごについている農薬を落とすとき、「皮むき」はおすすめしません。

なぜなら、りんごの皮には様々な栄養が含まれているからです。

栄養は以下のようなものが含まれています。

・アントシアニン

・ペクチン

・プロシアニジン

りんごの洗い方は、

・塩水につける

・水でこすり洗いをする

・重曹を使用する

専用洗剤で農薬を落とす

などが挙げられます。

安心、安全にりんごを食べるために、りんごの洗い方をぜひ参考にしていただきたいと思います。

そして、できればりんごの皮も食べてほしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク