• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんに生クリームはいつからあげて良い?これだけは要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、赤ちゃんのいる友人の家に招かれたときのこと。

手土産に悩んでいたのですが、ふとケーキ屋さんの前で気になったのです。

生クリームっていつから食べられるようになるのかな、と。

そこでその友人に聞いてみたところ、詳しく教えてくれました!

赤ちゃんに生クリームはいつからあげて良いのかしら?

これだけは要注意ってことは、何かあるのか?

もろもろ、教えてもらいましたよ~。

スポンサーリンク

赤ちゃんに生クリームはいつからOK?

生クリーム自体は1歳ころからOKなんだそうです。

赤ちゃんにとって生クリームは乳製品ではなく、バターと同じ油脂類として考えます。

生クリームは油分が多いため、消化に時間がかかったり赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまいます。

油は離乳後期9ヶ月ころ~小さじ一杯程度。

バターと同じく風味付け程度に使うくらいが良さそうです。

また、生クリームは動物性のものを使いましょう。

動物性の生クリームは消化吸収の良い乳脂肪分を含んでいます。

しかし、植物性の生クリームは植物油を加工して、さらに添加物を加えて作られています。

添加物など赤ちゃんにとっては心配が多いですよね。

赤ちゃんのためには植物性より動物性のものを選ぶのがいい、って話しでした。

赤ちゃんに市販のケーキはいつからOK?

市販の、大人と同じケーキとなると離乳食を卒業して、大人と同じものを食べられるようになってから。

お母さんや家庭の方針にもよりますが、2~3歳くらいまで待った方が良さそうです。

とは言え、生クリームだけでなく、スポンジケーキにもバターが使われていたり、油分を多く含むので小さな子供の胃腸には負担がかかります。

一度にたくさん食べたり、頻度が多くならないよう気を付けたいですね。

お母さんが注意すべきアレルギーの問題

動物性の生クリームは少量なら赤ちゃんにとって良い栄養源になります。

しかし、気をつけなければならないことがあります。

それは、アレルギーについて。

動物性の生クリームは牛のミルクから作られているので、その脂肪分の正体は乳脂肪。

つまり、牛乳アレルギーを持つ赤ちゃんにはNGです。

また、普段は牛乳OKな赤ちゃんでも、体調などによりアレルギー反応が出ることもあります。

程度によっては命にかかわることもあるアレルギー。

食べた直後でなくても時間差で反応が出ることがあるので、食べた後もよく観察し体調に変わりがないか注意しましょう。

早くから甘味に慣れてしまうと未来に肥満体型!?

味覚が敏感な赤ちゃんや小さな子供にとっては、大人基準の甘さは相当なもの。

最初は嫌がったとしても、食べ慣れてくると甘さに慣れてしまいます。

すると、甘いものに執着して、成長に大切な栄養素をとれるご飯を食べなくなってしまうことも。

実は、味覚は3歳までの食に関する習慣が影響するといわれています。

赤ちゃんのうちから強い甘味に慣れてしまうと大人になってからの味覚にも影響します。

子供は成長のために、効率よくエネルギーの摂れる、甘いものが大好きです。

これは、子供は胃が小さく一度にたくさん食べられないので、効率良くエネルギーを得られるように備わった人間の本能のようなものです。

しかし天然の甘さではなく、必要以上に甘いものを覚え、そればかりになってしまうとしたら…

肥満や生活習慣病にもつながりかねません。

早くから慣れさせるようなことは避けたいものです。

大人と同じ物を食べられるようになったとしても、あくまで嗜好品であることを踏まえ、お祝いやご褒美などメリハリをつけるのが良いですね。

さいごに

甘くて生クリームたっぷりの美味しいケーキは大人にとっても嗜好品。

大人が美味しそうに食べていれば、当然子供も欲しがります。

美味しいものを共有したい気持ちはありますが、子供のことを考えたら気を付けたいところ…

お宅へ伺うときの手土産のことだけでなく、いい勉強になりました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク