• このエントリーをはてなブックマークに追加

おせち料理の仕切りに代用できる便利アイテム&驚きアイディア集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月に食べる料理と言われてまず思い浮かぶのは、おせち料理じゃないでしょうか。

重箱に色とりどりの料理が入っているのを見るのは、楽しみですよね。

その料理を重箱に入れるときに互いが混ざらないように使うのが仕切りですが、皆さんは何を使いますか?

昔からの定番は、緑色の山切りカットされている「バラン」やアルミホイルのカップですよね。

今はシリコン素材で形も様々なものがあり、再利用や電子レンジ可能になっています。

でも今回提案したいのは、そのアイテムの代用品なんです。

安くて簡単に出来る代用品を4つご紹介します!

スポンサーリンク

仕切り代用品1 ワックスペーパー

ケーキなどよくお菓子を作る時に使われますが、料理の仕切りとして使うのにも役立ちます。

紙にワックスがぬられているので、薄くても水や油に強いんです。

そのまま一枚を仕切りとして使うことも出来ますが、紙なので自分好みの形にハサミで切るのも面白いですよ。

また、折り紙のように折って箱型やコップ型にアレンジすることも出来るんです。

ワックスペーパーは百均ショップで売られていますし、様々な色や柄のものが手に入るのも嬉しいですね。

お手持ちの重箱と相性が良いワックスペーパーを探して、今年のおせち料理をおしゃれにしちゃいましょう!

仕切り代用品2 葉物野菜や食材を上手に使う

レタス、サラダ菜、大葉などの葉物野菜も仕切りとしてよく使われます。

緑の野菜の仕切りは料理にいろどりを添えてくれますし、中でも大葉は抗菌作用があるのがいいですね。

ただし葉物野菜は、すぐにしなしなになってしまうデメリットがあります。

葉物野菜より少し持ちがいいのが、大根、ニンジン、キュウリなどです。

薄切りや、スティック状にしたりして仕切りとして使えますよ。

他にも焼きのり、ハム、薄焼き卵などの加工食品も仕切りの代用としてオススメです。

食品を使った仕切りは、食べられて栄養がとれるというところが最大のメリットですね!

大根、ニンジン、ハムなどの仕切りを可愛く作れる型抜きや、焼きのりをカップ型に出来るキットが百均ショップで売られているので、チェックしてみて下さいね。

仕切り代用品3 植物

昔からの定番の料理の仕切りといえばバランやアルミホイルと前述しましたが、実はもっと昔に使われていたおせち料理定番の仕切りは植物でした。

昔からおせち料理の仕切りとして使われていたのは、南天の葉、裏白、菊の葉などの植物でそれらには意味がありました。

例えば南天の葉は、縁起物とされ「難を転じる」ようにと意味が込められています。

裏白は裏表がない心を表し、裏の白い方を見えるように使います。

菊の葉は長寿の薬とされていたので、長生きするようにという意味が込められています。

椿の葉、笹の葉、千両など、他にもおせち料理の仕切りとして使われる植物があるようです。

植物を使った仕切りは汁が出てしまうような料理の仕切りには残念ながらなりませんが、汁がでない料理の間を仕切ることで彩のバランスが良くなります。

特に南天の葉は小さな赤い実が一緒についているので、おせち料理が華やかな印象になりますよ!

重箱には、レトロな仕切りが合っているのかもしれませんね。

これらの植物は時期になるとスーパーや花屋さんで購入できます。

仕切り代用品4 餃子の皮、春巻きの皮

餃子の皮や春巻きの皮をお好きな形のシリコンカップで挟み、レンジでチンするとカップ型の仕切りが作れます。

レンジでチンするとふくらんできますし、焦げたりもするので様子をみながら時間調節して下さいね。

レンジだけだと出来上がったカップの色が白っぽいので、トースターで焼き目をつけるとより美味しそうになります。

シリコンカップは色々なサイズと形が百均ショップで売られていますし、簡単に作れますので楽しみながら作って下さいね!

かわいい形にアレンジすると、おせち料理に興味のないお子様も喜ぶかもしれませんよ。

百均ショップのセリアでは、専用のレンジで出来る餃子の皮カップメーカーなるキットが出ているようです。

100円シリーズ 餃子の皮「カップメーカー」 「Cup maker」
100YEN Series 「gyoza sheet:Cup maker」 セリアで100円で購入しました。 簡単なレシピを作ってみましたが もっと色んなアレンジが出来そうですね^^ お弁当で食べる頃には良い感じに カップが食べやすい柔らかさになっていると思います。 ※私は美味しそうに見せる為トースターで焼き色を...

まとめ

バランやアルミホイルなど、定番の仕切りを使わない方法。

おせち料理に使える、仕切りの代用の提案は4つです!

1.ワックスペーパー

いろいろな色と形のワックスペーパーで、おせち料理をおしゃれにアレンジできます。

2.食品

葉物野菜から加工食品まで、仕切りとして使えます。

全部食べられて、栄養も取れるのがいいですね。

3.植物

昔ながらのおせち料理の仕切りには、ピッタリです。

今年は、レトロかわいいおせち料理を作ってみてはいかがですか?

4.餃子、春巻きの皮

ちょっと変わりダネの仕切りなので、お子様によろこばれるかも。

こちらも、残さず全部食べられるのがいいですね。

重箱にいろいろな料理を見栄え良く詰め込んでいくのは、難しいですよね。

でも仕切りをどう使うかによって、おせち料理の印象もぐっと変わってきます。

定番の仕切りだけでなく代用の仕切りを上手に使って、今年のおせち料理をおしゃれにアレンジしちゃいましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク