• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏至の新定番キャンドルナイト。エコでロマンチックに過ごす夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 梅雨に入り、夏の予感も近くなった頃、「夏至」という言葉が聞かれるようになります。

そもそも夏至とは何なんでしょう? 地方によっては風習があるようにも聞かれます。

最近は、この夏至の日に、キャンドルナイトというイベントが大人気とか。

その始まりは? 由来は? そして、どこで何をするの?

そんな疑問がふつふつとわいてきたので、調べてみました!

スポンサーリンク

夏至とは 2017年の夏至はいつ?

夏至は、英語ではsummer solsticeと言われるのですが、solstice とは、太陽が赤道から最も北、あるいは南に離れた地点のことを指しています。

簡単に言うと、夏至とは、一年で最も昼の時間が長い日

逆に冬至は、一年で最も夜の時間が長い日となります。

それが、日付で言うとどの日に当たるのかですが、だいたい毎年、6月21日。

でも年によって、ずれて22日になることもあるようですね。

今後の夏至の日付を書いておきましょう。(とは言っても、2019年をのぞいで、すべて21日なのですが・笑)

夏至の正確な日付 一覧表

2016年:6月21日
2017年:6月21日
2018年:6月21日
2019年:6月22日
2020年:6月21日
2021年:6月21日
2022年:6月21日
2023年:6月21日
2024年:6月21日
2025年:6月21日
2026年:6月21日
2027年:6月21日
2028年:6月21日
2029年:6月21日

夏至は暑い? 立夏との違いは?

夏至を、「一年で最も暑い日」と理解している人がいるようですが、まあ日付を見ればわかりますよね。

決して、夏至や冬至は、暑さ、寒さとは関係がありません。

あくまでも日の出から日の入りの長さの問題です。

また、夏至を、「暦の上で夏」という、立夏と勘違いしている人もいるようです。

立春、春分の日、夏至、立夏など、季節の入った言葉って、結構あるけれど、以外に定義を知らないものなんですよね。

立夏とは、暦の上で夏。

いつかというと、春分の日と夏至のちょうど真ん中、5月6日頃のことなんです。

この立夏から立秋の8月8日頃までが、暦上は夏。

でもまあ、肌感覚では、かなりズレていますよね。

夏至の新しい伝統イベント「キャンドルナイト」

世界各地で、夏至にはロマンチックな意味合いのイベントが行われることが多かったようですね。

北半球では、性欲をかき立てる日、とされていたり(昼が長いのに、なぜでしょう?)、人々が恋に落ちる日、と言われたり、男性神、女性神の出会いを祝う日だと言われていたりする国があるとか。

日本でも、冬瓜を食べる、新小麦で焼餅をつくる、など、豊作祈願の風習がある地域もあるようです。

が、最近は、やっぱり、こちらの「キャンドルナイト」のイベントが何と言っても有名ですよね。

なにやらとってもロマンティックな響きがありますが、普段使用している過剰な電気を消して、キャンドルの暖かい光で夜を過ごすという活動のことです。

夏至の新しいイベント「キャンドルナイト」の由来とは?

キャンドルナイトは「無駄な電気を使わずに、キャンドルの灯だけで過ごす」というスローライフ運動の一つです。

日本ではまだ新しい風物詩としての印象が強いかもしれませんが、始まりは2001年のカナダに遡ります。

時はブッシュ政権。

エネルギーについての政策が騒がられていた頃に、その政策に反対する運動としてカナダで生まれました。

それから現在にいたるまで、エネルギー問題は世界で深刻になっていく一方ですね。

例えば、「地球温暖化」「省エネルギー」などなど・・・。

環境問題の意識を高める上で、午後8時からの2時間、午後10時まで、電気を消して、ほのかなキャンドルの灯りだけで静かに過ごします。

キャンドルナイトは時代性との相性もよく、日本においても「100万人のキャンドルナイト」というイベントが、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」(2004年・新領域デザイン部門)を受賞しています。

そんなわけで現代において欠かせない風物詩となってきたというわけです。

なぜキャンドルナイトは夏至と冬至に行うの?

キャンドルナイトは、実は夏至だけではなくて、冬至にも行われています。

それも、世界同時に。

この日になった理由は、特定の国におけるイベントや、宗教上の意味がある日と重ならないために検討があって、暦の上で「光」に意味がある、ということから、選ばれたそうです。

あくまでも、特定の文化の小さなムーブメントではなく、「世界共通」で実行できる、広がりのあるものにしたかったんですね。

だから、宗教、文化、伝統、慣習、行事、一切かぶることなくできる日、ということで、夏至と冬至が選ばれた、と。

この日の、2時間だけ、世界中のみんなで、いっせいに電気を消しキャンドルを灯すのです。

もちろん時差はありますけど、その皆で一緒、がいいんですよね。

日本で最も有名なのは「100万人のキャンドルナイト」

日本の一大キャンドルナイトイベントである「100万人のキャンドルナイト」は、東京都港区にある大本山、増上寺を舞台に行われる無料イベントです。

100万人のキャンドルナイト2017@増上寺 大地を守る会・J-WAVE
100万人のキャンドルナイト2017@増上寺

夏至の日に近い週末に行われます。

ライブコンサートが開催されたり、てづくり市が併設されたり、オーガニックの健康的な食事ブースが提供されたり、エコで、ヘルシーで、意識の高い場として、企画されています。

20時からは、キャンドルナイト。

静かに、厳かに。スローな、自然回帰の瞬間を楽しみます。

その他にも、たくさんの関連イベントが日本全国で行われていますよ。

地域のイベント情報などを検索して、恋人や家族で出かけてみましょう!

キャンドルナイトの過ごし方

イベントに参加しなくても、キャンドルナイトは、もちろんおひとりでも、ご家族と家でも楽しむことができます。

テレビも消して、スマホも見ないで。

なかなか、日常の中で、そんな時間って、ないですよね~。

だからこそ! 意味があるわけです。

ふだん、家の中に音がないと何やら物悲しかったので、ついついすぐテレビをつけていました。

今年のキャンドルナイトには、ロウソクの優しい光で小説を読んだり、アコースティックな音楽を聴いたりして、ゆったりと過ごすのはいかがでしょうか?

アロマの香りを添えて、リラックス効果を最大に高めたり、浄化作用を楽しんだりするのもおすすめです。

おすすめキャンドル

キャンドルナイトは、そもそも「エコ」の思想から始まったもの。

ですから、使われるキャンドルも、石油系だったりして、燃やすと地球温暖化に有害なガスが発生するものは、使用厳禁です。

せっかく電気を消しても、それでは意味がなくなってしまいますよね(笑)。

選んで良いのは、天然素材のもの。

有名で、手軽に手に入るのは、大豆ワックスのソイキャンドルですね。

かっこよさそう、オシャレっぽい、という表面的なイメージにごまかされずに、本来のイベントの主旨を理解して、地球環境に優しい気持ちを大事に、祈るような時間にしたいものですね。

まとめ

夏至のキャンドルナイトとは…

1,夏至の日と冬至の日、夜8時から10時に電気を消してキャンドルだけで過ごすエコな活動

2,各地でイベントも行われる

3.1人でも2人でも大勢でも有意義に過ごせる一日

4,キャンドルは天然素材のものを選ぶこと

とってもシンプルで、気持ちが清々しくなる一日ですよね。

6月になにかイベントしたいなぁという人に是非参加して欲しい活動です!

いつもと違うイベントで楽しく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク