• このエントリーをはてなブックマークに追加

スニーカーの汚れ効果的な落とし方は?ソールの汚れ、黄ばみにも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節を選ばない年中履けるスニーカーは、おしゃれするのに重宝ですよね。

でも、何度も履いているうちに汚れてきて・・・

特に白いスニーカーやソールが白いスニーカーの汚れは目立って、折角のおしゃれも台無しになって困ります。

そんな時に役に立つスニーカーの汚れの落とし方を、ご紹介します。

これを知っておけば、汚れを気にせずおしゃれを楽しめますよ!

スポンサーリンク

ゴム部分やソールの汚れ

軽い汚れには、こちらがおすすめです。

1. 消しゴム

汚れた部分を、消しゴムでこするだけ。

汚れに気づいたらサッと簡単に出来るので、こまめにお手入れして綺麗をキープするのにいいですね。

少し濃い汚れの時は、砂消しゴムを使ってみて下さい。

通常の消しゴムでは落とせない汚れも、落とせることがありますよ。

残りカスは水で濡らした布などでふき取り、水分は乾いた布やティッシュでふき取ってくださいね。

2. 歯ブラシと歯磨き粉

歯磨き粉には研磨剤が入っているので、歯ブラシに少しつけてこすってください。

歯ブラシが、細かい部分の汚れを落とすのに最適です。

汚れを落としたら、水で濡らした布などで歯磨き粉を落としてくださいね。

消しゴムや歯磨き粉で汚れが落ちなかった場合は、こちらを試してみて下さいね。

3. アルコールスプレー

アルコールは、油汚れに効果があるそうです。

布などにアルコールを吹き付けて、汚れた部分を拭いてください。

アルコールは簡単に蒸発してしまうので、お手入れ後はそのままにしておいても大丈夫ですよ。

最初にスニーカーの目立たない部分で試してから、使用してくださいね。

4. 重曹

重曹に水を加えてペースト状にしたものを、ブラシや布につけ汚れた部分をこすって下さい。

水の分量は、自分の磨きやすさや汚れの落ち方を見ながら調整すると良いですよ。

汚れを落とした後は、水で濡らした布などで拭いてから水分を乾いた布で拭き取って下さいね。

こちらも最初にスニーカーの目立たない部分で試してから、使用するのがおすすめですよ。

ゴム部分やソールの黄ばみには

黄ばみは、ゴムの劣化や酸化によって出来るそうなんです。

黄ばみを落とすおすすめはこちらです。

1. メラミンスポンジ

スポンジを少量の水でぬらしてから、黄ばんだ部分をこするだけで簡単に黄ばみを擦り取ってくれますよ。

メラミンスポンジには研磨剤が入っているので、汚れ落としにも使えます。

スニーカー本体の汚れに使う場合は、最初に目立たない所で試してから使ってくださいね。

2. キッチンクレンザー

メラミンスポンジで取れない黄ばみは、研磨力が強いキッチンクレンザーを試してみて下さい。

スポンジにキッチンクレンザーをつけ、黄ばみをこするだけです。

ただし研磨力が強いので、こすり過ぎには注意してくださいね。

こちらも汚れ落としに使えますが、スニーカーの本体に使う場合は、目立たない所で試してからにしましょう。

スニーカー本体の汚れには

1. 布製のスニーカー

軽い汚れの場合は、靴用のブラシに洗濯用洗剤や中性洗剤をつけ、濡らしたスニーカーをブラシでゴシゴシしましょう。

汚れが落ちにくい場合は、つけ置き洗いがいいですよ。

・靴が入る容器に40℃から45℃程度のお湯を入れ、洗濯洗剤や中性洗剤を溶かします。

重曹も入れて溶かしておくと、臭いもとれるので一石二鳥です。

・スニーカーを入れ、数時間つけておきます。

・靴用ブラシに洗剤をつけ、ゴシゴシします。

・洗剤が残っていると黄ばみの原因にもなりますので、洗剤は水でしっかり落とし、風通しの良い日陰で乾かしてくださいね。

2. レザーのスニーカー

レザー専用のブラシでホコリを落とした後、レザー専用のクリーナーを柔らかい布につけ優しく擦りながら汚れを落としてください。

その後レザー専用クリームをスポンジや布を使って塗ってください。

専用クリームはそれぞれ使い方が異なりますので、使う前に説明書を必ず読んで下さいね。

3. 合成皮革のスニーカー

水洗いする度に劣化していくらしいので、軽い汚れは乾いた布に中性洗剤をつけ軽く拭き取りましょう。

洗う時は中性洗剤を入れたぬるま湯で、柔らかいブラシをつかって優しくゴシゴシして下さいね。

最後に洗剤をきっちり洗い流してから、風通しのよい日陰に干しましょう。

4. スエードのスニーカー

まずは、専用のブラシでホコリを落としましょう。

専用のクリーナーで汚れを落とし、専用のブラシで整えて下さい。

専用のクリーナーには消しゴムやシャンプーなど色々なタイプがあるので、用途に合うものを選んで使用前には説明書を確認して下さいね。

丸洗いは出来ないので、気を付けて下さい!

スニーカー本体の黄ばみには

1. 布製のスニーカー

アルカリ性の黄ばみは、酸性のお酢で落としてみましょう。

前述通り本体を洗った後、水1Lにお酢50ccを混ぜたものに半日程度つけ置いてから、お酢を洗い流してください。

2. レザーのスニーカー

レザーが劣化する事によって、黄ばみが出来るそうです。

白色のレザースニーカーは、前述通り汚れを落とした後に塗る専用クリークを無色ではなく白色のクリームを使ってください。

3. スエード、合成皮革のスニーカー

白いスエードと合成皮革のスニーカーの黄ばみは、どちらも落とすことが難しいようです。

出来るだけ長持ちさせるためには、日頃からお手入れする事が大事なんですね。

靴の洗濯機

最近コインランドリーで、靴専用の洗濯機を見かけるようになりました。

スニーカーをそのまま洗濯機に突っ込み、併設してある乾燥機で乾かすだけ。

全行程約40分を300円程度で完了できますよ。

洗濯機が使えるのはスニーカーの種類にもよりますが、洗いたいスニーカーが沢山あるときや、乾かす時間がない時などは大助かりですね!

YouTube

まとめ

スニーカーのゴム部分、ソールの汚れや黄ばみ落としには、

・消しゴム

・歯ブラシ、歯磨き粉

・アルコールスプレー

・重曹

・メラミンスポンジ(黄ばみにも)

・キッチンクレンザー(黄ばみにも)

どれも百均で買えるものばかりです!

スニーカー本体の汚れと黄ばみには

・布製スニーカーなら洗濯洗剤や中性洗剤、黄ばみにはお酢

・レザースニーカーなら専用クリーナーとクリーム、黄ばみにはクリームで対応

・合成皮革なら中性洗剤、黄ばみは中性洗剤で落ちなければ難しい

・スエードなら専用クリーナーとクリーム、黄ばみはクリーナーで落とせなければ難しい

自分のお気に入りのスニーカーは、お手入れをして少しでも長持ちしてくれればうれしいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク