• このエントリーをはてなブックマークに追加

出産費用が節約できる!妊婦さん必見、得する公的補助の利用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産という大切なイベントには、様々な費用がかかってきます。

妊娠が発覚すると、妊婦検診や様々な検査、そして出産に必要な費用なども多くかかります。

何の公的扶助を受けなければ、出産費用だけでも約50万円かかってしまうのです。

約50万円はかなりの額ですよね・・・

ですから、しっかりと公的扶助について理解し、出産費用を節約できる方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊婦検診はかなりの金額がかかる?

出産費用の前に、まずは妊婦検診について説明しますね。

妊婦検診は、妊娠23週までは4週に1回、妊娠24週~35週までは2週に1回、妊娠36週からは1週に1回あります。

合計で平均14回程度は妊婦検診があるということになります。

おそらく、母子健康手帳をもらうのと同時に妊婦検診の補助券ももらいませんでしたか?

その補助券が節約の秘訣になります。

この補助券がない場合、妊婦検診1回あたり8000~10000円程度の費用がかかってしまいます。

とくに里帰り出産をされる妊婦さんは、補助券を使っている間は料金がかからなかったと思いますが、里帰り先の病院では1万円程度は持っていかないといけませんのでご注意くださいね。

そうすると、里帰り出産をすると損をすると思いますよね。

しかし、里帰り先での妊婦検診でかかった費用は「妊婦健康診査領収書」を住所のある役場に提出をすると、その分の費用が帰ってきますので実質0円となりますのでご安心ください。

その際、領収書は必ず必要になってきますので、捨てないようにしましょう。

出産方法によって金額が違う?

自然分娩の場合であれば、公的扶助でまかなうことができます。

しかし、帝王切開になってしまうと手術費用も含まれてきますのでかなり金額が異なります。

帝王切開による手術費用は、約20万と言われています。

様々なトラブルによって帝王切開になってしまう可能性がありますので、できれば自分が入っている保険の内容も確認しておいたほうがよいでしょう。

帝王切開をしたあとに、保険でまかなうことができますよ。

ちなみに、出産に備えて保険に入る場合は医療保険に入ったほうがよいと言われています。

余談ではありますが、妊娠初期に、妊娠悪阻のため1度入院をしました。

その際、保険が適応されました。

妊娠中期に保険の見直しをして保険会社を変更したのですが、その年に1度保険が適応され、保険がおりた場合は帝王切開などで手術したとしても保険はおりないと言われました。

そのため、保険の入り直しもいつにするかをしっかりと検討しておく必要がありますよ。

出産をしたあとに利用することができる公的扶助とは?

出産後に様々な手続きをする必要があることはご存知でしょうか?

出生届は必ず提出をしなければいけませんが、そのほかにも出産育児一時金などがあります。

出産育児一時金

健康保険に加入している場合、42万円の出産育児一時金を受け取ることができます。

この出産育児一時金でほとんど出産費用をまかなえるかなと思いますので、しっかりと手続きをしましょう。

ただし、産科医療補償制度対象出産以外は40万4000円となっています。

病院によって直接支払制度がないところもありますので、事前に確認をしておいたほうがよいと思います。

とくに、里帰り出産をする場合は事前に聞いておくとよいでしょう。

出産祝い金

会社によっては、出産祝い金を貰えることがあります。

母親が育休に入っている場合は、職場に直接聞いたほうがよいと思います。

また、夫の扶養に入っている場合は、事前に夫に聞いてもらったほうがよいと思いますよ。

医療費控除

妊娠、出産だけにとどまらず、1年間に医療費が10万円以上かかった場合に、確定申告をすることでお金が戻ってくるという制度です。

これは、1世帯の合計になりますので、毎年医療費の明細書はとっておく必要がありますよ。

とくに、手術や出産によって医療費がかなりかかりますので、しっかりと医療費の明細書をとっておきましょう。

確定申告は翌年の1月1日から5年間有効となっていますので、育児が落ち着いてからでも確定申告を行ってもよいでしょう。

ちなみに、結婚する前に母親、祖父母と4人暮らしをしていた時には1年間に10万円もいきませんでしたので、ほとんどの場合は医療費が10万円超えることは少ないと思います。

まとめ

妊婦検診には補助券を使うことで実質0円となります。

自然分娩ではなく、帝王切開になる可能性が高い場合は、保険の見直しをすることをおすすめします。

出産後は、出産育児一時金、会社からのお祝い金、医療費控除などがあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク