• このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておけば安心!赤ちゃん産後の手続き、準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんを出産すると、様々な手続きが必要になってきます。

手続きの内容によっては、手続きをしなければいけない期間が決まっています。

もし期限内に手続きをしなければ、戸籍法により5万円以下の過料を受ける可能性があります。

全ての手続きにおいて、このように罰則があるわけではありません。

しかし、自分の赤ちゃんのためにも産後はしっかりと手続きをしましょう。

今回は、赤ちゃんが生まれてから産後に必要な手続きやその準備についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたあと、必要な手続きとは?

赤ちゃんが生まれたあと、必要な手続きは様々あります。

期限が短い書類からご紹介したいと思います。

出産届

出産届は出産してから14日以内に市区町村役場にある戸籍係に提出をしなければいけません。

もし、里帰り出産をしている人は、どの役場に提出してよいのかと悩むと思います。

里帰り出産をした場合、里帰りした地域の役場に提出しても問題はありませんので安心してください。

しかし、母子手帳に入っている出生連絡票・低出生体重児届出票を住所のある地域の役場に提出をしなければいけないことをお忘れなく!

これは、母子保護法によって届出が義務付けられていますので、かならず提出しましょう。

郵送することも可能ですし、旦那さんが面会に来てくれた時に一緒に出生連絡票・低出生体重児届出票を持って帰ってもらって役場に提出していただいても可能です。

どちらにしろ、出産をしたあとに必ず出しましょうね。

児童手当金

児童手当金については、出産してから15日以内に手続きを行う必要があります。

もし、手続きが遅れてしまってもかまいませんが、その分損をしてしまうことをお忘れなく。

というのも、児童手当金は生まれてから毎月1万5000円貰えるため、手続きが遅くなればその分手当金も1ヶ月分貰えないということもありえるのです。

ちなみに1万5000円貰えるのは3歳未満です。

そして、3歳から中学生までは毎月1万円貰えます。

所得制限などによっては金額が異なる場合がありますので役場で確認したほうがよいでしょう。

この手続きをするのは家庭内で一番年収の高い人が行うということになっています。

そのため、ほとんどの場合は旦那さんに手続きをお願いすることになると思いますので、出産前にでも旦那さんに説明をしておいたほうがいいと思いますよ。

健康保険への加入

健康保険への加入は、ほとんどの場合、旦那さんの職場に確認をしたほうがよいでしょう。

そのため、旦那さんに勤務先の事務係に確認してもらうように伝えておきましょうね。

原則、1ヶ月検診までに手続きを行う必要があります。

産後、お母さんと赤ちゃんは1ヶ月外出を控えなければいけません。

そのため、できれば旦那さんのほうの扶養に子供を入れたほうがよいと思いますよ。

乳幼児医療費の助成

乳幼児医療費の助成は、健康保険に加入してから1ヶ月検診までの間に手続きを行う必要があります。

赤ちゃんは生まれたばかりですから病気にかかりやすくなります。

そして、検査なども多いですから医療費がかなりかかることになります。

そのため乳幼児医療費の助成の手続きをして、医療費による負担を軽減しましょう。

助成費は、住んでいる地域や所得制限などによって異なりますので確認を行いましょう。

出産手当金

これは、働いている母親が手続きをする書類となっています。

赤ちゃんを出産してから56日以降に提出をすることになっています。

出産手当金は、その名のとおり産休している間に2/3の給料が健康保険から支給されますのでこの手続きをしないとかなりもったいないです。

ちなみに私の先輩は、出産手当金で15万円程度貰っていました。

出産育児一時金および出産育児付加金

出産育児一時金および出産育児付加金は、出産してから2年間の間に手続きをすることになっていますので、最後に手続きをしてよいものだと考えられています。

これは、健康保険より出産費用の一部を給付していただけることになっています。

出産にかかる費用は、異常がなくても40万円程度かかりますので、かなりの負担となります。

そのため、この手続きをして負担を減らしましょう。

手続きを行う上で必要な物品とは?

様々な手続きについてご紹介しましたが、手続きをする際に必要な物品はほとんど同じですので以下のようにまとめてみました。

セットにして、いつも持ち出せるようにしておくと便利ですね!

・母子健康手帳

・健康保険証

・出生届のコピー

・健康保険証

・届出人の印鑑

・普通預金通帳

・出生証明書

・所得証明書

・出産に関連した請求書

これがあれば、手続きを行う上では問題ありません。

まとめ

赤ちゃんが生まれたあと、必要な手続きは

・出産届

・児童手当金

・健康保険への加入

・乳幼児医療費の助成

・出産手当金

・出産育児一時金および出産育児付加金

手続きに必要な物品は

・母子健康手帳

・健康保険証

・出生届のコピー

・健康保険証

・届出人の印鑑

・普通預金通帳

・出生証明書

・所得証明書

・出産に関連した請求書

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク