• このエントリーをはてなブックマークに追加

心理的瑕疵(かし)の意味と読み方。もう騙されない不動産物件の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家さがしをしていると、ときどき見かける「心理的瑕疵あり」の注意書き。

あれって、どういう意味なんでしょうか?

心理的瑕疵ありの物件って、どういう問題があるのでしょうか?

そういうことが書いていない場合でも、うまく見分ける方法は、あるのでしょうか?

調べてみましょう。

スポンサーリンク

「瑕疵」の読み方と、意味

「瑕疵」って、普段使わない言葉ですね。

まずなんて読めばいいのだろう、と思います。

これは「かし」と読み、辞書(スーパー大辞林)によるとその意味は

  • きず、欠点
  • 法的に人の行為、権利または物に何らかの欠陥・欠点のあること

となっています。

なんとなく意味が分かったかもしれませんが、さらに、不動産における瑕疵とはどういうことを指すのか、みてみましょう。

不動産における瑕疵の種類

不動さんにおいて、瑕疵とは、欠陥がある物件のことで、事故物件、とも呼ばれます。

瑕疵の種類には、物理的瑕疵、法律的瑕疵、心理的瑕疵があります。

物理的瑕疵

雨漏り、白アリ、耐震強度不足、土壌汚染など、建物や土地になんらかの物理的な不具合がある。

法律的瑕疵

建物が建築基準法を満たしていない、法律で建築制限が課されている地域に住宅が建ってしまっている、など、法律的な問題がある。

心理的瑕疵

過去にその物件で自殺・病死・殺人事件があったなど、心理的に住み心地を欠いている場合。

ふrいずれの瑕疵も、告知義務があり、賃貸や売買の契約前に、売り主や貸し主は顧客に対してそのことを知らせなければなりません。

ところが、心理的瑕疵は、ほかの瑕疵と比べて告知されず、隠されているケースが多くあると言います。

なぜでしょうか?

心理的瑕疵が隠されていることが多い理由

それは、心理的瑕疵は、黙っていればわからないことだからです。

物理的瑕疵は、建物をよく調べればわかりますし、法律的瑕疵は、役所などで調べれば判明するでしょう。

しかし、心理的瑕疵はどうでしょうか。

過去にその物件でだれかが変死していても、きれいに改装されていれば、あとかたもありません。

殺人事件が起きていても、大きく報道されていなければ、知られていません。

それに、心理的瑕疵について表示すると、なかなか借り手や買い手がつかないため、隠されていることが多いのです。

心理的瑕疵物件の見分け方

入居してから心理的瑕疵について知ると、気持ちの悪いものです。

売り主・大家さんへのクレームや、場合によっては訴訟をしなければいけなくなるなど…考えたくもありませんね。

そうならないために、入居前に心理的瑕疵を見分ける、良い方法はあるのでしょうか。

これという確実な方法はないですが、ヒントになる方法はいくつかあります。

家賃・販売価格が相場より極端に安い

周囲の同じような物件とくらべて、極端に安い家賃・販売価格だった場合、その理由をしっかりと聞くことが必要です。

安い理由がはっきりしており、その理由が納得できればよいのですが、はっきりした理由なく極端に安い場合は、心理的瑕疵が疑われます。

一部だけリフォームされている

まえの居住者が変死し、長期間発見されなかったような場合は、その部屋が大変な状態になります。

家の中の一部屋だけリフォームがされている、一部だけ畳が入れ替えられているなど、不自然に感じたら、心理的瑕疵の可能性ありです。

マンションやアパートなどの建物名を変えている

事件があったマンションやアパートは、イメージチェンジのため、建物名を変えることがあります。

共用部分をよく観察すると、前の建物名が残っていたり、インターネットの地図上の名前と異なったりすると、建物名を変えたことがわかります。

大切なのは、契約前にしっかりと聞くこと

もちろん、上記のようなことがあれば、必ず心理的瑕疵物件だ、とはかぎりません。

しかし、何か不自然だと感じたら、売り主・大家・不動産業者に、しっかりと聞くことが大切です。

こちらから、「これはいわゆる心理的瑕疵物件ではないですか」「だれかが亡くなったり、過去に事件が起きたりしていませんか」と聞くのは勇気がいりますが、突っ込んで聞くと「実は…」と教えてくれることもあります。

なにより、心理的瑕疵について聞かずに契約して、あとから知ると、後味が悪いばかりか、聞かなかったことが補償にも影響する可能性がありますので、後悔しないようしっかりと質問しておきましょう。

心理的瑕疵物件はオトク?

もちろん、心理的瑕疵というのは、個人差が大きく、その内容によっては、気にならない人もいます。

以前になにかあったといっても、もう何年も前の話かもしれません。

心理的瑕疵がある物件というのは、借り手・買い手がなかなかつかないため、大抵値段を大幅に下げています。

ですから、怖がらずに聞いてみて、自分が住むうえで気にならないと思えば、オトクな物件といえるかもしれません。

予算が限られている場合、あえて心理的瑕疵ありと表示されている物件を、ねらってさがす人もいます。

心理的瑕疵について、まとめ

・心理的瑕疵(かし)物件とは、過去に自殺・病死・殺人事件などがあった物件。

・値段が極端に安い、一部だけリフォームされている、建物名が変わっている、といった場合、心理的瑕疵物件の可能性がある。

・後悔しないよう、契約前に心理的瑕疵がないかどうか、しっかりと聞くこと。

・心理的瑕疵があることを知ったうえで、気にならないなら、オトクな場合もある。

ということでした。

みなさんの家さがしの参考にされてくださいね~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク