• このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイ旅行の時差ぼけでグズる子供の対処法。楽しい家族のハワイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイ大好き! 年に一度のハワイ旅行が待ちきれない!

でも、そんな私でも、時差ボケだけは勘弁。

ましてや、家族で行くハワイ旅行は、時差ボケした子供がグズるのが一番、悩みなんです。

なんか、いい方法ないかしら…って、ハワイ旅行のベテランとして、何度か実験して見出したのが、今回の時差ボケ解消法;子供編。

子連れでハワイ旅行に行くときの、子供の時差ぼけへの対策方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ハワイ旅行の時差ボケ:日本とハワイの時差は何時間?

さて、日本とハワイの時間差はどれくらいあるのでしょうか?

調べると、「マイナス19時間の差」と出てくるのですが、それだとなんだか、よくわからないという方が多いと思います。

それって、わかりやすく言えば、「5時間の差」とも言えるんです。

え、どういうこと?と思いますよね?

もし日本が朝の5時とすると、ハワイは朝の10時ということになります。

時差は、表面的には5時間。

だけど、日付はひとつ、戻って前の日になるのです。

もし日本が1月2日の朝の5時だとすると、ハワイはまだ元旦の朝の10時ということです。

つまり、19時間、逆戻りした計算なんですね。

でも、マイナス19時間するのって、計算が面倒くさいですよね。

だから、日本の時間に5を足すと、ハワイの時間。

ハワイの時間から5を引くと、日本の時間。

で、日付はひとつ前の日に戻す。

そんな風に考えると、わかりやすいです。

ハワイ旅行で時差ぼけしてしまう原因と症状

5時間って、たいしたことがなさそうですけど、でも、普段、規則正しい生活をしている人ほど、時差ボケはたいへん。

子供は、眠りのリズムも強いし、そもそもいつも決まった時間に、しかも長く寝るじゃないですか。

だから、どうしたって時差ぼけしやすいんです。

大人よりも子供は規則的に就寝し、起床しますよね。

そこが、大いにポイントなんです。

日本からハワイに向かう時間帯は、だいたい夜の19~22時頃です。

ハワイに到着する時間帯は、朝の6~8時頃になります。

機内ではどうでしょうか。

夜、出発して、1時間後くらいに軽食が運ばれてきます。

もう、すでに子供にとっては遅い時間になりつつあるので、気持ち良い軽い揺れに伴って、ぐっすり寝始めている子供もいたりします。

でも、軽食が来ると、つい起きてしまう。

一度、起きると、今度はなかなか寝付けなくて、ぐずり始めたり…

そんなときに親が無理に食べさせるのは、逆効果。

子供にとっては軽食に見えても、ガッツリだったりもして、寝起きにいきなり食べろと言われても、もう夜も遅いし、無理なんです。

あるいは、慣れない機内に興奮して、眠れない子供もいるかもしれません。

それはもっと良くないですね。

揺れや騒音、無理な体制で長時間座っていることで十分に休めないままに到着し、早朝なのに、無理やり起こされます。

到着後はすぐに入国審査に並びます。

こないだは、ピークの年末年始をはずして、1月の終わり頃に行ったので、人が少ないと思っていたのですが大間違い!

長蛇の列でした…。

フライトの疲れや、睡眠不足による頭痛がでている状態で、この長蛇の列に並んで待っていなければいけないのは、大人でも結構しんどいです。

子供なら、尚更のことですね。

子供に実践して成功した3つの時差ぼけ解消法!

子供のがもっと大きくなるまで、ハワイ旅行は控えなくてはいけないの?と思ったけれど、そんなことしたら、禁断症状が出て、ダメになっちゃう私(笑)。

だから、必死に調べて、実験して、試しましたよ!

ハワイ旅行の時差ボケで、子供が悩まされずにすむ方法。

いろいろ試したのですが、以下の3つが、とくにオススメです!

ホテルにチェックイン後、少し明るくして仮眠をとる

午後3時くらいになると、ホテルにチェックインできるようになりますが、その後、部屋で子供に仮眠を取らせましょう。

がっつりと寝かせてしまうと、そのまま夜まで寝て、真夜中に起きたりして、逆効果です。

ここでは、疲れを少し取るための、「昼寝」。

だから、薄いカーテンだけを締めた状態で、光を遮りすぎず、普段の昼寝状態を演出します。

眠い状態で遊ばせたところで、身体が追いつきません。

ぐずって、不機嫌な子供といても、あなたも楽しくありませんよね。

ここでは、親子そろって、数時間だけ、さくっと休んでみるといいと思います。

バスツアーで仮眠をとる

午後のチェックインまで、身体が持たない! ぐずって、持て余しちゃう!

そんな方には、バスツアーを利用して、移動中に座席でたっぷりと寝かせるのがおすすめです。

変に高ぶって元気な子供も、乗り物に乗ってユラユラ揺れると、眠気が増してきたりするものです。

涼しい車内は、実は快適そのもの。

短時間の移動は、ぐっすり寝すぎず、疲れだけをサクッと取れるので、ちょうどいいんです。

寝ている間に、素敵な自然の中をドライブ。

元気なお父さん、お母さんは、景色を楽しみ、目的地に着いたら、休んで元気になった子供と一緒に、目一杯遊びましょう~。

出発前に腕時計をハワイ時間に変更する

幼稚園に入る頃には、結構、しっかりしてきたウチの子。

だんだんと、うまく言いくるめて寝かせるってことも、しにくくなったんですよね。

そこで考えたのが、このアイディア。

大人の一員として、時間管理をしようね、飛行機までの時間、見ててくれる?と頼んで、子供用の腕時計をさせます。

それを、すべてハワイ時間にしてしまうのです。

「ねえ、今、ハワイは何時?」

「うーんと、あ、もう夜の10時だよ」

「えー、じゃあそろそろ寝なくちゃね」

そんな感じで、待合室で仮眠を取らせてしまったり、飛行機に乗って、落ち着いた瞬間に、毛布をかけて熟睡体制に。

その前にもちろん夜食は済ませて、お腹いっぱいにさせておきましたよ~。

軽食も要らないと、あらかじめCAさんにお願いしておいたので、うるさくもなく、ぐっすり眠っていました。

起きたら、ハワイの朝。

本当は日本の夜明け前なのに、子供はハワイ時間で生活開始。

時計をもたせるだけで、旅行中、不思議とうまくいったんですよねえ。

まとめ

時差ぼけの対策としては、とにかく眠い時は眠らせること。

疲れてグズるのが、一番、家族の楽しみを奪います。

できるだけたくさんのものを経験させたい、と頑張るのは、親のエゴってものです。

そして、疲れを取ったら、できるだけハワイの時間帯になれるように行動すること。

日を浴びて、外に出て、おいしい空気をたっぷりと吸って。

それでは、楽しいハワイ旅行にいってらっしゃい~♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク