• このエントリーをはてなブックマークに追加

シミとそばかすはどう違う?できる原因、消す・目立たなくする方法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の大敵、お肌にできるシミとそばかす。

一度できるとなかなか消えず、本当に困ります。

ところで、シミとそばかすは、どう違うのでしょうか?

なぜできてしまうのでしょうね?

予防策や、消す方法はあるのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク

シミとそばかすの違い

シミは、医学的には色素班と呼ばれます。

黒や茶色の、ポツポツとしたスポット状のものもあれば、ある程度の範囲にだ円形にできるものもあり、また広範囲にスポットが点在する場合もあります。

そばかすは、医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、スポット状の斑点であることが多く、上の写真の子のように、鼻の周りやほほに出やすいものです。

あの、「そばかす なんて 気~にし~ないわ♪」の主題歌で有名な少女マンガ、キャンディキャンディの、ほほにあるようなポツポツですね。

ただ、どちらも似た形をしているので、形だけで明確に「シミ」なのか「そばかす」なのか、違いを見定めることはできません。

シミとそばかす、その違いは、形ではなく、できる原因にありました。

シミ・そばかすができる原因

シミができる原因、それは、「色素班」という名の通り、肌の中に色素が集まって斑点になってしまったものです。

何の色素かというと、これは「メラニン」という黒い色素です。

そう、髪の毛や、ひとみの黒を作りだしている色素として、有名ですね。

メラニン色素自体は悪いものではなく、紫外線から肌を守るために産出される大切なものです。

ところが、肌が大量の紫外線を浴びると、肌の最下層にある“メラノサイト”という、メラニン色素を生み出す組織が、暴走し、多量のメラニンを放出してしまいます。

そのように、多量のメラニンが生み出されても、若いうちはターンオーバーといって、皮ふの細胞がひんぱんに生まれ変わっているため、シミになることはあまりありません。

しかし、年齢とともに、ターンオーバーのサイクルが遅くなってくると、メラニンがすぐに蓄積されてしまい、シミになってしまう、というわけです。

対して、そばかすができる要因は、遺伝的なものだと言われています。

シミが、30代を過ぎてから、出やすくなるのと対照的に、そばかすは幼少期に現れ、10代の思春期で濃くなり、大人になると徐々にうすくなっていく、という違いがあります。

とはいえ、そばかすもシミと同様に、メラニン色素が原因ですので、紫外線を浴びるとより濃く、目立つようになってしまいます。

シミ・そばかすの予防法

では、どうすれば予防できるのでしょうか?

キーポイントは2つ、紫外線と、ターンオーバーです。

・紫外線を防ぐ

メラニン色素を多量に算出させる原因は、紫外線ですから、それをなるべく減らす工夫が必要です。

外出時は帽子や傘、サンバイザーなどで肌に直射日光があたらないようにする

サンスクリーン(日焼け止め)を使用する

といった工夫をしましょう。

紫外線が強いのは夏場、というイメージがあるかもしれませんが、実際には4、5月ごろが一番強くなります。

それに、冬場や曇天であっても、紫外線は常に放出されていますので、外出時の紫外線対策は、季節にかかわらず怠らないように。

・ターンオーバーを促す

できてしまったメラニン色素を排出するには、お肌のターンオーバー、すなわち生まれ変わりが必要です。

早寝早起きなど、規則正しい生活を送る

暴飲暴食をしない

適度な運動を定期的に

といった心がけで、お肌のターンオーバーを促進しましょう。

シミ・そばかすができてしまったら・・・

気を付けていても、シミ・そばかすができてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

まず真っ先に思いつく方法は、メイクで目立たなくすることですね。

肌に密着する、クリームタイプのファンデーションを使ったり、シミ・そばかすの部分に、コンシーラーを使って隠せます。

しかし、すっぴんのお肌から、シミ・そばかすを消す方法は、あるのでしょうか?

シミ・そばかすを消す!

シミ・そばかすを消すには、長期的な方法と短期的な方法があります。

長期的な方法としては、食事療法です。

メラニンの抑制や、ターンオーバーの促進に効果があると言われている、ビタミンC・Eやコラーゲン、L-システインが含まれた、以下のような食品を積極的にとりましょう。

・ビタミンC:レモン、グレープフルーツ、小松菜、いちご etc

・ビタミンE:ナッツ類、うなぎ、たらこ、アボカド etc

・コラーゲン:鳥軟骨、手羽先、フカヒレ、もつ etc

・L-システイン:大豆、はちみつ、牛肉、さけ etc

また、薬局で、シミ・そばかすに効果があると言われている、塗り薬や飲み薬も販売されていますので、それらを気長に試してみる方法もあります。

ただし、薬に関しては個人差があり、効果的な人もいれば、なかなか実感できない場合もあるようです。

短期的な方法としては、外科治療です。

美容外科で、レーザー療法ないし、光療法を受けると、比較的短期間でシミ・そばかすを消せる場合があります。

しかしこれも、個人差があり、また治療費は高額になりますので、そのような治療を受けるかどうかは、十分にカウンセリングを受けて、納得のうえで決めてください。

予防に勝る治療なし!

まとめますと、

・シミとそばかすの違いは、その形ではなく、出来る原因にある

・シミの原因は、紫外線によるメラニン色素の過剰生成

・そばかすの原因は、遺伝によるもので、大人になると消える

・シミの予防は、紫外線対策と規則正しい生活

・シミを隠すには、クリームタイプのファンデーションやコンシーラーを使う

・外科治療でシミを消せるが、受ける場合は慎重に

ということでした。

一度できてしまったシミを消すのは大変ですので、普段からの心がけでしっかり予防しておきましょう。

まさに「予防に勝る治療なし!」です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク