• このエントリーをはてなブックマークに追加

蝋梅(ロウバイ)の香りでアロマ効果。秩父宝登山で花を愛でる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロウバイという花がこの時期、人気です。

可愛らしい黄色い花に加えて、甘い香りが魅力です。

アロマオイルになったりもしていますよね。

このロウバイという花は、埼玉県秩父にある「長瀞ロウバイ園」で楽しむことができます。

現在、黄色いきれいな花が見頃を迎えています。

ロウバイの花の魅力をたっぷりと紹介しましょう。

スポンサーリンク

ロウバイの花とは?

ロウバイは、中国原産の落葉低木です。梅の花に似ていますが、ロウバイ科ロウバイ属の植物です。

半透明のロウ細工のようなツヤをした黄色い花を咲かせます。

高さは2〜3メートルで、ほぼどんな土壌でもよく育ち、日陰のところでも開花する寒さに強い丈夫な花木です。

花に派手さはありませんが、12月から2月の冬の時期に、香り高い小さな可愛らしい花を咲かせ多くの人々の目を楽しませてくれます。

中国から日本に渡ったのはいつ?

ロウバイは、江戸時代の始めごろに日本に渡ったとされています。

春が訪れる前に咲く良い香りの花が好まれ、庭木や生け花、茶席に生ける茶花として親しまれてきたそうです。

また原産地の中国では、ウメ、ツバキ、スイセンとともに「雪中の四花」と呼ばれ大事にされているそうですよ。

季語としてのロウバイ

ロウバイは昔から日本の文化にも親しまれており、臘梅(ロウバイ)の花の名は、晩冬(小寒から立春の前日)の季語にもなっています。

『臘梅や枝まばらなる時雨ぞら』 芥川龍之介「澄江堂句集」

『臘梅や水に入る巌うつくしき』 長谷川櫂「天球」

など、多くの有名な歌人が詠んでいます。

ロウバイの花言葉は?

ロウバイの花言葉は、慈愛・慈悲心・ゆかしさ・慈しみ、などがあります。

その花言葉の由来は、寒い冬に、そっと花をさかせる控えめで、つつましやかなロウバイの姿をあらわしたとされています。

薬としてのロウバイ

ロウバイの花やつぼみから抽出した「臘梅油(ろうばいゆ)」は、古くから薬としても用いられてきました。

やけどや解熱、鎮痛などの症状に効果があるとされているそうです。

香りを楽しむロウバイ

ロウバイは香り高く、花が咲いている期間も長いのが特徴です。

そのため切り花として部屋や玄関などに生けておくだけで、長期間、良い香りが楽しめます。

自然の花の香りに出迎えられたお客さまも喜ばれると思いますよ。

ロウバイの香水

フルーティーで甘い香りのロウバイの香水は、ユニセックスで使えると人気です。

1月の誕生花でもあるので、誕生日のプレゼントに贈るのもオシャレですね。

ロウバイのアロマオイル

「シネオール」「ボルネオール」「リナロール」が、ロウバイのアロマオイルといわれるものです。

鎮静作用や精神安定剤などに良いとされているそうです。

またお部屋を良い香りに包むのはもちろん、空気清浄として使うのもおすすめなのだそうですよ。

「宝登山」でロウバイを愛でる

美しいロウバイが楽しめるのは、埼玉県秩父郡長瀞にある「宝登山ロウバイ園」です。

関東最大級とされるロウバイ園で、見ごろとなる12月下旬から2月下旬ごろには、1万5千平方メートルの広大な敷地に、3種類約3000本のロウバイが咲き誇ります。

関東一のロケーション

宝登山は標高497m、その山頂一帯にロウバイが咲き乱れます。

眼下に広がる秩父の街並みや、秩父のシンボルとされる「武甲山」や鋸状の山容をした「両神山」などの山々などが見渡せる関東一のロケーションともいわれています。

また山頂にはしだれ梅園もあって、黄色い花のロウバイと、澄み切った冬の青空との美しい共演を楽しむことができます。

宝登山ロウバイ園への交通アクセス

宝登山ロウバイ園へは、秩父鉄道長瀞駅からハイキングコースで60分ほどです。

山頂まで、ロープウエイを使うこともできます。

その際は、長瀞駅の駐車場に車を停めて、無料シャトルバスでロープウエイ山麓駅まで行ってロープウエイに乗るのがオススメです。

所要時間は約15分ほどです。

・ロープウエイ料金は、大人480円、子供240円/片道

・山麓駅駐車場料金は、普通車500円

長瀞ロウバイまつり

ロウバイが満開の時期には毎年、ロウバイまつりが開催されているようです。

観賞ハイキングや、湯茶のサービス、ロウバイの香水販売などさまざまな楽しいイベントが催されています。

ちなみに2018年は1月13日から2月22日に行われました。

まとめ

ロウバイは、イギリスでは「Winter Sweet」と呼ばれているそうです。

それを聞いただけで、甘く濃厚な良い香りがイメージできますね。

甘い香りに包まれた宝登山の山頂を、黄色の花いっぱいに染められた絶景をぜひ見てみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク