• このエントリーをはてなブックマークに追加

栗名月、芋名月、豆名月いろいろあるけど、どんな意味?いつのこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栗名月、芋名月、豆名月。日本には古くからいろいろな呼び名の名月があります。

でも、それが何のことで、それぞれいつの時期なのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。

その言葉の由来や、来年はそれぞれいつなのかなどもあわせて、説明していきますね。

スポンサーリンク

栗名月・豆名月とは?

まずは栗名月(くりめいげつ)・豆名月(まめめいげつ)から説明しますね。

栗名月・豆名月は、十三夜(じゅうさんや)とも呼ばれていて、旧暦の9月13日に行う、お月見のことをいいます。

新暦でいうと10月ごろになるのですが、この時期に収穫される栗や枝豆をお供えすることから、栗名月、または豆名月と呼ばれるようになったようです。

栗名月・豆名月の由来は?

栗名月・豆名月は、日本発祥の行事で古くから大切にされてきました。

その始まりは、延喜19(919)年に、宇多天皇が、9月13日にも観月の宴を行ったという説や、平安時代に月見の宴を宮中行事として行った説、中秋の名月が喪に服す時期だったため時期をずらしてお月見を行った説、秋の収穫祭の一つなど、諸説はいろいろあるようです。

しかし十三夜の月は、十五夜にも劣らないほど美しい月とされてきました。

栗名月・豆名月はいつ?

栗名月・豆名月は、その年によって日付が変わります。

2017年は11月1日でした。

次は、

2018年は10月21日

2019年は10月11日

2020年は10月29日

となります。

お月見といえば、十五夜の中秋の名月が広く知られています。

しかし十五日の夜は、すっきりと晴れた夜空でないことが多いのですが、「十三夜に曇りなし」という言葉もあるように、十三夜の夜は月が見える年が多いとされています。

芋名月とは?

芋名月は、旧暦の8月15日のお月見のことです。

日本では、月でウサギが餅をついている絵で有名な十五夜(中秋の名月)と呼ばれることが多いですね。

この時期は芋の収穫時期ということから、芋名月と名付けられたそうです。

芋名月はいつ?

旧暦では7月から9月までが秋の季節とされていて、その真ん中の日にあたる8月15日が、中秋となったようです。

この中秋の名月は、満月のことを意味しますが、しかし現代の暦では、ほぼ満月と一致する年はないそうなんです。

芋名月もその年によって日付が変わります。2017年は10月4日でした。

2018年は9月24日

2019年は9月13日

2020年は10月1日

2021年は9月21日 

この年が満月と一致します。

芋名月の由来は?

芋名月は、もともと中国から伝わった行事です。

日本には平安時代ごろに渡ったとされています。

韓国や香港、台湾などにも十五夜という行事は広まっているそうですよ。

栗名月・豆名月・芋名月では何をするの?

十三夜の栗名月・豆名月も、十五夜の芋名月も、月の神さまへ収穫の感謝と翌年の豊作を祈願します。

そのためお供え物は、栗名月・豆名月には栗や枝豆を、芋名月ではサトイモやサツマイモ、枝豆、栗など秋の農産物をお供えします。

そして美しいお月さまを眺めて楽しむのが日本の習わしになっています。

また秋の七草などをお供えする地域や、関西の一部の地域では、月見団子とサトイモを一緒に煮て食べる地域もあるようです。

ススキと月見団をお供えするのはなぜ?

栗名月・豆名月、芋名月も収穫物のほかに、共通してススキや月見団子を供えることが多いですよね。

その理由がそれぞれにありました。

日本の農作物の代表格といえばお米ですよね。

お月見の時期にはお米が収穫できていないため、稲穂に似ているススキを新米の代わりとしてお供えしたといわれているようです。

また、月の神さまに供えたススキを、家の軒先にさげておくと、一年間の厄除けや無病息災などのご利益があるとも言われています。

月見団子は、米の粉で作った団子を供えたのが、月見団子のはじまりとされています。

月の神さまに供えた団子をいただくことで、一年間、健康で幸せに暮らせると信じられていたようです。

片見月とは?(豆知識)

十五夜も十三夜も、昔から大切にされてきたお月見行事です。

片方だけのお月見は「方見月」または「方月見」などと言われており、縁起が悪いとされることもあるそうです。

まとめ

なんとなく耳にしていた、栗名月、芋名月、豆名月の意味が分かってすっきりしました。

月見といえば、お月さまを眺める行事かと思っていましたが、収穫を祈願するものだったんですね。

それを知れば栗名月、芋名月、豆名月の由来に納得ですね。

今年は、十三夜と十五夜のお月見を楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク