• このエントリーをはてなブックマークに追加

20歳になったらできることって何? 税金、年金、義務も発生?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成人を迎えたばかりの方、これから成人を迎える方、20歳になったら、あんなことも、こんなこともできる! と心待ちにしているのではないでしょうか。

そうなんです、20歳になると世間では大人とみなされ、10代では禁止されていたいろいろなことが、できるようになるんです。

今回は、20歳になったらできること、20歳になったら変わること、そしてやらなくてはいけないこと、などを紹介していきます。

スポンサーリンク

20歳=成人とは?

日本では、民法第4条の「年齢二十歳をもって、成年とする」という規定があり、20歳以上を成人、成年、つまり大人として定めています。

世界的には18歳成人が多い?

成人年齢の定義は、世界各国によって異なるので、20歳が成人というのは日本独自のルールです。

例えば、日本のお隣の韓国は19歳。

イギリス、イタリア、オーストラリア、中国、ドイツなどは成人年齢を18歳としています。

アメリカでは、州ごとに規定があってその多くは18歳ですが、19歳や21歳を成人とする州もあるようです。

日本では2016年に、選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

これに続き、成人年齢も18歳へ、という声が上がっています。

20歳になったらできることって何があるの?

では20歳になったらできることを上げていきましょう。

お酒が飲めるようになる

20歳になったらできることで最初に思い付くのは、お酒と言う人も多いのではないでしょうか。

未成年は法律で禁止されていたアルコールが、20歳の誕生日を迎えると、飲むことができるようになります。

そのため成人式でお酒の席を設けることも多いのですが、早生まれの方たちはまだ19歳なんですよね。

成人式を迎えてもまだ未成年ということをお忘れなく!

タバコが吸えるようになる

タバコも未成年は法律で禁止されている行為です。20歳になったからタバコをカッコよく吸ってみたいという方たちも、自身の健康をよく考えて喫煙を。近年は世界的な禁煙ブームで、日本もまた喫煙できる場所が少なくなってきているのが現状です。

競馬・競輪・競艇・オートレースなどのギャンブルができる

公営ギャンブルといわれる、競馬や自転車レースの競輪、モーターボートの競艇、オートバイレースのオートレースの4つに参加できます。

つまり、レースの投票権、馬券や舟券を購入することができるのです。

ギャンブルはのめり込み過ぎず、ほどほどに楽しみましょう。

親の同意がなくても契約できる

ローンの契約や、マンションやアパートなどの賃貸契約、会社の設立行為など、親(代理人)の同意がなくても契約できるようになります。

20歳の重みを実感します。

親の同意がなくても結婚できる

日本では女性が16歳、男性が18歳で結婚できますが、必ず親の同意が必要です。

もし同意なしに婚姻届を出した場合は、親が取り消すことも可能です。

しかし20歳になると、親の同意なしに、2人の意思によって結婚することができるのです。

10年のパスポートがつくれる

パスポートは5年と10年の有効期限のものがありますが、未成年は5年のパスポートしかつくれません。

20歳になると10年のパスポートが申請できます。

免許や資格が取得できる

自動二輪は16歳から、自動車は18歳からですが、20歳になると中型自動車免許が取得できます。

中型自動車免許があると、4トントラックやマイクロバスが運転できるようになるので、トラックを使った仕事や、スクールバス、ホテルや旅館などの送迎バスなどの運転手ができます。

また一等航空整備士、鉄道車両の操縦免許、商業施設士などの資格も取得できるので、社会人として活躍の幅も広がりますね。

裁判員に選ばれるかも?

20歳になると、裁判員裁判の裁判員に選ばれる可能性があります。

裁判員制度は、抽選で無作為に選ばれた裁判員が、裁判官と一緒に刑事裁判で、被告人を有罪か無罪かを決定し、また有罪であればどのような刑にするべきかを判定していくことです。

国民年金の加入義務があります

大学生や専門学生でも20歳になったら、国民年金の加入義務が発生します。

保険料は皆同じで、年ごとに決まります。

ちなみに2018(平成30)年は月額16,340円、19年(平成31)年は16,410円です。

すでに社会人になっていて、厚生年金保険や、共済組合に加入している場合、またその配偶者に扶養されている方は関係ありません。

年金を毎月支払えないという学生の場合は、納付特例制度があります。

この制度は納付を猶予してくれるもので、申請することで、加入していることになります。

保険料が支払えない場合は必ず、利用しましょう。

20歳は刑法で裁かれ、実名報道される

罪を犯した場合、19歳までは少年法で裁かれ、少年Aなどとして報道されます。

20歳になれば成人扱いです。

同じ罪でも刑法で裁かれ、テレビや新聞などのマスコミでも実名が出されてしまいます。

まとめ

20歳になると、たくさんあった縛りがなくなり、自由が得られます。

楽しいこともたくさんあります。

しかし、国民としての義務や責任も課せられます。

大人になることを自覚して、いろいろなことに挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク