• このエントリーをはてなブックマークに追加

下半身デブのパンツスーツはNG? ぽっちゃり体型隠すコーデの工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て中のママをはじめ、女性のパンツスーツは人気です。

動きやすくて、しゃがんだりかがんだりしても気にならないし、またパンツスーツをすらりと着こなす女性は、アクティブな印象があって「できる女」に見られるそうですよ。

でも、やや太めの方の場合は、気になる体型を目立たせることにもなり兼ねません。

パンツスーツをすっきり着こなすコーデのヒントをご紹介します。

スポンサーリンク

女性用パンツスーツっていつからあるの?

女性用のパンツスーツは、第一次世界大戦中(1914年〜1918年)にイギリスで使用されていたそうです。

ドイツ出身のハリウッド女優、マレーネ・ディートリヒが1930年代ごろに着用したとされていて、1960年代ごろから一般的に広まったといわれています。

既製服として女性のパンツスーツを初めて販売したのは、1966年のイヴ・サンローランとされています。

このサンローランのパンツスーツは、マレーネ・ディートリヒ主演の映画「モロッコ」からインスパイアされたそう。

劇中では黒のタキシードに、シルクハットをかぶったマレーネ・ディートリヒの姿が、当時としては、男性のような服装をする女性の存在が、世の中に大きな衝撃を与えたようです。

女性がパンツスーツを着用すると違反になる?

世界のファッションの中心地と名高いフランス・パリですが、実は、2013年まで、女性がズボンをはくとことができませんでした。

当時は条例違反になったそうです。その頃すでにパンツスーツを着こなしていたマレーネ・ディートリヒですが、パリに入る際に、男性用の服を着続けるならば逮捕するとパリの警察官に警告されたのです。

しかし彼女は、決して女性用の服に着替えることなく、パリ滞在中は男性用のファッションで過ごしたという伝説があります。

自分を貫いた強くてステキな女性ですね。

男女平等の社会といわれる今の時代を生きる人たちにも共感される偉大な人物です。

パンツスーツのメリット・デメリット

パンツスーツの歴史を知ると、ますますステキに着こなしたくなりますね。

パンツスーツはスカートよりも動きやすいというメリットの他にも、カッコいい女性を演出できると人気が高いです。

近年の就職活動でもパンツスーツを選ぶ学生さんが多いそうですよ。

面接官にデキル女性、アクティブなイメージを見せたいという理由から、パンツスーツが人気のようですね。

逆に、パンツスーツのデメリットで多く聞くのは、身体のラインが丸出しになるということ。

おしりや太もものラインが出て気になる、下半身デブが強調されるなど、体型によるものばかりです。

よほどスタイルの良い人じゃないと自信を持って着こなせないのが分かりますね。

パンツスーツの上手な着こなし方

では、下半身がぽっちゃりの方でもカッコよくステキにパンツスーツを着こなすコツをご紹介します。

パンツのデザイン選び

パンツスーツは、パンツのデザインが豊富にあります。

下半身がぽっちゃりの方は、ワイドパンツやテーパードパンツを選びましょう。

ストレートタイプよりも断然、細く見えます。

最近流行のワイドパンツは自分のウエストに合わせ選んでも、太ももやヒップが太めに作られているので、体型に合ったスーツを着こなせますよ。

ウエストはぴったりだけど、太ももとおしりがピチピチ、なんてことはほとんどありません。

足首に向かって細くなっていくテーパードパンツも、太ももとヒップ部分が太めに作られているのでオススメです。

テーパードパンツはパンツスーツでは定番のデザインなので、流行に左右されず長く使えるアイテムです。

ブランド店や専門店でなくても、一般的に取り扱っているので購入しやすいですね。

細く見えるパンツの丈は?

足が細く見えるパンツの丈は、短めがグッド。

くるぶしが見えるくらいがオススメです。

美脚効果もあるそうです。

細く見える色選び

パンツスーツは黒やグレー、紺色などの暗い色を選ぶことが多くなりますね。

その場合は、ジャケットの中に着るトップスを白やピンク、水色などの明るい色にすることで、全体的にメリハリが出てすっきりと見えます。

また視線が上半身に集まるので、下半身が気にならなくなります。

細く見えるジャケット選び

ジャケットは七部丈や、長袖をまくって、手首を出すことが細く見えるポイントです。

身体の部分でも手首や、足首、首、鎖骨など、華奢なところを出すと全体的に細く見える効果があるんですよ。

また、ジャケットを明るい色にすることも細く見えるコツです。

パンツは黒や紺色で引き締めて、ジャケットはグレーや白といった優しい色合いでコーディネートすると、下半身をより細く見せてくれる効果があります。

太いベルトでさらに細見え効果

ジャケットを脱いだ時に、パンツにブラウスを入れたお腹周りが気になるという方は、太いベルトがオススメですよ。

お腹周りはもちろん、全体的に細く華奢な印象になって、スッキリとします。

まとめ

気になる下半身のラインがくっきり見えるパンツスーツも、選び方一つで、コンプレックスをうまくカバーできますね。

今まで躊躇していた方も、今年はぜひ挑戦してみてくださいね。

パンツスタイルをカッコよく着こなして、街をさっそうと闊歩しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク