• このエントリーをはてなブックマークに追加

モロヘイヤがベランダで簡単に栽培できるプランター菜園の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、スーパーでモロヘイヤを見かけ、早速買ってしまいました。

大好きなんです!あのネバネバ具合がたまりません。

夏バテして食欲がないときにも食べやすいモロヘイヤ。毎年かなりの頻度でお世話になっています。

そんな話を実家でしていたところ、母が「じゃあ、自分で育てちゃえば?」と。

母は土いじりが好きでお花から野菜、果物まで家庭菜園で育ててきたベテランなのです。

そんなベテランの母から「教えてあげるから」とありがたいお言葉を頂戴しました。

心強い味方のもと、美味しいモロヘイヤのため、基本的なことから手取り足取り教えてもらってきました!

スポンサーリンク

モロヘイヤが簡単にプランターで栽培できるの?

北アフリカやエジプト原産。なので、暑さや乾燥に強く、寒さに弱いとのこと。

適温は25~30℃なので日本の夏には適しています。

6~9月の日照時間が長いうちは良く育ちます。

ちょうど25℃以上が保たれる今頃から育てると生育も早いんですって。

害虫の心配もあんまりないとか。

ベランダ栽培初心者が挑戦するにはありがたい野菜ですね。

栄養は緑黄色野菜に分類され、ビタミン、ミネラル類を豊富に含みます。

汗で失われがちなミネラル類が補給できるのが嬉しいところ。

そしてあのネバネバ成分は「ムチン」といって、胃や消化器官の粘膜を保護してくれます。

夏の弱りがちな胃腸に心強い野菜です!

調理法は、シンプルなお浸しから炒め物、グリーンスムージーに入れるのも人気ですね。

私は、茹でたモロヘイヤを刻んでそうめんのつゆに入れるのが大好きです!

のどごしが良いので食欲がないときでも食べやすく、また、偏りがちな栄養も補えるのでオススメです!

とにかく収穫量が期待できそうなので、いろいろ楽しめそうです。

モロヘイヤのプランター栽培に用意するものは?

ベランダ栽培にまず最初に必要なものはこの3つだけ!

なんか、大げさではなくて、うれしいし、私でもできそう~って気になりますね~。

ホームセンターで「野菜用の土」が売っていました。

これはその名の通り、野菜の栽培に適した土と肥料が配合された土。

プランターに入れるだけで野菜を育てる土壌ができ上がるという!なんとも便利なものですね。

庭や畑の土があるのなら、腐葉土や化成肥料を混ぜて使いましょう。

プランターまたは鉢

モロヘイヤは成長すると背が高くなるので、少し深めのものを選びましょう。

30cm間隔で植えるので、60㎝位のプランターに2~3株くらい、または8号の鉢に1株で植えるのがちょうど良いとアドバイスをいただきました。

ちなみに8号(直径24cm)の植木鉢だと必要になる土の量は5.1リットル。

ホームセンターで5リットル入りの土を見かけたので、手軽に始めるにはちょうど良いサイズですね。

種、苗

種も苗もホームセンターなどで手に入れることができます。

通販も便利ですね。

【健康野菜】モロヘイヤ苗 9cmポット 赤毛農園の直売所 野菜苗販売

1,2株なら苗を買うのがお手軽です。

種から育てる場合、芽が出てしばらくの小さいうちは弱いので、少し成長するまでは室内など外敵の少ないところで育てると良いと教わりました。

とはいえ神経質にならず、家の中の日当たりのいい場所くらいで良いようです。

小さい頃だけ少し気を付けてあげれば、あとは元気に育ちます。

モロヘイヤのプランター栽培、お手入れはたいへん?

モロヘイヤは発芽から収穫までがとても早いとのこと。

採らないとどんどん生えてくるんですって!

それは楽しみですね!

モロヘイヤを育てる場所

モロヘイヤは、日当たりと風通しの良いところをを好みます。

ベランダでも大丈夫、というのは、そういうことなんですね。

風通しが良いとはいえ、年中、風に吹きさらされていたり、直射日光に当たり過ぎは禁物です。

遮光ネットなどを上手に利用しながら、調節しましょう。

水やり

モロヘイヤは、乾燥が続くと葉や茎が硬くなります。

土の表面が乾いてきたら、たっぷりと与えましょう。

間引き

成長して葉が触れ合うようになってきたら、良い葉を残すようにしながら、間引きをします。

成長中の葉っぱを取ってしまうなんて勿体無いような気もしますが、こうすることで日当たりや風通しが良くなり、成長を促すとともに、害虫であるハダニやコガネムシ対策にもなるんです。

追肥(肥料の追加)

育ってきて、少し元気がなくなってきたら肥料を与えます。

具体的には

・茎が赤くなる

・葉っぱに丸みがなくなる と、肥料が足りなくなってきたサインなんだそう。

市販の化成肥料や液体肥料を与えると良いようです。

モロヘイヤの収穫タイミングは?

モロヘイヤはぐんぐん育ちますので、背丈が40~50cmくらいになったら収穫出来ます。

先の方から10~20cmのところを摘んで収穫しましょう。

最盛期はどんどん伸びるので、こまめに収穫して、やわらかい若葉を食べましょう。

モロヘイヤのプランター栽培で注意すること

こんな簡単に栽培できてしまうモロヘイヤですが、一つ気をつけなければいけないことがあります。

それは、種や果実(サヤ)にストロファンジンという、毒性の物質を含んでいるということ。

若いうちはいいのですが、9月ころになって、花が咲いたら、収穫は終了のサインだそうです。

種を収穫して、また来年、シーズンを楽しむためにエンジョイしましょう。

レシピは、いろんなサイトに掲載されていますが、私はこのキッコーマンのサイトが、とても見やすくて、私のテイストにとっても合う簡単メニューばかりが載っているので参考にしています。

モロヘイヤのレシピ | キッコーマン ホームページ
「モロヘイヤのレシピ」について。

まとめ

モロヘイヤを自分で育てる、しかもベランダのプランターで栽培するなんて、とっても難しそうだと思っていましたが、これなら私にもできそうです!

というか、すっかり、自分で収穫した新鮮なモロヘイヤをいただくのが楽しみになってきました!

育てる楽しみを味わいながら、しかも美味しく食べられるなんて、家庭菜園って、素敵ですね。

酷暑を乗り切るのに、絶対に不可欠なモロヘイヤ。

モロヘイヤで夏バテ対策しながら、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク