• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんって車酔いしやすいの?その対策はどうしたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まだ生まれたばかりの子供を見せに、車で実家に帰るとき、長時間のドライブになったのですが、赤ちゃんが車酔いするのではないかと心配で仕方ありませんでした。

いろんな疑問に、事前に産婦人科の先生やナース、ベテラン主婦の母親とか、いろーんな方から情報を集めて、さらにネットでも調べてみました。

で、その通りにやってみたら、なんか全然、平気だったんですよね。

理解していれば、冷静に対処できるものですよね。

私がやって大成功だった、赤ちゃんが車酔いしない方法。

試してみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんって車酔いしやすい?原因は?

そもそも、誰もが車酔いをする可能性があるのは、なぜなのか?

車酔いの原因について調べてみました。

体のバランスの乱れ

車にのると、思っていた以上に揺れたりスピードが変化します。

高速道路にのると余計スピードがでますよね。

そうすることで、その情報が本人の限度を超えた異常な刺激として脳に伝えられます。

脳の働きが崩れ、めまいや嘔気などの症状をひきおこします。

視覚と嗅覚への刺激

視覚的にみた情報と体で感じる情報のずれが生じることでおこります。

また、不快な臭いに刺激されて酔いが増強することもあります。

私の場合は、斜めに座っているときとか、海の臭いが強烈にするときとか、苦手ですね。

自律神経の乱れ

人は、内耳で平衡感覚を保っています。

視覚的に実際の位置を確かめ、筋肉が状態に合わせて働くという3つの経路からの情報を脳に伝えます。

そうすることで、脳は安定した姿勢を保つように指令をだします。

そのため、脳が予測した情報とずれが生じることで自律神経の乱れをひきおこしてしまいます。

赤ちゃんの車酔いによる症状って?

・車の中で急におとなしくなる。

・機嫌が悪くなる

・顔色が悪くなる

・ぐったりする

・嘔吐する

赤ちゃんにこのような症状があれば車酔いをしている可能性があります。

近くのコンビニによったり、高速道路で車酔いした場合は、サービスエリアやパーキングエリアで休憩をしましょう。

赤ちゃんはそもそも車酔いしやすいの?

子供の場合、耳の機能が未熟なため、車酔いしやすいと言われています。

しかし、赤ちゃんの場合は、そもそもまだバランス感覚が未熟で、発達する以前ですので、逆に車酔いじはしにくいとも言われているんですよね。

一度車酔いをしてしまうと、それが気持ちのトラウマとなってしまい、不安感が増強したりします。

また、空腹であったり睡眠不足だと、自律神経が過剰に反応して車酔いしやすくなりますので注意しましょう。

車酔いの対策

産婦人科さんや、看護師さん、母などから、共通して聞いたことをまとめてみると、こんな感じのアドバイスとなりました。

いずれも簡単にできることなので、くれぐれも気をつけてみたいと思います。

こまめに休憩をとる

赤ちゃんの状態をみながら、休憩をしてあげましょう。

外の空気を吸うことで気分がよくなります。

体調が悪い時は運転を避ける

里帰り出産を終え、実家から家に帰る時には最終的に赤ちゃんの体調はどうなのかをよく把握してから車に乗せてあげましょう。

長時間の運転となると赤ちゃんへの負担は増大します。

優しい運転を心がける

赤ちゃんは車酔いしにくいと言われていますが、酔う赤ちゃんもいます。

そのため、急ブレーキなどの運転をしてしまうと揺れが大きくなります。

そのため、ハンドル操作をゆっくりと行うようにし、安全運転で運転しましょう。

大切な命を乗せているのですから慎重に。

話しかけてあげる

赤ちゃんは車に乗るということに不安感を抱いてしまう子がいます。

そのため、「大丈夫だよー」と声をかけてあげたりスキンシップをしてあげると、安心することができます。

リラックスできると車酔いの予防にもなりますので効果的です。

まとめ

赤ちゃんを車に乗せて大丈夫だろうか…と思っていましたが、車酔いしにくいということがわかれば、気持ちはやっぱり安心でした。

ましてや、第一子であると、初心者のパパとママですからわからないこともたくさんあると思います。

不安なことは少しでもなくしたほうが気持ちも楽になりますよね。

心配ばかりしてると、私までが具合悪くなってきそうで(笑)。

ゆったりと時間を組んで、休憩もたっぷり入れたからか、本当に快適なドライブでした。

ぜひ、車酔いについて理解していただいた上で、安全なドライブを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク