• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏至にはこんな風習があるの知ってた? 小麦餅、タコ、水無月が行事食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨前になると、本格的に夏の兆しを感じ始めますよね。

じめじめとした不快感が、ときにギラギラと照りつけるような暑さを伴って、もう溶けちゃいそう。

昔から、暦の上では、夏至を過ぎた頃が、季節の移り変わるタイミングとされています。

二十四節気のひとつである、夏至について少し掘り下げてみましょう。

意外に知らない、夏至にまつわる風習をご紹介したいと思います!

夏至の新定番イベント、キャンドルナイトもご紹介します!

スポンサーリンク

そもそも夏至ってなに?

夏至というのは、太陽が夏至点を通過するときのことで、6月21日ごろを指します。

この日、北半球では昼が最も長く、夜が最も短くなります。

これは太陽が北回帰線の真上の来ることで起きる現象なんですね。

たまに勘違いする人がいますが、夏至の日は一年で一番暑い日ではありません。

暑さのピークは例年、夏至日からおよそ1~2ヶ月後ですよね。

間違えないようにしましょう。

夏至という言葉が日本で使われるようになったきっかけをご存知でしょうか?

実はこの言葉、中世に中国から伝来したんだそうです。

それからというもの、日本各地では太陽の生命力を預かるために、夏至の日にお祝いを兼ねてお祭りや催しが開かれるようになったんですね。

地域ごとに特色のある、夏至の行事食

冬至の日にはかぼちゃを食べるように、夏至の日にも特定の食べ物をいただく習慣がありますが、それは地域によって違いもあります。

かつての日本では、夏至から11日目までの半夏生(はんげしょう)が訪れるまでに、地域ごとにそれぞれ伝統に沿った食事をする習わしがあったようです。

今は、あんまり夏至の食事って聞かないですけどね。

いろいろ形骸化されてしまうものって、あるんだな、ってあらためて思いますが、代表的なものをみてみましょう。

関東の小麦餅

関東では「小麦餅」を食べる風習があるそうです。

食べたことありますか?

私は関西育ちなので残念ながらありません笑。

焼いた小麦餅を神様にお供えしたりもするそうです。こういう感謝を表す行事って大切ですよね。

小麦餅は関東以外に奈良県でも食べられるようで、奈良だと「半夏生餅」と呼ぶことも。

食べ方もきな粉や砂糖をまぶしたりと少々変わるようですね。甘いものが好きな私としては、一度は食べて見たいです笑。

こうした伝統を作ってくれた古い時代の農家さんたち、夏至の六月は田植えに追われる真っ最中だったようで夏至を祝う時間的余裕はなかったそうな。そこで自分たちが栽培した身近にある新小麦を使ってお餅を作るに至ったそうですよ!

関西はタコ

関西でも地域ならではの食べ物があるみたいで、大阪だとタコを食べるようです。

豊作を祈るためにタコを食べるんですね。どういうことかというと、農家さんが植えた稲がタコの足のように力強く根をはることを目的にしているんだそう。

大阪といえばお好み焼きやたこ焼きが有名ですし、タコを食べる風習も納得ですね。

京都は水無月

そのほか、京都なら「水無月」という和菓子、三重ではミョウガを使った料理を食べたりと、やはり全国各地でそれぞれの風習があるみたいですね。

自分が住む地域の風習を探してみるのも面白いかもしれません。

夏至に行うお祭りについて!

夏至には、世界中でいろいろな固有のお祭りが行われているようです。

スウェーデンでは、夏至の日には大勢で歌えや踊れやの大騒ぎをし、疲れるとワイワイ食事をするんだそう。

宴にはニシンの酢漬け、サーモン、スペアリブなど、豪華な料理がずらりと並び、食事が落ち着いたら、また踊り出すという…(笑)。

なんだかとっても楽しそうでいいな〜。

フィンランドの夏至祭も比較的有名なようですね。

祭はユハンヌスと呼ばれ、50年以上続く由緒あるものです。

結婚や未来の伴侶を占う意味合いが込められていて、女性はいろんなお花を摘んで枕元に忍ばせることで、将来の夫との出会いを願ったりするそう…。

なんてロマンチック♪

このようにヨーロッパを中心に各国で執り行われているようです。

もちろん日本も例外ではなくて、三重県だと二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で朝日を浴びながら禊をするんだそう。

いろんな夏至祭があるので、ご自身で、身近な場所を調べてみましょう。

新しい伝統になるか。世界規模で行うキャンドルナイト

キャンドルナイトは「無駄な電気を使わずに、キャンドルの灯だけで過ごす」という、夏至と冬至に世界中で行われている、スローライフ運動の一つです。

始まりは2001年のカナダ。時のブッシュ政権に反発する運動として、夏至と冬至の日の午後8時から10時までの2時間、電気を消して、キャンドルだけで過ごそうというエコ運動。

キャンドルナイトは時代性との相性もよく、日本においても「100万人のキャンドルナイト」というイベントが、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」(2004年・新領域デザイン部門)を受賞しています。

現代において欠かせない風物詩、夏至の新しいイメージとして、世界中で定着してきたというわけです。

夏至の新定番キャンドルナイト。エコでロマンチックに過ごす夜
夏至の新定番キャンドルナイト。エコでロマンチックに過ごす夜
 梅雨に入り、夏の予感も近くなった頃、「夏至」という言葉が聞かれるようになります。 そもそも夏至とは何なんでしょう? 地方によっては風...

まとめ

主に夏至の風習について学んでいただきました。

最後に要約すると

・夏至とは昼が最も長く夜が最も短くなる日のことで、その昔に中国から伝来したもの。

・夏至に食べる食べ物は地域によって違っており、特色がある。何を食べるかはそれぞれ異なっているけど、豊作祈願や太陽の恵みに感謝をするという点で目的は共通していたりする。

・夏至祭というお祭りが世界規模で行われている。国民性や伝統が反映されていて一つ一つのお祭りが独特の風習になっている。

・暑さは夏至とは関係なし

・新定番イベントのキャンドルナイトも注目

夏至について詳しくなかった人も、いろいろと知れたのではないでしょうか。

地域の伝統について、これをきっかけに調べてみるのもオモシロイですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク