• このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離とミニマリストの違いって何?あなたの目指すシンプルライフとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「断捨離で人生が変わる!」「今日からあなたもミニマリスト!」

雑誌やメディアでは、混同して一括りに語りがちですが、実は目指す世界観がまったく違います。

断捨離とミニマリストは、似ているようで、実は明らかに違いがあるものなんですね。

あなたがどんな人生をおくりたいのか、自分らしさってどんなことなのか。

それを考えることで、断捨離とミニマリストの違いもクリアになっていきます。

スポンサーリンク

断捨離って何? ミニマリストとの違いは何?

断捨離という言葉の対象は「物」です。

「入」を断つ、というヨガ行から考えられた言葉です。

断行、捨行、離行という理念にもとづき、生きていく上で要らない物を排除して暮らすことを断捨離と言います。

断捨離は「捨てる」が主題です。

女性は、一度は挑戦してみたことはあるのではないでしょうか?

実際に私も経験済みですが、思い切って捨てるのはすごく気持ちがいいものです。

気持ちがいい反面、「ああ本当に捨てていいのか」という葛藤の波に揉まれながら、苦悩して自分から切り離します。

まさに修行の繰り返しです。

断捨離は「問い」です。

何の苦痛も感じずに「入」を繰り返した結果、自分が苦しむことになるので、ダイエットとよく似ています。

こちらは断捨離のことを丁寧に伝えている動画ですので、ぜひ参考にされてみてください。

【断捨離実践Vol 1】なぜ、断捨離が人生を激変させるのか??
自動で成功してしまう状況を作り願望を達成する無料メルマガ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ (完全無料なのでとりあえず登録して不必要なら2秒で解除できます) どうも、起業家でヒューマンコーチの 小林知央(こばやしともおう)です。 僕は...

最近よく聞くミニマリストって?

ミニマリストという言葉の対象は「人」です。

もともとは芸術で使われている言葉で、少ない楽器で演奏する人を指す芸術用語でした。

いつからか、「社会から得るものを最小限にして生きる」というライフスタイルの言葉として、使われるようになりました。

ミニマリストの部屋は、モデルルームのような部屋で暮らすこととは少し違います。

車も家も所有せず、部屋は家具らしい家具もカーテンも無い場合もあります。

見た目は殺風景です。

ミニマリストは、物によって自分が縛られる感覚を嫌います。

部屋の中に、椅子と机しかない極端な暮らしをしている人をメディアで見たことはありませんか?

こういった方のほとんどが、断捨離を突き詰め、ミニマリズムを探究したあげくこうなった、という人達です。

「物を持たない幸せ」と言うより、彼らにとっては、「本当の自由の幸せ」という前向きな考えです。

ミニマリストは「結論」です。

またミニマリストはみんな、目的が同じようで違います。

Aさん 家具の機能性を重視する人

Bさん 部屋のビジュアルを大事にする人

Cさん 無駄なお金だと思い徹底的に節約する人

まだまだあると思いますが、こうしてみると「フェチ」のように細分化されているのがわかります。

もしかしたら人の数だけミニマリストの種類はあるのかもしれませんね。

こちらはミニマリストの持ち物のついての動画です。

断捨離とミニマリストのどっちを目指せばいいの?

断捨離とミニマリストは横に並べて「どちらにする?」と考えるものではありません。

実は縦方向で考えてみていただきたいことなんです。

断捨離を繰り返し、進化させるとミニマリストになる、といった感じでしょうか。

スタートはみんな同じです。

まずは断捨離を始めます。

断捨離を行い、最低限の物でお金をかけず暮らすことで快適であれば、ここまでです。

ですが、断捨離を繰り返した後、「もっと改善したい」「機能的に必要なものだけで暮らしたい」と「入」の要素を考えるなら、やがてミニマリストに近づいていきます。

簡単な例を出しますね。

2人暮らしで、普通のコップが8個あります。

そんなに要らないと思って、6個を捨てて2個にするのが「断捨離」です。

断捨離して、2個で暮らしていたけど、より良いものをと保温保冷機能のコップを2個新たに買い、古い2個を捨てるのが「ミニマリスト」です。

「どちらが自分に合うか」というよりも、「自分はどこまでが心地いいのか」が重要だと思います。

断捨離とミニマリストのお金の違い?

断捨離やミニマリストを考えるにあたり、お金の面はどう変わるのかが気になりました。

断捨離は、物を捨てるばかりなのでお金がかかりません。

残った最低限の物で暮らします。

捨てていくうちに、いかに自分が物にお金を使ったのか考えるようになります。

そして捨てる物を見ながら、

「自分はこれを買うことによって、何を自分にもたらしたかったのか?本当に必要なものは何なのか?」

と、振り返るようになります。

断捨離は継続していくと出費はどんどん抑えられていきます。

ミニマリストは、最小限の物達と過ごします。

なので新商品を買い、旧商品を捨てることもあるので、費用が発生します。

その物が機能性があるのなら役割を果たし、無ければ機能性のある物と交換します。

意味を成さないとあれば、家の中からその項目ごと消えます。

ミニマリストは決してお金を使わないわけではないので、断捨離より定期的な出費は大きいです。

ですが、ミニマリストを極限に突き詰めると断捨離状態より毎月の出費は減ります。

なぜこのことをお伝えしたかというと、断捨離したい、ミニマリストになりたいと言った心には、「自分の幸せ」と「お金の使い方への疑問」が大半を占めているからです。

断捨離で今の収入のままでも前より多く貯蓄できるようになったり、ミニマリストまで行くと、過剰に働かなくても暮らせるので働き方を変えよう、という結論にも至ります。

あなたがどこで立ち止まるかで、幸せもお金への価値観も変わってくることが、断捨離とミニマリストの違いです。

断捨離とミニマリストの違いのまとめ

1.断捨離とは捨てる修行

2.ミニマリストとは本当の自由の幸せ

3.どっちが合うのかは、まずは断捨離を繰り返し、自分が心地いいところで

立ち止まって考える

物と自分。

断捨離とミニマリスト。

違いを理解して行動してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク