• このエントリーをはてなブックマークに追加

2017土用の丑の日はいつ?うなぎを食べる習慣や由来をまとめて紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土用の丑の日といえば、うなぎ!

夏の土用が近づけば、スーパーだけではなくコンビニでも、うなぎがイチオシとして並べられていますね。

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣はいつから? なぜ、こんなふうに?

由来や習慣を、まとめてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

土用って、なに? いつのこと?

もともと土用は、中国の陰陽五行説に由来しています。

具体的には、暦の節目となる、立春、立夏、立秋、立冬、それぞれの約18日前からの期間のことです。

だから、夏だけではなく、春、秋、冬にも土用と呼ばれる時期があります。

・立春より18日前からは、冬土用 1月17日~2月3日頃
・立夏より18日前からは、春土用 4月17日~5月4日頃
・立秋より18日前からは、夏土用 7月20日~8月6日頃
・立冬より18日前からは、秋土用 10月20日~11月6日頃

また、夏土用は「暑中」とも呼ばれ、暑中見舞いを出すのはこの時期となります。

丑の日、ってなに? いつのこと?

年末になると、「来年の干支は…」とよく話題になる干支の十二支。

この十二支は日にちにも当てられていて、「子の日、丑の日…」と数えてゆくと、12日ごとに「丑の日」が巡ってきます。

2017年の夏なら、7月1日、7月13日、7月25日、8月6日、8月18日が丑の日。

たくさんありますよね。

もちろん、夏だけではなく他の季節も同様です。

だから、暦でいうならば、「土用の丑の日」は一年に何度も巡ってくる日なのですよね。

でも、やはり、よく知られているのは夏土用。

「土用丑の日」と言えば、夏、うなぎを食べる習慣、が真っ先に思い浮かびます。

2017年夏の「土用の丑の日」は、いつ?

先ほどの「夏の土用」、そして「夏の丑の日」。

その二つが重なる日が、いわゆる「土用の丑の日」。

2017年は7月25日(火)と8月6日(日)の二回あり、一回目を「一の丑」、二回目を「二の丑」と呼び分けます。

実は…2016年は7月30日の一回のみでした。

土用丑の日は、二つの暦を重ね合わせて決まるので、一回の年と二回の年があるのですね。

土用丑の日、うなぎを食べるのは、なぜ?

春、秋、冬にもある、「土用丑の日」。

でも、うなぎを食べる習慣が定着しているのは「夏の土用丑の日」だけですよね。

それは一体、なぜ・・・?

これにはエレキテルの発明で有名な、平賀源内が絡んでいる、という説があるのです。

時は1700年代後半、江戸時代。

うなぎは冬が旬の食べ物ゆえ、夏は売り上げがガタ落ちのうなぎ屋さん。

思い余って蘭学者の平賀源内先生に相談したところ、「本日土用丑の日」との看板を立てなさいとの助言をいただきました。

そうして、その通りにしたところ、うなぎ屋さんは大繁盛!

他のうなぎ屋も真似を始めて、「夏の土用丑の日はうなぎの日」が定着したとのことです。

えっ・・・?なぜ、「本日土用丑の日」の看板だけ?

なぜ、それだけで繁盛するの…?

実は、日本には古くから「丑の日には”う”の付く食べ物を食べると縁起がよい」という風習がありました。

うどん、うり、梅干し、など、もともと「う」の付くものを食べる習慣があったのです。

それを踏まえて「うなぎ」に目をつけた源内さんの発想、さすがです!

うなぎで、夏バテをのりきれる?

実は、うなぎ屋さんと源内さんのエピソードよりもまだ、ずっと古い時代、7~8世紀ごろに編まれた『万葉集』には、大伴家持が夏痩せとうなぎを詠んだ和歌が残されています。

「石麻呂に吾(われ)物申す夏痩せに良しといふ物ぞ鰻(うなぎ)漁(と)り食(め)せ」

(石麻呂さんに、私は言ったのだよ。夏痩せに良いといううなぎをとってきてお食べなさいと。)

その頃から日本人は、夏を乗り切るためにはうなぎ、と考えていたことがわかりますね。

では、実際の栄養面ではどうなのでしょうか?

うなぎには、疲労回復効果のあるビタミンAが豊富です。

ビタミンB1、B2、そして、肌の老化を防ぐと言われているビタミンEも含まれていて、皮のぬるぬるしたところにはコラーゲンが。

さらに、記憶力が良くなると話題になったDHAや、鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも豊富。

日焼けをして汗をかくというダメージを軽減してくれる、まさに夏の食べ物です!

そして…皮の焼ける香ばしいかおりと、照りのある甘辛いたれが食欲をそそります。

暑くて食欲のない時でも、しっかり食べられそう!

土用丑の日にうなぎを食べることは、夏バテをのりきるための生活の知恵でもありますね。

土用丑の日と土方歳三

どうしてもうなぎと結びついてしまう土用丑の日ですが、なんと、幕末の志士、新撰組の土方歳三とのつながりもあるのです。

土方歳三の生家では骨折や打ち身、ねんざや筋肉痛に効くという、「石田散薬」を販売しており、薬草として使う牛革草(ミゾソバ)を刈り取るのは必ず「土用丑の日」と決められていたとか。

病や厄を除けるために、土用丑の日に薬草を摘む習慣「薬狩り」は他地域でも行われているそうです。

土用丑の日についてのまとめ

土用について、そして由来や習慣をまとめると、このようになります。

・夏の土用は立秋の18日前からの7月20日~8月6日頃。その期間にある、「丑の日」が「土用丑の日」。

・2017年には7月25日(火)と8月6日(日)、二回の「土用丑の日」があり、一回目を「一の丑」、二回目を「二の丑」と言う。

・土用丑の日にうなぎを食べる習慣は、平賀源内がうなぎ屋に助言したことによる、との俗説がある。

・夏にうなぎを食べるのは理にかなっている。疲労回復効果のビタミンA、肌の老化を防ぐビタミンE、コラーゲン、ミネラルなどが豊富に含まれている。

・土方歳三の生家で販売されていた「石田散薬」は、原料の薬草を必ず土用丑の日に摘んでいた。

うなぎを食べて、夏バテに注意して、楽しく夏を乗り切りましょう~!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク