• このエントリーをはてなブックマークに追加

ズッキーニの栄養は加熱しても生でも同じ? おいしい食べ方はズバリこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、スーパーの野菜売り場でよく目にするようになったズッキーニ。

イタリアンやフレンチで食べたことはあるけれど…

どんな栄養があるのか、加熱すればいいのか、生でも食べられるのか?

手に取るものの、家ではあんなふうにオシャレな料理は出来ないし、どんな料理に使えるのかわからなくて、買うのをためらっていたんです。

でも、先日、近所の方から家庭菜園で獲れたからって、頂いてしまったのですね。

で、良いきっかけだから、ズッキーニの栄養価や保存方法、美味しい食べ方などを調べて、挑戦してみました!

スポンサーリンク

そもそもズッキーニって、どんな栄養があるの?

ズッキーニは見た目はキュウリに似ていますが、なんと!実はカボチャの仲間なんだそう。

よく見かける緑のものの他に、縞模様や黄色、黒のものもあるそうです。

花を食べる花ズッキーニや、丸型のUFOかぼちゃなんて呼ばれるものまで出てきて、なかなか興味深いですね。

ちなみに、水分を多く含んでいて、加熱した時の食感はナスに近いとか。

そして旬は夏!

これから美味しい時期なんですね~。

見た目はキュウリでカボチャの仲間、そして食感はナス…なかなか奥の深い野菜のようです。

栄養について調べてみると、主に「低カロリー」「カリウム」「β-カロテン」という、3つの特徴が見えてきました。

低カロリー

水分が多く、カロリーは低めです。しかも低糖質なんですって。

ああ、だからローフードのレシピでは、クルクルって長くカットして、パスタとしていただいたりするのですね。

そうやって薄くスライスすると、クセのない味でサラダにもピッタリだって。

最近流行の低糖質ダイエットにも使えそうだし、食物繊維もわりと多めのようですね。

生で噛みごたえを楽しむのも良し、煮込んでとろっとした食感を楽しむのも良し。

ダイエット食材として色んな料理で楽しめそうです。

カリウム

ズッキーニはカリウムというミネラルが沢山含まれています。

カリウムはナトリウム(塩分)とセットでバランスを取りながら血圧を正常に保つ働きがあります。

このカリウム、汗と一緒に排出されてしまうので夏場は特にバランスが崩れがちになります。

また、余分な水分を排出してくれる働きもあるのでむくみ解消にも!

不足すると脱力感やだるさ、食欲不振、夏バテにつながることも…。

今の時期は特に注目して摂りたい栄養素ですね。

季節の野菜って、こうやって、ちゃんと意味があるんですよね。勉強になる~

カリウムは長時間水にさらしていると流れ出してしまうそうです。

ズッキーニはもともと水々しいし、あまり水にさらさずに調理するのが良さそうですね。

β-カロテン

いわゆる緑黄色野菜ではありませんが、色の濃い皮の部分にβ-カロテン(ベータカロチン)が多く含まれます。

β-カロテンは吸収されるとビタミンAになり、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。目の健康にも良いんですよね。

このβ-カロテンは、油と一緒にとると吸収が良くなります。

油と相性が良くて美味しくなって、しかも栄養の吸収が良くなるとなれば、試してみずにはいられません!

ズッキーニ、選び方のポイントと保存法

美味しいズッキーニの選び方のポイントは

その1 太さが均一で育ちすぎていないこと

その2 皮がツヤツヤしていてやわらかいこと

その3 色が濃いこと

なんだそうです。

保存は冷蔵庫だと寒すぎて、低温障害を起こすことがあるので野菜室が良いんですって。

また、冷凍保存をするなら下処理してからが良いようです。

下処理といっても輪切りを油で炒めたりソテー程度で簡単そう。

あら熱が取れたら冷凍庫へ。

凍ったまま煮込み料理などに使えるのでとっても便利ですね。

水分を多く含んでいるので、夏場は傷みやすいようです。

呼吸をする、というか、ちょっとヌルっとした感触の汗をかくのが特徴だとか。

せっかくの栄養たっぷりのズッキーニ。

ぜひ、新鮮なうちに食べてしまいましょう!

ズッキーニを使ったオススメ料理No.1

ズッキーニの皮は生でも固くはないので、むく必要はありません。

加熱料理には、もちろんそのままカットして全体が使えます。

とくに油とは相性抜群。

油を吸ってうま味がぐっとアップするので、一度、炒めてから煮込み料理にするといいんですよね。

おすすめは、やっぱり夏野菜がたっぷり入ったラタトゥイユ

ざっくり大きめに切った玉ねぎやナスと一緒にオリーブ油で炒めて、トマト缶と塩だけでぐつぐつ煮込む夏の定番料理。

炒める時に、にんにくをたっぷり効かせるのがコツ。

野菜からたっぷりと水分が出るから、ほとんど水は加える必要もなし、という簡単さがいいですね。

おや、これはナスのような感覚で使えるのでは…と思っていたら、近所のおばさまからのステキ情報。

なんと、お味噌汁に入れても美味しいんですって! 意外ですね~!

味噌と油が合うなら、味噌炒めなんかにも良さそう、なんて想像が膨らみます。

それにしても和食にも使えるなんて、優秀ですね。

中身をくり抜いて器に使ったり肉詰めにしたり、ちょっとオシャレで目先も変わるので、普段の料理のバリエーションが増えそうです。

注目野菜ズッキーニは夏の新定番!

私にとっては、まだまだ日頃、使い慣れなくて、目新しい野菜だったズッキーニ。

でも、調べてみたら、何てことない普通の夏野菜でした。

(悪口じゃありませんよ、褒めてます!)

イタリアンのお店で出てくるオシャレ食材だと決めつけていたのに、ラタトゥイユからお味噌汁まで、普段の食卓にも取り入れやすい食材だったんですね~。

しかも夏に嬉しい栄養素もたっくさん!

頂いたズッキーニはいつも通りラタトゥイユにして美味しく頂きましたが、今度は薄くスライスして、サラダにでもしてみようかな。

普段の料理に使って、家族を驚かせたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク