• このエントリーをはてなブックマークに追加

タウナギはウナギとどう違う?釣り方やおいしい食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、タウナギという魚について、聞いたことがありますか?

「田」うなぎ、という名のとおり、田んぼの近くに住んでいます。

TV番組「鉄腕ダッシュ」でも、タウナギについて取り上げられて、プチ有名になりましたね。

タウナギって、いわゆる普通のウナギとはどう違うのでしょう?

釣り方や、おいしい食べ方も見てみましょう。

スポンサーリンク

タウナギってどんな魚?ウナギとどう違う?

こちらは、ウイキペディアに載っていたタウナギの写真ですが、ウナギというよりは、ヘビみたいでツルッとした胴体で、ヒレがありませんね。

タウナギは、タウナギ科タウナギ属。淡水魚の一種。

ウナギは、ウナギ科ウナギ属。

形は似ていますが、実は、学術的にはタウナギとウナギは、まったく別の種類です。

タウナギは外来魚の一種で、中国・朝鮮半島から食用魚として関西に持ち込まれ、そこから広がったようです。

私は、大阪で育ちましたので、実際に見たことはないのですが、あちこちの田んぼやどぶ川にタウナギがいる、という話は聞いていました。

主に、沼とか、温かい水路、水田などに生息しているそうです。

デンキウナギやヤツメウナギなども同じですが、「形状がウナギに似ている」から、ウナギという名称を一部に授かったものなんですね。

ちょっとややこしいですが。

ちなみに、こちらがウナギです。小さなヒレが特徴です。

タウナギの釣り方

東南アジアでは、タウナギはポピュラーな魚で、あちこちで売られているそうです。

You Tube インドネシア、タウナギの路上販売

日本ではふつうには売られていませんから、食べようと思うと自分でつかまえなければいけませんね。

どこへいけばいいのでしょう?

「田」うなぎ、という名のとおり、田んぼの近くに住んでいます。

ただし、田んぼの中へ入るのはよくありませんので、つかまえるなら田んぼの近くの用水路や、溝へいくとよいでしょう。

そして、夜行性なので、昼間は物かげにかくれていてつかまえにくいため、夜の釣行がおススメです。

まず、簡単なつかまえ方としては、アミですくってしまうことです。

釣りが好きなひとなら、ぜひタウナギも釣ってみたい!と思いますね。

実はタウナギは肉食なので、ルアーフィッシングの対象魚として、知るひとぞ知る存在なのです。

ルアーの場合は、タウナギの口が小さめなので、小さめのワーム、グラブ、スピナー等が効果的です。

タウナギは、目がよく見えませんので、ルアーを目の前までもっていって、よく動かして誘います。

もちろんエサでも簡単に釣れます。

エサは、ミミズでもエビでも虫でも、動くものであれば何でもよいようです。

タウナギの料理

タウナギとウナギ、“タ”があるかないかだけですが、実は食感はぜんぜん異なるそうです。

近年、不漁の影響で高くなっているウナギ不足を補うのか!?

と一瞬、期待しましたが、残念ながら、かば焼きにしてウナギのようにおいしくいただく…というわけにはいきません。

油が少なく、食感も固く、かば焼きにしてもウナギのようにおいしくはありません。

しかし、中国や東南アジアでは、タウナギは現地の料理法で、おいしく食べられています。

鉄腕ダッシュでは、高級レストランの一流シェフが、タウナギをとびきり美味に料理したそうですが、私たちは簡単にはマネできませんよね。

では、私たちでも簡単に作れる料理を、ご紹介しましょう。

チンジャオロース

(*写真は普通のチンジャオロースです、タウナギは入っていません)

普通にチンジャオロースを作るときに、お肉の代わりに、タウナギを細長く切って、入れるだけです。

かた焼きそば

(*写真は普通のかた焼きそばです、タウナギは入っていません)

これも同じく、普通にかた焼きそばを作り、お肉の代わりにタウナギを入れます。

ちなみに現地の実際のタウナギ入りのかた焼きそばはこんな感じです。

かなりタウナギだけですね、しかも醤油と油のこってりした味付け。

タウナギは、濁ったところに住んでいるため、臭みがあります。

ですので、このような強めの味付けの料理が、合うわけです。

とにかく、ウナギのかば焼きのことは忘れて、別の食べ物としてたのしめばよいです。

まとめ

タウナギとウナギは、形はとても似ていますが、似ているがために「ウナギ」という和名が当てはめられただけの、別々の生き物です。

味も別。住んでいる場所も別。

蒲焼きなどにしても美味しくはないようなので、普通に中華料理やタイ料理などにして、味を濃いめにしていただくのがむいているようです。

釣り人は、ぜひ田んぼ近くの水路などで、挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク