• このエントリーをはてなブックマークに追加

茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年6月30日に神社で行われている行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」を聞いたことがない人でも、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)なら、聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか?

一年のちょうど真ん中にあたる、半期の最終日。

前半のお祓いをしながら、後半、無事に過ごせるようにと無病息災を祈る行事が茅の輪くぐりなんですね。

茅の輪くぐりの意味や由来、その作法をご紹介します。

スポンサーリンク

茅の輪くぐりってなに?意味

毎年6月30日の夏越の祓の日前後に神社に行くと、茅(ち)、すなわち「かや」で作られた大きな輪を見る事が出来ます。

それが茅の輪と呼ばれ、その大きな輪をくぐる神事を、茅の輪くぐりと呼びます。

夏越の祓は、1年の半分を過ぎた間に、自分が知らないでしてしまった過ちや罪をお祓いし、身と心を清め、残り半分の無病息災をお願いする神事です。

前半の半年の祓いとして行われるのが、6月30日の「夏越の祓」。

後半の半年の祓いとして、12月31日に行われるのが「年越の祓」。

夏を越す。年を越す。その前の心身のリセット。

節目や区切りを重んじて、姿勢を正す、日本人らしい神聖な儀式なんですね。

どちらの神事も、お祓い内容は同じですが、夏越の祓の時は、殆どの神社が茅の輪くぐりがあるのに比べ、年越の祓の時は、茅の輪くぐりがない神社が多いようです。

茅の輪は、本来なら茅で作られているのですが、手に入らない場合も多く、芦や藁、稲を代用している神社も増えているようです。

この茅(ち・ちかや・かや)は、チガヤ、スゲやススキ等を総称したもので、油分を含んでいるので水に強く、昔はかやぶき屋根の素材として使われていました。

「茅の輪」の由来

その由来は日本神話から伝わっています。

その昔、蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟がいて、それぞれ宿を経営していました。

そこに、旅をしていた素戔嗚尊(すさのおのみこと)が、宿の提供を尋ねたところ、弟の巨旦将来は裕福であったにも関わらず、泊めるのを断りました。

しかし、兄の蘇民将来は、貧しかったにも関わらず、泊めて、もてなしました。

その何年か後、素戔嗚尊が再び蘇民将来を訪ね、蘇民将来に「茅で作った輪を腰につけておけば、悪病がはやっても、それから逃れる事ができるでしょう」と言いました。

そのおかげで、蘇民将来とその家族は、悪病にかからなかったそうです。

その由来から、最初は茅の輪を腰につけておくようになったのですが、いつしか大きな茅の輪を作って、それをくぐることによって、お祓いする習慣へと変化を遂げました。

茅の輪のくぐり方、正式なお祓いの方法

折角お祓いに行ったのだから、正しくくぐりたい!と思いませんか?

茅の輪の正しいくぐり方をご紹介します。

茅の輪の正しいくぐり方

基本的には、8の字を描くようにくぐると覚えてくださいね。

①最初に、茅の輪の前で礼をして下さい。

そして、左足から先に輪をくぐって、左回りで元の茅の前に戻ります。

②その時くぐりながら、再度、茅の輪の前で礼をして、今度は、右足から先に輪をくぐって、右回りで元の茅の前に戻ります。

③もう一度、茅の前で礼をして、①と同じように、左足から輪をくぐって、左回りで元の茅の前に戻ってください。

④最後に、茅の前で礼をして、左足から輪をくぐり、今度は神様の前まで進んでいきましょう。

そこで、通常の作法通り、二礼二拍手一礼をして、お参りして終了です。

茅の輪くぐりの際に唱える言葉

①茅の輪をくぐっている間は、「祓い給へ、清め給へ、守り給へ、幸え給へ(さきえたまえ)」

②左回りをしながら、「水無月の夏越の祓する人は、ちとせの命のぶというなり」

③右回りをしながら、思うことみなつきねとて、麻の葉を切りに切りても祓ひつるかな」

④再度左回りに、「蘇民将来、蘇民将来」と唱えます。

この唱え言葉は、神社によっても違います。

はじめての神社に行ったなら、作法を探してみるか、詳しい人に聞いてみてくださいね。

難しそうに感じますが、茅の輪はくぐる事自体に意味があるので、あまり深いことは気にしすぎなくても大丈夫ですよ。

茅の輪くぐり以外のお祓い

夏越のお祓いや年越のお祓いの日は、茅の輪くぐり以外にもお祓い方法があります。

形代(かたしろ)と言われるもので、人形代(ひとかたしろ)や車形代等があります。

紙を人形や車形に切ったもので、住所、名前、年齢 (車形代なら、車のナンバー)を書いて、体(車の時は車体)をなで、息を吹きかけます。

そうすることで、知らずに起こした過ちや罰を、形代が身代わりになってくれるというのです。

身代わりになってくれた形代は、水に流したり、火で焚きあげたりすることで清められます。

茅の輪くぐり まとめ

茅の輪くぐりは、半年の過ちや罪のお祓いをし、残りの半年の無病息災を祈る大切な夏越の祓の神事の一環です。

6月30日は、ぜひ近くの神社にいって、茅の輪くぐりをしてみましょう。

ご家族や、大切な方々の健康を祈り、無事を祈り、成功を祈り、神聖な空気の中で、リフレッシュ!

一年の残り半年を、元気に生き生きと乗り切る、良いきっかけになるはずです。

「夏越の祓」関連では、こちらの記事も参考に

夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
梅雨の真ん中、ふとオフィス街でランチ場所を探していたときに見つけたのが、「6月30日は夏越ごはんの日」の文字。 天ぷらと味付け...
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
「夏越の祓」(なごしのはらえ)は神道の行事で、通称「茅の輪くぐり」として知られていることが多いものです。 私も子供の頃、何度か...
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
毎年6月30日に神社で行われている行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」を聞いたことがない人でも、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)なら、聞い...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク