• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の真ん中、ふとオフィス街でランチ場所を探していたときに見つけたのが、「6月30日は夏越ごはんの日」の文字。

天ぷらと味付けご飯の写真に惹かれて食べたら、これが美味しい!

湿気でジメジメになると食欲がなくなる日が多いのに、意外にあっさり食べられたんですね。

最近では、夏越ごはんを売っているお店も増えてきているらしいと言う事で、夏越ごはんって何? いつ食べるものか、その由来と意味、そして夏越の祓についても調べてみました。

スポンサーリンク

夏越ごはんの由来と意味

「夏越ごはん(なごしごはん)」は、夏越の祓(なごしのはらえ)という神事に関連していただく行事食。

夏越の祓とは、1年の半分が終わる日、6月30日を6月の晦日に神社で行う、おはらいの儀式です。

その儀式では、「茅の輪」という茅や藁から作られた大きな輪の中を、8の字を描くように何度かくぐる、ということが行われます。

夏越ごはんは、茅の輪をイメージした「かき揚げ」を、粟のご飯に乗せたもの。

なぜ、粟のご飯かと言うと、こんな逸話から来ているそうです。

夏越ごはんの意味と由来

その昔、蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟がいて、2人共、宿を経営していました。ある日、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が旅をしていて、その日の宿を探していました。

巨旦将来は、生活が豊かだったにも関わらず、それを断りました。しかし、蘇民将来は貧しかったにも関わらず、出来る限りのおもてなしを、素戔嗚尊にしたそうです。その時にお出ししたのが、粟飯でした。

その何年後かに、素戔嗚尊が再び、蘇民将来の元を訪れました。そして、「茅で作った輪を腰につけておけば、悪病がはやっても、それから逃れる事ができるでしょう」と蘇民将来に教えました。それが茅の輪の始まりとなりました。

この由来から、夏越ごはんの中身は粟の入った雑穀米と、茅の輪をイメージして丸くつくった夏野菜のかき揚げに、大根おろしをかけたものが一般的となっています。

なかなか意味が深いものだったのですね。

夏越のごはんは、夏越の祓の神事に合わせた形で、「米穀安定供給確保支援機構」が、2015年6月30日を「夏越ごはんの日」としたことから、急に広まってきました。

「夏越ごはんの日」自体は、現代においては、まだ新しい食の行事。

でも、これからどんどん一般的になっていきそうですね!

夏越ごはんの代表的な素材

素戔嗚尊(すさのおみこと)が食べたのは粟飯でしたが、現代の夏越ごはんは、粟飯だけでなく五穀米や16穀米等の、雑穀米、豆が入った小豆ご飯なども良いとされています。

豆類は、魔を滅する魔滅(まめ)から邪気を祓うとされている、とても意味のある食材なんだそうです。

節分の豆まきにも使われているのは、そのためだったんですね。

雑穀米は、硬くて食べづらい印象がありますが、そんな時は、少し浸水時間を長めにすると良いようです。

雑炊にしてみたり、フードプロセッサーで粉々にして白米とまぜれば食べやすくなりますよ。

雑穀米は、ミネラル、ビタミン等の栄養バランスが良く、食物繊維も豊富に含まれているので、デトックス効果も期待できるんです。

夏越ごはんのかき揚げのドレッシングにピッタリなのが、生姜です。

6月から8月からが新生姜の旬で、百邪を防ぐとされ、血行を良くしたり、体を温めたり、殺菌作用があったり、体にとても良いのです。

かき揚げの材料には、茅の輪をイメージさせる緑の野菜ゴーヤやオクラ等が使われます。

また、邪気を祓うと言われている赤色の野菜、パプリカ、ニンジン等も使われていることが多いようです。

いろいろと意味がある夏越ごはん。

夏の健康づくりに欠かせない栄養素などを意識し、さらに美味しい食材の組み合わせにもなっているというわけですね。

夏越ごはんが食べられるレストラン

夏越ごはんの日を設定した、米穀機構によると、多くの神社やレストランと協力して、夏越ごはんの普及に努めているようです。

6月30日には、数に限定がありますが、雑穀米の無料配布や、なんと小さめの夏越ごはんが頂けたりする、神社もあるとか。

何だか、神社でいただいたら、とてもご利益ある感じですね。

レストランによっては、6月中旬頃から、夏越ごはんを食べられる所があります。

中でもやよい軒では、夏越ごはんのメニューが、全国展開されるそうで、かなり有名みたい。

やよい軒 期間限定夏越ごはんと豚しゃぶしゃぶ定食

私がオフィスの近くで見つけたのは、ここ!

お値段が嬉しすぎます。来年はちゃんと写真も撮っておこうっと。

【DO-ZO 赤坂Bizタワー店】期間限定、夏越ごはん!

その他にも、夏越ごはんがいただけるレストランが、公益社団法人「米穀機構の公式サイト」でも紹介されていますので、ご覧になってみてください。

夏越ごはん
一年の後半を無病息災で過ごすために夏越ごはんを食する新習慣。

夏越ごはんのまとめ

現代に蘇った夏越ごはんは、まだまだ新しい流行ですが、次第に広がってきているようですね。

一年の真ん中で、ふと立ち止まって生活を省みる。

不摂生をあらため、後半をまた新たな気持ちで、リセットして望むためには、格好の一日なわけです。

近所にもし夏越の祓をしている神社があれば参拝して茅の輪くぐりをし、その後、夏越ごはんを食べてリフレッシュ。

そんな新しい習慣が生まれそうな予感ですね!

「夏越の祓」関連では、こちらの記事も参考に

夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
梅雨の真ん中、ふとオフィス街でランチ場所を探していたときに見つけたのが、「6月30日は夏越ごはんの日」の文字。 天ぷらと味付け...
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
「夏越の祓」(なごしのはらえ)は神道の行事で、通称「茅の輪くぐり」として知られていることが多いものです。 私も子供の頃、何度か...
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
毎年6月30日に神社で行われている行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」を聞いたことがない人でも、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)なら、聞い...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク