• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夏越の祓」(なごしのはらえ)は神道の行事で、通称「茅の輪くぐり」として知られていることが多いものです。

私も子供の頃、何度か親に連れられて、神社に行ったことを、思い出しました。

半年に一度の大切な行事ですが、その意味、由来、近年の一般的なお祓いの方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

「夏越の祓」由来と意味

夏越の祓の由来は、日本神話に出てくる、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)から来ています。

昔は宮廷で、天皇にお仕えしている貴族によって行われていた神事でしたが、いつしか民間の神社でも行われるようになりました。

夏越の祓と対になる形で、「年越の祓」があり、両方とも、神事の中では重要な大祓の行事。

ちょうど一年が半分過ぎた6月30日に夏越の祓、一年の締めくくりである12月31日に年越の祓が行われています。

どちらのお祓いも意味は同じで、夏越の祓は1年の前半の間に、年越の祓は残りの半年の間に、自分が気づかない犯している罪や過ちをお祓いし、身と心を清め、次の半年の無病息災を祈るというものです。

夏越の祓 お祓い方法1 茅の輪くぐり

夏越の祓の当日は、神社で「茅の輪くぐり」という行事が行われます。

茅の輪とは、茅(ちがや)で出来た輪で、その輪をくぐる事によって、知らずに犯している罪や過ちをお祓いするというものです。

茅が手に入りにくい所では、代わりに芦や藁を使っているようです。

茅の輪は、8の字を描くように、3回くぐります。

その時に、唱える言葉がいくつかあるのですが、これは神社よって違います。

その日神社に行くと、どこかに作法や唱え言葉が書かれていたりしますので、見つけた場合は、それに従ってください。

唱え言葉の一例をあげると、茅の輪をくぐっている間は、「祓い給へ、清め給へ、守り給へ、幸え給へ(さきえたまえ)」。

左回りをしながら、「水無月の夏越の祓する人は、ちとせの命のぶというなり」。

右回りをしながら、思うことみなつきねとて、麻の葉を切りに切りても祓ひつるかな」、

再度左回りに、「蘇民将来、蘇民将来」と唱えます。

これによってお祓いがされ、悪病等の災いから逃れられると言われています。

茅の輪くぐりは、無料ですが、形代には、初穂料と言うのをお支払いします。

お気持ちなので、お一人だと千円程度から家族で三千円程度が平均ですが、その地域ごとの決まりもあるかと思いますので、分からない場合は、ご近所の方聞いて下さいね。

作法が難しそうですが、あくまでも、くぐることに意味があるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、年越の祓の日には、茅の輪くぐりがある神社とない神社があるようです。

夏越の祓 祓い方法2 人形流し

茅の輪くぐりの他に、人形(ひとかた)流しがあります。

形代(かたしろ)という、人形に切った紙に、名前と年齢を書き、体全体をなで、息を3回吹きかけます。

息は全部吐き出してください。息が残っていると、罪や過ちも残ってしまうと言われています。

これで、すべての罪や過ちが人形に移ります。

この形代は、車の形をしているのもあるのですが、車のナンバーと名前を書いて、車全体をなでます。

後は神社によって違いますが、川に流したり、お焚きあげしたりして、お祓いで清めてくれます。

茅の輪くぐりと人形流し、両方をしても良いですし、茅の輪くぐりに参拝できない人は、神社によっては、申し込めば形代を事前に郵送してくれるので、その形代を返送すればお祓いしてくれます。

地域によっては、申し込んでいなくても、その地域の神社から、送られてくることがあるようです。

夏越の祓 お菓子と食事

6月中旬から京都では、水無月というお菓子が売られます(写真トップ)。

昔、一般では手に入らなかった氷を三角のういろうで真似、魔を滅する(魔滅)まめから、小豆をのせたお菓子です。

夏越の祓の日は、これを食べて、無病息災をお祈りします。

また、公益社団法人の米穀安定供給確保支援機構が、2015年6月30日を「夏越ごはんの日」とし、雑穀米の上に夏野菜で茅の輪をイメージした、丸くつくったかき揚げに、おろしをかけたものを食べる行食事の普及を進めています。

夏越の祓 まとめ

6月30日に行われる夏越の祓は、半年に犯してしまった罪や過ちをお祓いし、次の半年の無病息災を祈る神事です。

神社で茅の輪くぐりをし、人形(ひとかた)を流し、夏越ごはんを食べる。

慌ただしい日々を過ごしている現代の私たちも、そんな風に一度、立ち止まり、ゆっくりと息を吸って、リセットしたいものですね。

昔から伝わる神事には、ちゃんとそういう意味が託されていて、不思議です。

猛暑を前に、心身を見直すチャンスです。

「夏越の祓」関連では、こちらの記事も参考に

夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
夏越しごはんって何? 夏越の祓は何をする日なの?
梅雨の真ん中、ふとオフィス街でランチ場所を探していたときに見つけたのが、「6月30日は夏越ごはんの日」の文字。 天ぷらと味付け...
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
夏越の祓とは? 由来と意味、気になる風習、行事食や催しについて
「夏越の祓」(なごしのはらえ)は神道の行事で、通称「茅の輪くぐり」として知られていることが多いものです。 私も子供の頃、何度か...
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
茅の輪くぐりとは? 由来や行事、夏越の祓、年越の祓との関係は?
毎年6月30日に神社で行われている行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」を聞いたことがない人でも、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)なら、聞い...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク