• このエントリーをはてなブックマークに追加

草取りの便利な道具。身体が楽で作業がはかどるオススメアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草とりってなかなか体に負担がかかるので大変ですよね。

身体が楽で、作業がはかどる便利な道具があればな…なんて思いませんか?

そこで今回は草取りをするときの便利な道具についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

腰への負担を軽くする道具

腰への負担を軽くする=立ったまま作業できる道具といえば「草抜きクルポン改良型」をおすすめします。

この道具を草の中心に差し込み、くるくると回すとあっという間に草が抜けるという大変便利な道具となっています。

ただくるくる回すだけですので使い方も簡単!

そして長さは約1m程度ですから、立ったまま作業することができます。

高齢の方には特に使用してみてほしいと思います。

注意点としては、この道具を上下以外に動かしてしまうと破損してしまう可能性があります。

ちなみにお値段は2241円(税込)です。

※参考リンク:草抜きクルポン改良型

草を素手で触りたくないときの道具

草を素手で触りたくない方は、虫が嫌いだったり手が汚れるのが嫌という方が多いと思います。

そういう時ってできれば草から体を離したいですよね。

1とも関連する道具ですが、立ったまま作業ができる道具「アルミ長柄除草シリーズ AP-130」をご紹介します。

この道具は持った時に軽さを実感でき、立ったまま作業できるところが特徴です。

刃の部分は8種類ほどあるのですが私がおすすめするのはAP-130です。

草を根元から刈り取ることができ、使いやすいですのでスムーズに作業することができるんです。

私は草取りをする時に手に草の臭いがついたり時々幼虫などがつくことがあるのがすごく嫌でした。

特にしゃがんで作業していると虫がいつの間にか服についていて叫んだこともあります。笑

ですからそうならないためにもこの道具は便利ですよ!

お値段は1700円(税抜)とお手頃です。

参考リンク:アルミ長柄除草シリーズ AP-130

座って草取り作業ができる道具

草取りをするときにしゃがんだ状態ってなかなかしんどいですよね。

そんな時に「ガーデニングカート」がおすすめです。

この道具は草取りをする時に座った状態で作業をするところがポイントです。

普通、長時間座るとお尻が痛くなりますが、座面が硬くはありませんのでお尻が痛くなりにくいんです。

そして座るだけではなく、その中にスコップなどを収納することができるんです。

この道具が1つあれば草取り用の道具をコンパクトに収納することができます。

ちなみに約80㎏までは耐えられますので、ほとんどの方が座って作業できますよ。

お値段は2480円(税込)です。

参考リンク:ガーデニングカート

コンクリートの隙間に生えている草取りをする道具

コンクリートの間やお墓の周りなんかに生えている草ってなかなか頑固ではありませんか?

そんな時におすすめなのが、「すきまの草取名人」です。

すきま草取名人は、長さが50㎝もあるため腰を曲げずに草取りできます。

そして、刃の部分には根切り、草カキ、草抜きとわかれています。

頑固な草には根切りを、草を刈り取る時には草カキを、コンクリートなどの隙間には草抜きを使用します。

それぞれの場所によって使い分けができますので便利ですよ。

私は墓参りに行ったときに軍手を持っていくのを忘れており、素手で草取りをしました。

草がなかなか抜けずに草のみ取れ、根が残ってしまいがちでした。

そんな時にこの道具を使用するようになり、手も汚さずきれいに草取りをすることができました。

ちなみに通販で1本2980円(税抜)でした。

参考リンク:すきまの草取名人

まとめ

いかがでしたか?それぞれのお悩みにあった道具がみつかったでしょうか?

これらがあるだけで作業はスムーズになりますし、身体への負担も激減しますよね!

いずれもそれほどのお値段ではありませんから、日常的に作業をしている人なら、ぜひ導入したい便利アイテムばかりです。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク