• このエントリーをはてなブックマークに追加

敬老の日のプレゼント。贈り物に最適な孫の手作りアイディア集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんは敬老の日に何を渡しますか?

うちの両親にとって最も嬉しいものって、やっぱり孫からの心のこもった手作りのプレゼントなんですよね。

本当にものは何だっていいんです。孫が、自分のために作ったってだけで、価値が何千倍にもなっちゃうみたい(笑)。

手作りタイムは、家族の暖かい雰囲気が子どもたちにも伝わるし、お互いにとって最高に素敵な時間。

我が家の敬老の日、定番となっている孫からの手作りプレゼントをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「似顔絵」

孫から自分の似顔絵を渡された時って、やっぱりとても嬉しいようですよ♪

うちの親の友人の中には、孫からもらって感激して涙された方もいて、家に飾っていつも見ているそうです。

直接会えない時は、手紙を添えてもいいですね。

「おじいちゃん、おばあちゃん大好き!」なんて書かれたら、もうぐっと来てしまうことでしょう。

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「写真立て」

100均などで買った写真立て、フォトフレーム、額縁なんかに、いろんな小物を接着剤で貼り付けるだけで、オリジナルな写真立てが作れてしまいます。

そこに七五三や運動会、ピアノの発表会なんかで撮影した、とっておきの写真を伸ばして淹れてプレゼントしたら、おじいちゃんもおばあちゃんも、メロメロです。

もちろん、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に写った写真があったら、嬉しさ倍増ですね!

敬老の日に訪ねることができるなら、写真たてをプレゼントしてあげながら、一緒に写真を撮って、その場でコンビニに行って現像しちゃうのもあり。

今は、写真プリントが一瞬できるので、親のそんな心遣いが、一生の思い出になりますよ〜!

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「お菓子」

おじいちゃんもおばあちゃんだからといって、この頃の高齢者は驚くほど若いものです。

和菓子、洋菓子、なんでもこい。

子供と一緒に作りやすい、そしておじいちゃんもおばあちゃんも食べやすいお菓子なんかを、手作りしてプレゼントすれば、最高の敬老の日になりますね!

ただし、糖尿病などの病気はこの年代から増えてきますので、健康のことも考えた甘さ控えめ、塩分控えめを忘れずに。

三色おはぎ、季節のお芋で作るスイートポテトなんか、簡単でおすすめです!

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「ちらし寿司」

敬老の日に訪ねていける場合ですが、ちらし寿司を子供と一緒に作って、それでランチなんて、絶好のアイディアですね!

作るのもとっても楽しいし、いただく方も嬉しい一品。

具材をひとつひとつ用意していくときに、親子の会話も弾みます。

おじいちゃんやおばあちゃんを思い描きながら、子供と一緒に具材を並べれば、最高のファミリータイムになることでしょう。

もちろんおじいちゃんもおばあちゃんも大喜び。ちらし寿司がきらいな方はいませんからね。

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「小物入れ」

保育園などで教える折り紙細工。

それをちょっとアレンジして、小物入れなどを作ってみてもいいかもしれません。

裁縫の道具を入れてもいいし、お薬を入れるピルケースにしたっていい。

作るときにも楽しめて、あげて喜ばれる一品。

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「肩たたき券」

これはもう、敬老の日や母の日なんかの贈り物定番ですね(笑)。

手作り、というと、やっぱり肩たたき券、ということになりますが、これはいろんなクーポンとかを見ながら工夫すれば良いでしょう。

これも手作り感いっぱいで、塗り絵風、お絵描き風、似顔絵つきにすれば、喜ばれること間違いなし!

もったいなくて使えないくらい、手作り感満載の愛情こもった券をプレゼントしたいですね。

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「多肉ガーデン」

おばあちゃんはガーデニングをしていたのでお花をプレゼントしようと思ったのですが、花束じゃすぐに枯れちゃうし、鉢植えの花も、咲くのはほんの一瞬。

だったら、と思って、小さいサボテンの寄せ植えを思いつきました。

子供が作っても危なくないように、最近流行の多肉植物をホームセンターで買ってきて、専用の土を入れて、きれいにディスプレイ。

ぷくぷくっとしてかわいい多肉植物の魅力に子供も嬉しそう~。

おばあちゃんも、水やりの心配もいらないし、風通しの良い日向に出しておけば、いつまでも丈夫に育っていくので、楽しんでくれているようです。

すぐに大きくなるので、間隔は広めがコツですね。

敬老の日:孫からの手作りプレゼント「メッセージビデオ」

訪ねていけないときなんかに、ビデオメッセージを添える、というのも、今の時代なら簡単にできて便利です。

うちの親は、孫を見たさにLINEやスカイプでビデオ通話をしてくるほどですから、YouTubeにアップした息子のメッセージにメロメロ…(涙)。

パパが撮った運動会のビデオや、寝姿なんかを挿入したりして、2-3分のビデオなのに、私までうるうるしちゃうくらいに感動的な仕上がりだったんです。

こんなのがスマホで簡単にできちゃうなんて。ほんと、良い時代です。

残念ながら、子供自身が作れるのは、もうちょっと先かな。でも、手作り感はありますよね。

まとめ

いかがでしたか?プレゼントって結局は気持ちが大切なんだと思います。

相手が何を好んでいるのかわからない時は皆が好きなものでも喜ぶと思いますし、とにかく孫の手作りがテーマなら、なんだって喜んでくれます。

上記をヒントにして、お子さんとのプレゼント作り、そして、敬老の日のふれあいタイムを、心から楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク