• このエントリーをはてなブックマークに追加

月見にススキはなぜ飾る? 十五夜の雑学、由来と意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十五夜のお月見と言えば、ススキ、団子、うさぎ…などが浮かびますね。

月を眺めながらススキを飾り、お団子を食べて、のんびりした思い出があります。

小さい頃は本当に月にうさぎが住んでいるからうさぎの形があると思っていました(笑)。

そんな十五夜のお月見、なぜそのような風習ができたのでしょう?

なぜお月見にはススキを飾るのでしょう?

子どもにも説明できるように、しっかりと調べてみました。

スポンサーリンク

お月見とは? 十五夜とは?

お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事のことをいいます。

その年の収穫を月に感謝するために始まったとされています。

この日の月は、「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」とも呼ばれます。

ちなみに日本では9月13日にもお月見をする風習があり、この日の月は、「十三夜」「後の月」「栗名月」と呼ばれています。

旧暦は月の満ち欠けによって日付を決定しますので、現在使用されている太陽暦とは異なります。

ですから、お月見の日付(旧8月15日、旧9月13日)も年によって一定していないんです。

中秋の名月/十五夜は、現代のカレンダーで言えば、この日付となります。

2017年(平成29年):10月4日
2018年(平成30年):9月24日
2019年(平成31年):9月13日
2020年(平成32年):10月1日

十三夜は、こちらです。

2017年(平成29年):11月1日
2018年(平成30年):10月21日
2019年(平成31年):10月11日

このお月見の日には、団子や餅、ススキ、里芋などをお供えして月を鑑賞します。

ススキを供える理由とは?

お月見にススキを供える理由は、月の神様を招く時に、よりつくためのものとして供えられていたそうです。

月の神様に降りていただくために供えられる感じですね。

月の神様がよりつくものというのは、「稲穂」と言われています。

しかし、この時期には稲穂がなかったため、稲穂に似たもの=ススキを供えるようになったとされています。

ススキはいたるところに生えていましたから、昔の人には使いやすかったのでしょう。

このススキには、昔から魔除けの力があると信じられてきました。

そのススキを1年間、てるてる坊主のようにつるしておくと、1年間は病気をしないという言い伝えがあります。

ですから、お月見が終わっても、ススキを捨てようとしてはいけません。

お月見には月の神様が降りてきてくださる道標となり、そして、終わった後にも身を守ってもらえるのですから、一石二鳥の大切なものなのです。

ススキは稲の豊作を願って飾られます。

そのため、地域によってはススキを飾らない代わりに、稲穂を飾る地域もあるようです。

ススキの飾り方・置き方はあるの?

ススキをつるすときの決まりごとは、かつては地方、地方であったようですが、現代では皆、自由に飾っているようです。

お月見を鑑賞するときには、月からみて左側にススキを、右側にお団子を置きます。

置く場所は、月を観賞する場所なら、とくに決まりはないようです。

いつも夜は電気をつけて、カーテンをしめきっているとは思いますが、お月見の日には電気を消して、外の景色や月を眺めながらお酒を飲んだりしてもいいですね。

静かに、いにしえの時にさかのぼって、自然と親しむ。

日本人が得意とする四季折々の風情の楽しみ方です。

まとめ

お月見にススキを飾る理由は、十五夜、十三夜にちょうど稲穂が手にはいらなかったときの、代用としてでした。

魔除けの力もあり、お月見が終わったあとにも軒先に飾ったり花瓶に飾ったりすることで1年間病気をしないという言い伝えもあるから定着したのですね。

月見には、月に向かって左にススキを、右にお団子を飾り、月を眺めます。

意味を知ってみると、より深く味わえる伝統の行事のひとつです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク