• このエントリーをはてなブックマークに追加

月見に団子はなぜ供える? 十五夜の雑学、由来と意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お月見、十五夜と言えば、お団子やススキをお供えします。

最近ではお月見という言葉は知っていても実際にお供えして月を鑑賞するご家庭が減っているのではないでしょうか。

そんな古い時代からあるこのお月見、なぜお団子をお供えするのかご存知ですか?

今回は、お団子を供える由来と供え方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

お月見とは? 十五夜とは?

お月見は、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事のことをいいます。

その年の収穫を月の神様への感謝することと、豊作を祈ることがもととなり、始まったとされています。

しかし、お月見をする由来には諸説ありますので一概とはいえません。

この日の月は、「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」とも呼ばれます。

私は十五夜しか聞き覚えがありませんでしたが他にも呼び方があったんですね。

実は、旧暦の9月13日にもお月見をする風習があり、この日の月は、「十三夜」「後の月」「栗名月」と呼ばれています。

大体どちらの日もしなければいけないという風習があるようです。

十五夜の習慣は他の国でも見られるのですが、十三夜にもお月見をするのは日本だけのようです。

旧暦は月の満ち欠けによって日付を決定しますので、現在使用されている太陽暦とは構造が異なります。

なので、お月見の日付(旧8月15日、旧9月13日)も年によって一定していないんです。

2017年以降の日付はこんな風になっています。

中秋の名月/十五夜は、現代のカレンダーで言えば、この日付となります。

2017年(平成29年):10月4日
2018年(平成30年):9月24日
2019年(平成31年):9月13日
2020年(平成32年):10月1日

十三夜は、こちらです。

2017年(平成29年):11月1日
2018年(平成30年):10月21日
2019年(平成31年):10月11日

このお月見の日には、団子や餅、ススキ、里芋などをお供えして月を鑑賞します。

地域によってお供えするものもそれ以外に豆類などもお供えします。

団子を供える理由とは? お団子の正式な並べ方って?

米の豊作に感謝をし、その米を粉にして丸めて作ったものがお月見の団子の始まりだそうです。

ちなみに田からは米が、畑からは里芋が収穫されるため、団子や里芋がお供えされるようです。

関西のお月見団子は里芋の形をしたお団子になっています。

地域によっても団子の形は様々なんですね。

団子って丸いと思っていませんか?

お月見の団子は完全なまん丸ではないんですよ。まん丸だと供えにくいですしね。

物事がうまくいきますように、健康でありますように、幸福でありますようにという意味があるようです。

そんな団子は並べ方も2通りの説があります。

1) 年間で満月がでた数によってお供えをする

満月は毎月でますから、平年では12個、うるう年は13個を供えたそうです。

2) お月見を8月15日、9月13日にするので、それぞれ15個、13個と並べる

15個の場合は1段目から9個、4個、2個と並べていくことになります。

私が子供の時は12個並べていました。

もし子供だった私が15個の諸説も知っていたら「15個並べて!」と駄々をこねていそうだと思いました。笑

余談ではありますが、昔は嫁入り前の女性はお団子を食べてはいけなかったようです。

丸い月、そして丸い団子が妊娠を連想させるからだと言われています。

そんな説があったなんて驚きですね。

お団子の供え方とは?

お月見を鑑賞するときの配置をご紹介します。

左側にススキを置き、右側に団子を置きましょう。

ここで大事なのが、お月様に見えるように団子を置くということです。

ススキもそうですが、お供えするのですから見えるように置くことを心がけましょう。

月を鑑賞する場所によって、小さいテーブルでもいいので配置しましょう。

そのテーブルにススキと団子を置いて、鑑賞するのがベストです!

団子は本来折敷に台がついている三方というものにのせたほうがいいと言われています。

しかし、現代ではそのようなものを持っている家庭が少ないと思います。

もし買ったとしても使うのは年に1回程度ですから買う気にもなれません。

そういった方は、普段使われているお皿やお盆を使用してお供えしていただいて結構です。

仏様にお供えするものは、お供えしている間は食べてはいけませんが、お月見の時には食べてもいいですからなんでもいいんですよ。

まとめ

お月見の時に団子を飾るのは、その年の豊作をお月様に感謝する意味が込められています。

団子には作物の収穫、そして家族の健康や幸福を願う意味が込められています。

飾り方は、左側にススキを置き、右側に団子を置きます。

家族そろって月を鑑賞するなんてそんな機会めったにありませんから

ぜひ意味を理解し、そして飾り方も守って月を眺めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク