• このエントリーをはてなブックマークに追加

クエン酸洗濯で頑固な臭いが消えた! 汗の匂いにも! 柔軟剤効果つき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨時期や夏場って、雨の日が続いて部屋干しが多くなったり、たくさん汗をかいたりして洗濯物が臭くなる…なんてことありませんか?

そんな汗や生乾き臭に効くのが、クエン酸なんです。

100円ショップで手軽に売っているので、掃除に、洗濯に、はたまた傷んだ髪をやさしく修復する手作りリンスなどにも便利に使っている方は多いかもしれませんね。

クエン酸を使って、頑固な洗濯物の生乾き臭や頑固な汗臭さを防ぐ方法をご紹介します!

スポンサーリンク

クエン酸って、そもそも何?

クエン酸は、梅干しやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類を食べた時「すっぱい」と感じる、あの酸味成分です。

食品としてのクエン酸には、以下のような効果があります。

  • アンチエイジング
  • 美肌効果
  • 疲労回復
  • ガン予防
  • 血流改善

健康や美容に効果的なものとして使われるクエン酸ですが、主に水回りの掃除に効果絶大と、使われることが多くなりましたね。

水垢やトイレの黄ばみ、石鹸の残りカスなどは、すべてアルカリ性。

クエン酸の持つ酸性という特徴で、アルカリを中和するので、さらっとはがれるように取れてしまうというわけです。

強い洗剤でゴシゴシしても取れない頑固な汚れが取れるのはそのため。

まるで魔法のようなんですよね。

クエン酸はドラッグストアや100円ショップで、手軽に手に入れることできますし、もちろんアマゾンなどのネットショップでもOK。

1キロで500円なんていうのが相場ですね。

安価でどこにでもあるので、手に入れやすいのが嬉しいですね。

クエン酸で臭いが消えるのはなぜ?

そもそも、生乾き臭の原因は洗濯物についた菌です。

汗や皮脂汚れが洗濯で落としきれていないと、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌はわずかな湿気でも繁殖してしまうので、風通しの悪い室内での部屋干しは菌にとっては最高の環境なのです。

クエン酸には、その酸性成分で、雑菌の繁殖を抑え、アンモニア臭を消す作用があるのです。

掃除の際に、汚れだけではなく、臭いも消し去ってくれる、とっても便利なアイテムなんですん。

重曹と混ぜて、夏の蒸れた足をつけたりしても、さっぱり効果と消臭効果がダブルで得られて、とても効果的なんですよ。

クエン歳を洗剤代わりに使うだけで臭いが消える!

湿気が多い梅雨や夏、洗濯物が外に干せないときなど、雑菌の繁殖が気になる場合は、洗剤の代わりに、クエン酸を入れて、洗濯機を回しましょう。

すでに臭いが取れなくなってしまった洗濯物も、この方法で洗えば、OKです。

手順は、いつもの洗剤を入れる代わりに、クエン酸を入れて洗濯機を回すだけでOK。

分量の目安は、水10リットルに対してクエン酸10グラムです。

洗濯物が多い場合には、水の量とクエン酸の量を調節して入れてください。

クエン酸は水に溶けやすく、直接入れてもさっと溶けるので、「粉が固まってる!」なんてこともないので安心です。

クエン酸を柔軟剤代わりに使う!

洗剤代わりに使うことで消臭効果を発揮するクエン酸ですが、柔軟剤としても利用できます。

アルカリ性の洗剤を入れて普通に洗濯する際、最後のすすぎのタイミングでクエン酸を入れます。

量は、洗剤代わりに入れるときと同じくらいで大丈夫です。

洗剤のアルカリ性が、クエン酸の酸性で中和され、ふんわり手触りのいい仕上がりになりますよ♪

肌の弱い方や、小さなお子さんがいるご家庭では、肌に刺激になることもある柔軟剤を使わない方がいいと言われていますが、食品にも使われているクエン酸なら、心配ないですよね!

また、香りを楽しみたい方は、水で溶かしたクエン酸にお好みのアロマオイルを少し入れると、微香性のオリジナル柔軟剤になるのでお試しあれ!

まとめ

ここでは、洗濯物の不快な生乾き臭を、クエン酸を使って消す方法についてご紹介しました。

・クエン酸は健康、美容、掃除、洗濯。日常生活で大活躍

・クエン酸は安価で手に入りやすく、試しやすい

・洗剤の代わりにクエン酸を入れて洗濯機で洗うだけで、臭いが完全に取れてしまう

・柔軟剤代わりに入れると、お肌に優しく、仕上がりもいい

部屋干しや、残った頑固な皮脂汚れが原因で、お気に入りの服やタオルから生乾き臭が…とショックを受けていた方は、ぜひクエン酸洗濯を試してみてください。

不快な臭いとさよならして、梅雨も夏も、快適に過ごしましょう~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク