• このエントリーをはてなブックマークに追加

立秋2017年はいつ? 意味や由来、行事、行事食は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「立秋」…言葉の響きも字の感じも涼しげですが、やってくるのは、まだまだ蒸し暑い夏の盛りですね。

2017年の立秋って、いつ?なんで、暑さピークの時期に、秋?

ちょっと不思議に思う季節のことば「立秋」を、由来や日本ならではの風習も一緒に、まとめてわかりやすくご紹介しますね。

スポンサーリンク

2017年の立秋はいつ?

今年は2017年8月7日(月)が立秋となります。

まさに、蒸し暑さ真っ盛りの時期ですね。

立春、立夏、立秋、立冬と、「暦の上では」春とか夏とかって、よくニュースでも言いますよね。

実際の気象環境とは、かなりズレがあって「?」となる方も多いと思います。

この「暦」のもとになっているのは、中国で作られた、季節の変化をあらわす二十四節気(にじゅうしせっき)。

一年を24に区切って、それぞれに呼び名を与えたもの。

ただこれが、「旧暦」で設定されているので、現代の暦とは大きく感覚値としてずれてしまう、というわけです。

立秋は期間として表されることもあり、その場合は、だいたい2017年の場合で、8月7日(月)から8月22日(火)まで、となります。

旧暦なので、一日程度のズレがある年があるのですが、ほぼこれで覚えて間違いないでしょう。

立秋って、なに? どんな意味があるの?

「立秋」は、俳句では秋の季語。

歳時記を見ると、同じ項に「秋立つ」「秋来(きた)る」「秋に入(い)る」という言葉が並んでいます。

つまり、「この日から秋になりますよ」という、季節の区切りなのですよね。

季節の区切りといえば、前述の二十四節気。

中国由来のこの暦は、一年を24に分け、その区切りごとに季節を表す言葉をあてたものです。

その中でも、特に有名なのが「八節」で、

・冬至・夏至の「二至」

・春分・秋分の「二分」

・立春・立夏・立秋・立冬の「四立」

これらをまとめて「八節」と言います。

八節のどれもが、ニュースなどでよく話題になる言葉ですよね。

二十四節気が、私たちの生活の中に溶け込んでいることがよくわかります。

この二十四節気の暦で見ると、立秋は、夏至と秋分のちょうど中間の日にあたります。

まさに、「この日から秋になりますよ」との区切りの日なのです。

立秋と残暑見舞いの関係は?

立秋は秋に向かう区切りの日。

でも、現代のカレンダーでは、まだまだ暑さの厳しい8月初旬なのですが、私たち日本人は

「暦の上では」を大切にしますよね。

現実は蒸し暑さに汗を流していても、「立秋がきたのだから、もう、すぐに秋がやってくるよ」と、気持ちだけは、秋を先取りしています。

そんな日本人の風習、「暑中見舞い」と「残暑見舞い」。

どちらも過ごしにくい暑さの中、遠く離れたひとのことを気遣う、思いやりのある習慣です。

でも、はがきを出す時期がわかりにくいのですよね。

その目安になるのが、先ほどの二十四節気です。

「小暑」の7月7日ごろから8月6日ごろまでが、暑中見舞い。

「立秋」の8月7日ごろから8月末くらいまでが、残暑見舞い。

本来なら、残暑見舞いは「白露」前日の、9月7日ごろまでは大丈夫なのですが、常識的に考えて、やはり8月中に出した方が無難ですね。

広辞苑で調べたところ、「残暑」は「立秋後の暑さ」と書かれています。

立秋以降は残暑見舞い、は、言葉の意味からも正しいですね。

挨拶としては、「秋とは名ばかりで…」という出だしがよく使われますね。

立秋の候、まだまだ暑い日が続いていますが、暦の上ではもう秋ですが…なんて言葉も、定番として使われるのをよく目にしたことがあると思います。

立秋は、とくに夏休み中であること以外に、かわった行事があるわけではないのですが、しいて言えば、残暑見舞いが、それに当たりますでしょうか。

立秋には何を食べる? 行事食は?

残念ながら、立秋にとくに何かを食べる、という習慣はないようです。

ただ、残暑厳しき折り、身体を冷やす食べ物や、スタミナをつけるものが好まれるのは、自然の摂理かもしれませんね。

天ぷら、焼肉、うなぎなどは、精力をつける夏の三大食事といわれています。

そうめん、かき氷、スイカなど、夏の風物詩的な食べ物も、ひんやりと美味しそうですね。

ただ最近は、エアコンで身体がそもそも冷えがち。

あんまり意識して冷やすことは考えなくても良いのかもしれません。

美味しく感じられるものを、美味しくいただく。

それが、いつの季節も、食を楽しむ秘訣です。

立秋は英語でなんと言う…?

インスタグラム等でハッシュタグをつける時、悩んだことはありませんか?

日本独特の言葉って、英語でどう言えばいいのか・・・。

そこで「立秋」、調べてみました。

The beginning of autumn
(秋の始まり)The first day of autumn
(秋の最初の日)『プログレッシブ和英中辞典』より

なんだか、ちょっと感じが出ませんね…。

しかも、文字通りに取られると、「まだ秋じゃないのに!」となりそう。

「秋が立つ」という直訳だと、やはり意味が通じませんよね。

きっと、二十四節気とかって、英語にはなりにくい概念なんでしょうね。

日本語の持つ微妙なニュアンス、やっぱり素敵だと思います!

立秋についてのまとめ

いかがでしたか?

なかなか考えることのない立秋の意味と由来をこちらにまとめておきましょう。

・2017年の立秋は8月7日(月)。

・期間としての立秋は8月7日(月)から8月22日(火)まで。

・立秋は二十四節気のひとつで、秋へと向かう、季節の区切り。

・俳句の「立秋」の項には「秋(きた)来る」「秋に入(い)る」などがある。

・暑中見舞いは「小暑」の7月7日ごろから8月6日ごろまでに、残暑見舞いは「立秋」の8月7日ごろから8月末くらいまでに出す。

・「残暑」はもともと立秋後の暑さを表す言葉。

・英語で「立秋」は「the beginning of autumn」「the first day of autumn」

意味を知れば、優雅に日本の風物詩を楽しむことができそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク