• このエントリーをはてなブックマークに追加

低気圧で体調不良にならないための対策。台風シーズンに備えて万全に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨や台風の前など、低気圧になると、頭痛、肩こり、関節や膝が痛むなどといった体調不良に悩まされる人が多くなるようです。

気象状況によってこのような症状が出ることを「気象病」と呼ばれ、とくに女性は影響を受けやすいようです。

天気が崩れるたびに、気象病の症状に悩まされるのは辛いですよね。

憂鬱な低気圧時の体調不良への対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

低気圧の体調不良「気象病」ってなに? 原因は?

低気圧の影響によって起こる体調不良などの症状を総称して、気象病と呼んでいるようです。

気象病にはめまい、肩こり、イライラといった症状のほかに、頭痛や関節痛、腰痛、神経痛、古傷の痛みなどの症状もあります。

気象病の中でも、このような痛みを伴うものはとくに「天気痛」とも呼ばれています。

気象病の主な原因は「気圧の変化」

人の耳の中にある「内耳」という器官は、身体のバランスを保ち、気圧の変化を脳に伝える役目を持っています。

要は、センサーみたいな役割を持っているのですが、この内耳センサーが敏感な人の場合、気圧の変化を過敏に察知してしまい、少々の気圧の変化でも必要以上に反応してしまいます。

その結果、脳から急激に身体を収縮させる指令が出て、血管や筋肉が締めつけられ、体調不良が起こってしまうのです。

内耳センサーの不具合で体調不良が起こる、といえば、乗り物酔い、船酔いなども、まさにその典型ですね。

人間の体調を司る、とても大事な器官のようで、デリケートにできていますね。

天候の変化で痛みや体調不良が起こる、というのは、ともすれば「気のせいでしょ」で済まされてしまいそうになりますが、実はちゃんと原因があるということです。

あなたの他にも、悩んでいる方がたくさんいます。

なんとなく気分が悪い…という自分の自覚だけの症状にも、きちんとした理由があるというのがわかると、対処にも移れますよね。

低気圧による体調不良、気象病の対策

では、ここからは、簡単に自分だけでできる対策を見ていきましょう。

あまりひどい場合は、もちろん医師の診断を受けてくださいね。

ここでは、頻繁に起こる軽い症状などを防ぐためのヒント、として受け取ってください。

対策1 気圧の状態を知る

低気圧による体調不良(または気象病)の引き金となるのは「気温」「湿度」「気圧」の変化。

気圧の変化で体調不良が起きやすい方は、まず予防策を講じるためにも、天候の変化に敏感になっておきたいもの。

中でも、とくに体調に影響が大きい「気圧」の状況を日常的に把握しておくのは、得策です。

ありがたいことに、昔と違って現代は、気象衛星や観測機器、高精度なセンサーの開発によって、天候は映像や数値で見えるようになりました。

スマートフォンアプリの「頭痛ーる」は、気圧の変化をわかりやすくグラフ化して教えてくれる超スグレモノ。

自身の体調の記録も入力できるので、どんな天候の時に、体調がどう変化したのかなど、次の変化への貴重な資料として記録を保管することができるのが、何よりも素晴らしいところ。

天気と体調の関係性が見えてきたら、適切な予防策も取りやすくなるというものですね。

スマホアプリ「頭痛ーる」:気圧予報で体調管理 – 気象病・天気痛対策アプリ

対策2 偏頭痛の場合は冷やす

偏頭痛は、低気圧による体調不良の代表的な症状です。

低気圧が近づくと、それに伴って、普段大気から受けている身体への圧力が弱まります。

すると身体や脳の血管が膨張し、脳周辺の神経を圧迫することで、偏頭痛が出てしまうのだそうです。

原因は膨張、ということで、膨張による圧迫痛にはまず「冷やす」のがポイント。

頭蓋骨と首の境目、こめかみ、額、目の下など、氷まくらや氷嚢などを使って、頭部全体を冷やしましょう。

脇の下など、太い血管が通っている部分を冷やすことで、血液が効率的に冷やされ、脳の血管もクールダウンさせることができます。

対策3 乗り物酔いの薬を飲む

低気圧による体調不良は、内耳センサーの働きが狂うから起こる、という性質がありますので、ちょうど乗り物酔いと原因は似ています。

ですから、酔い止めの薬が効くケースがあるそうです。

酔い止めには、「抗ヒスタミン剤」という成分が含まれていますが、内耳にある神経を鎮めてくれる作用があります。

ただし、天気痛のような痛みに著しい効果を表すわけではありませんし、ひどくなってからでは効果が少ないのは、乗り物酔いのときと一緒です。

なので、対策1でお話したように、事前に気象情報をしっかりと把握して、来るな、と思ったら、「症状が出る前に」できるだけ早く飲むことが肝心です。

対策4 血流を良くする。

低気圧が近づくことで身体が少しだけ膨張すると、血管やリンパへの圧力が弱まり、血行が悪くなってしまいます。

こういった循環不良は体のむくみや手足のだるさ、肩こりや腰痛をにつながります。

ゆっくりとぬるめのお風呂に入る、痛む部分をあたためるなど、流れを良くすることを心がけましょう。

ただし、偏頭痛があるときには温めるのは逆効果となってしまいますので、要注意ですね。

対策5 耳のマッサージ

これも先ほどと同じく血流を良くする手段の一つですが、実は気象病になる人は、耳周りの血流が悪いことが判明しています。

普段から耳を温めることで、気圧の変化からくるつらい症状を緩和できるのです。

朝・昼・晩の3回、耳たぶや耳全体を痛くない程度につかんで、くるくる回してマッサージ。

そして手の平ですっぽり包んで温めます。

これは簡単に取り組みやすいですね!

対策6 睡眠時間を確保する

睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまいます。

このバランスが崩れると、低気圧による変化が体調に現れやすくなります。

私も頭痛の予兆が現れやすいのは、寝不足だった時のことが多いです。

後悔しても、頭痛が始まるとなかなか去ってくれません。

日頃からできるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。

まとめ

低気圧による体調不良、あるいは気象病は、気圧の変化で自律神経が変調をきたして起こりやすい症状のこと。

以下のような対策を普段から心がけると、つらい症状を軽減することができます。

・気圧の状態を把握する

・偏頭痛は血管の膨張による痛み。まずは頭部を冷やす

・過敏な内耳が原因の偏頭痛には乗り物酔いの薬を。早めが吉。

・体調不良は体液の循環不良によるもの。血流を流すことを意識しましょう。

・耳の血行不良も気象病の原因の一つ。耳のマッサージで体質改善。

・自律神経を整えるためにも、睡眠時間の確保を。

日常生活であなたの身体を一番大事にできるのは、他でもないあなた自身です。

日頃のがんばりを少し緩めて、快適な時間を過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク