• このエントリーをはてなブックマークに追加

パンダの赤ちゃんって大きさはどのくらい? 超可愛い! パンダ大研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンダの赤ちゃんって可愛いですよね~。あの大きな身体から生まれる赤ちゃんの大きさが、あまりにも小さくて、つぶされないかと心配になります。

でも育ってくると、まるでぬいぐるみがヨチヨチ歩きしているみたいで、見ているだけで癒やされますよね。

パンダの赤ちゃんの大きさって、どのくらいなのか、どんな早さで成長していくのか?

私も、もっともっとパンダについて知りたくて、その魅力について、いろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

パンダの赤ちゃんの大きさって何センチで何キロくらい?

私、そもそもパンダの大人のサイズって、知らなかったんですね。

調べたところ、こんな感じでした。

大人の標準体長サイズ ⇒ 120~150センチ

あれ? 意外に大きくないんですね。

これって、四足の状態でのサイズみたいですが、立ち上がった時でも、170センチくらいなのだそうです。

でも、でっぷりと大きいから、体重はそれなりに。

オスで100~150キロ。メスで80~120キロとか。

では、さて、赤ちゃんのサイズは? というと。。。

なんと、体長が15センチ、体重は150グラムくらいが平均なんだそうです!

ち、小さい!!

そっか~、あれは親が大きいんじゃなくて、赤ちゃんが異常に小さかったんだ。。。と、今更ながら知りました。

その差があんまりにもスゴイから、なんかパンダって巨大な怪獣みたいなサイズに見えてしまってましたよね。

それにしても15センチって、人間の手のひらの長さですよ~。150グラムったら、スマホよりはるかに軽いし…。

ちなみに人間の赤ちゃんは、身長50センチ、体重3キロが平均、と言われているので、それと比べたら、雲泥の差。

もし私たちがパンダ同様だとしたら、50グラムくらいの赤ちゃんを生む、というような比較計算になりますね。

その違い、大きすぎます!

上野動物園のシンシンの赤ちゃんの大きさはどのくらい?

2017年6月に上野動物園で生まれたパンダ「シンシン」の赤ちゃんも、体長14.3センチ、体重が147グラムの、ごく平均的な大きさの赤ちゃんだったのだそうです。

もちろん、あまりにも親と赤ちゃんのサイズが違いすぎるから、体重でつぶしてしまうようなことも、多々起こっているようではあります。

動物園では、それを注意深く親から離したり、慎重に様子を観察し続けて、回避しようとしているんですね。

パンダの赤ちゃんは、なんでそんなに小さいの?

「お母さん、パンダの赤ちゃんは、なんでそんなに小さいの?」

子どもに聞かれて、アチャーっとなってしまったのですが、そんなのわかりませんよねえ(苦笑)。

一応、調べてみたところ、自然界でサバイバルするための生物の神秘、と言いましょうか…。

それ以外には説明がつかないような、こんな、こじつけ的な理由しかでてきません。

・子供を産むお母さんパンダへの肉体的な負担が小さいから

・妊娠中は行動が制限されるので、小さくても早く産むことで野生環境での危険を回避

う〜ん、わかったようなわからないような(笑)。

実は、巨大な図体をした熊だって、赤ちゃんは数百グラムだったりするようです。

例えば、ヒグマは、大人サイズだと体長が2~3メートル、体重が150キロ~300キロにもなるのに、赤ちゃんはなんと500グラム程度の、やっぱり手の平サイズ。

やはり野生の動物たちは、長い進化の過程で、繁殖に適した身体のメカニズムになっていったのだろうと想像できますね。

パンダの成長って早いの?

さて、小さく生まれたパンダの赤ちゃんですが、人間と違って比較的成長が早いんです!

さすが野生に住む動物の仲間って感じですよね。

生後一週間で、白黒の毛が生え出し、1ヶ月もすると目がパチっと開きます。

開くといってもまだよくは見えないみたいで、視覚が発達するのは3ヶ月目くらいとか。

いろんな写真で見てみましたが、個人的にはこの頃のパンダが一番可愛いんじゃないかと思いますね。

まだあどけなく歩くのもままなりませんが、見た目がぬいぐるみみたいで、絵に描いたようなパンダそのもの。

動物好きとしては、メロメロに癒されます。

一歳頃までに、独り立ちの準備として木登りの練習をしたり、生えそろった歯で主食の笹や竹を食べ始めます。

ちなみにパンダはかなり偏食家で、笹や竹ばかり食べるので燃費が悪く、1日を通して、こまめに食事をしないとダメなのだとか。

手で笹をつかんで、ムシャムシャしている様子は、本当にパンダらしくて可愛いものですよね~。

成長過程を整理すると…

生まれてからの成長過程を整理してみると、こんな感じになります。

・生後数日: 毛が生えていなくてピンク色の体。150gほど

・1、2週間: 少しずつ毛も生える

・数ヶ月: 目が開き、歩き出す。木登りもしてだいぶ活発になる。

・1歳以上: 体重も増え一人立ちし、大人へ

さすが、野生の動物、早く成長しなければ、弱肉強食の世界では死を意味しますからね。

ぐんぐん成長して、身体も大きくなって、サバイバルしていくのでしょう。

パンダやパンダの赤ちゃんについて、もっと知りたかったら?

こうやって、知ってみると、パンダの赤ちゃんやパンダを見る目が少し変わってきますね!

気がつけば、赤ちゃんの姿や成長過程は、いろんな動画サイトでも紹介されていたりしました。

パンダについて、もっと知りたい方は、こんなサイトがおすすめです。

ジャイアントパンダ - Wikipedia
赤ちゃんパンダを待ち受ける4つの試練
今月、双子のパンダが米国ワシントンの動物園で誕生した。体重は母親の900分の1、動物界きっての「小さな赤ちゃん」たちを待ち受ける4つの試練とは?
ジャイアントパンダ(Giant Panda)の生態|野生動物、絶滅動物の図鑑サイト/TOMORROW is LIVED
ジャイアントパンダ(Giant Panda)の生態を紹介。

私も、また動物園でパンダを見ることを楽しみにしています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク